Entertainment

ドラマ【シグナル】韓国版見て最終回ネタバレ。あらすじ結末は「無線機が犯人と黒幕をