Entertainment

ドラマ【陸王】キャスト相関図とあらすじ「竹内涼真がランナー役!山﨑賢人が役所広司の息子役!」

役所広司さん主演ドラマ「陸王」のキャスト・相関図と、あらすじを紹介します。竹内涼真さんがランナー役、山﨑賢人さんが役所広司さんの息子役を演じるという豪華キャスト!

ドラマ「陸王」は池井戸潤さんの小説が原作。TBSが満を持して制作した感動の企業再生ストーリー!この秋一番の骨太エンターテインメントになること間違いなし。

どん底の足袋業者がつむいだ一つの夢、弱小企業の意地。コンペの相手は大手スポーツメーカー。でもそこには希望が…「マラソン足袋が完成したら人類本来の走りを可能にする」最大の売りは足袋ならではの、裸足感覚の靴。20名の従業員・家族・夢に賛同する者たち、それらを武器に大手スポーツメーカーと真っ向勝負し、ランニングシューズ「陸王」開発に挑んでくというあらすじ。

キャスト・相関図と、あらすじを紹介するので、ドラマ「陸王」を見れなかったひとや、テレビで見るほど興味はないけど内容は知っておきたい人は参考になればと思います。
 
 

スポンサードリンク

 
 

●ドラマ「陸王」キャスト相関図


主演は15年ぶりの連ドラ出演の役所広司さん。57本を超える映画に出演、なんと80を超える映画賞を獲得。そんな映画界の至宝が、原作を読んで挑戦したいと運命を感じ出演を決めたそうです。

※ドラマ公式サイトに相関図がないので、相関図は手作りです。

■相関図

■こばせ屋

埼玉県行田市にある、どん底の老舗足袋業者
● 四代目社長:宮沢 紘一(役所広司)
足袋の需要が減り、経営を立て直すためマラソン足袋「陸王」開発を始めるが、ノウハウや開発費の資金など前途多難。
● 長男:宮沢 大地(山﨑賢人)
大卒だが就職に失敗し、継ぎたくない家業を手伝いながらモヤモヤと就活中。父親に反発するが「陸王」のソールに使う「シルクレイ」の生産を任される。
● 係長のヤス:安田 利充(内村遥)
みんなのまとめ役。宮沢社長と経理富島の緩衝材でもある。
● 縫製課の最年少:仲下 美咲(吉谷彩子)
高卒で入社してミシンの使い方や社会人の心得を身に付けた。
● 縫製課のナンバー2:水原 米子(春やすこ)
リーダーあけみをサポートする。
● 縫製課の最年長:西井 冨久子(正司照枝)
宮沢社長が産まれた時から知ってる。「こはぜ屋」の最盛期~現在を知ってる。
● 縫製課:橋井 美子(上村依子)
社長に遠慮なく意見を言えるムードメーカー
● 縫製課リーダー:正岡 あけみ(阿川佐和子)
元気一杯で責任感も強い。縫製技術は国宝級。
● 経理のゲンさん:富島 玄三(志賀廣太郎)
先代社長から経理だった。新規事業に厳しく意見するが会社を守りたい気持ちは宮沢社長と同じ。

■宮沢家族

● 長女:宮沢 茜(上白石萌音)
 大地の妹。家族思いの高校3年生。
● 紘一の嫁:宮沢 美枝子(檀ふみ)
家族を支え、家族のことを把握してる。

■「陸王」開発協力者

● スポーツショップ経営:有村 融(光石研)
ランニングインストラクターでもあるので知識豊富。学生時代は茂木とライバルとして切磋琢磨した。
● 椋鳩通運セールスドライバー:江幡 晃平(天野義久)
高校時代は陸上部で長距離の有名選手だった。
● 飯山 晴之(寺尾聰)
倒産した「飯山産業」の元社長。繭の特殊加工技術で「シルクレイ」を開発するも資金をかけすぎて倒産した。特許で一発逆転を狙ってる。
● 晴之の嫁:飯山 素子(キムラ緑子)
倒産後はパートで生活費を支えてる。
● 大地の同級生:広樹(緒形敦)
大地と同じく就活に悩んでる。

■「ダイワ食品」陸上競技部

ライバルは「アジア工業」
スポンサーは「アトランティス」
● 茂木 裕人(竹内涼真)
学生時代に箱根駅伝5区を走った期待の新人。しかし豊橋国際マラソンレース中、走り方が原因でで膝を痛める。フォーム改良に取り組み「陸王」と出会う。
● 監督:城戸 明宏(音尾琢真)
打倒「アジア工業」!
● 兄貴分:平瀬 孝夫(和田正人)
後輩たちの面倒見がいいベテラン。長距離ランナーとして才能に限界を感じてる。
● エース:立原 隼人(宇野けんたろう)
● 加瀬 尚之(前原滉)
● 内藤 久雄(花沢将人)
● 川井(佐藤俊彦)
● 水木(石井貴就)
● 端井(安藤勇雅)

■「アジア工業」陸上競技部

「ダイワ食品」のライバル
● 毛塚 直之(佐野岳)
学生時代は箱根駅伝5区で茂木とデッドヒートを繰り広げた。現在は天才ランナーとして注目され茂木を大きくリードしてる。
● 吉田(山本涼介)

■「アトランティス」日本支社

米国の一大スポーツ用品メーカー
● 営業部長:小原 賢治(ピエール瀧)
利益至上主義で結果がすべて。利用価値のない選手は容赦なく切り捨てる。
● 小原の部下:佐山 淳司(小籔千豊)
小原の腰巾着。小原の顔色をうかがいながらダイワ食品・陸上部」へ出入りする。
● シューフィッター:村野 尊彦(市川右團次)
ランニングシューズ業界のカリスマ。選手のことを第一に考えるシューズ調整のプロ職人。

■埼玉中央銀行行田支店

● 企業融資担当:坂本 太郎(風間俊介)
人との繋がりを大切にし、「こはぜ屋」の将来を考えて新規事業の参入を提案しバックアップするが・・・
● 企業融資課長:大橋 浩(馬場徹)
「こはぜ屋」の新規事業に対して懐疑的。
● 支店長:家長 亨(桂雀々)
中小零細企業の融資は渋り、確実な利益だけ追求する。だから「こはぜ屋」新規事業を提案した坂本をよく思わない。

 
 

・スポンサードリンク

 
 

●ドラマ「陸王」注目キャストは竹内涼真!


ドラマ「陸王」注目キャストはやっぱり竹内涼真さん。演じるのは怪我をして再起をかける実業団ランナー。走り方を模索するなかでマラソン足袋を開発する宮沢社長と出会います。

竹内涼真さんは子供の頃からサッカーをはじめ、東京ヴェルディユースに所属して大学まで続けましたが、怪我で挫折し、プロになる夢をかなえることはできませんでした。

俳優の道を選び、仮面ライダー、朝ドラ、「過保護のカホコ」でブレイクそいて大人気。

ドラマ「陸王」は出演依頼があったのではなく、厳しいオーディションで勝ち取った役です。ランナー茂木役にかける想いは誰よりも強いはず。

青山学院の原監督の指導も受けて、走り方だけでなく体型までマラソン向きに変えたという竹内涼真さんの走る姿に注目です。

もう1人、今もっと勢いある若手俳優の1人である山﨑賢人さん。演じるのは役所広司さん演じる宮沢社長の息子役。撮影前には足袋工場を見学したそう。

ランニングシューズの命である「ソール部分」。その開発のカギを握るのが、寺尾聡さん演じる新素材「シルクレイ」特許所持者の飯山晴之。70才と23才、祖父と孫ほど年齢差がある2人のやりとりに注目です。

●ドラマ「陸王」あらすじと予告動画


埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」。その四代目社長・宮沢紘一(役所広司)は、年々先細る足袋の需要から今日も資金繰りに頭を悩ませていた。
そんなある日、メインバンクである埼玉中央銀行へ、追加融資の相談に訪れた宮沢。なんとか今回の稟議は受け付けてもらえたが、融資担当の坂本(風間俊介)から、新規事業に踏み出してみてはどうかと提案をされる。

突飛な話だったためその場は軽く応えた宮沢だったが、「こはぜ屋」の存続がかかっているテーマだけに、真剣に考えはじめると、ほどなく、あるきっかけで新規事業について閃く。それは、足袋製造会社としてこれまで培った技術が活かせる“裸足感覚”を追及したランニングシューズの開発だった。

早速動き出した宮沢は、スポーツ用品店の店主でランニングインストラクターの資格を持つ有村融(光石研)を坂本から紹介されると、有村は愛知県豊橋市で行われる国際マラソン選手権を見に行こうと宮沢を誘う。学生時代にライバルとしてしのぎを削っていた実業団ランナー・茂木(竹内涼真)と毛塚(佐野岳)が出場することで話題となっている豊橋国際マラソンだ。宮沢は息子の大地(山﨑賢人)とともに豊橋へ向かった。

引用:http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/story/
予告動画:

 
 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. 野生爆発くっきーのタトゥーと嫁の画像!馴れ初めがゲスだった(子供…
  2. 世にも奇妙な物語2017春【夢男=this man】正体判明ネタ…
  3. みやぞんトライアスロンは自転車もギャラもジャイアント!コーチはあ…
  4. 【FLASH画像】青木隆治がキャバ嬢彼女Bと二股したグラドル彼女…
  5. 小野塚彩那は結婚した旦那も父も母もスキー!で実家は旅館という凄い…
  6. 【原因は何?】浜崎あゆみの現在の体型画像やインスタ加工が酷い…「…
  7. 【娘号泣】DJ KOOは脳動脈瘤の大きさが破裂寸前!病院の手術方…
  8. 上原多香子はやっぱり妊娠中で結婚へ…新恋人コウカズヤは阿部力との…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP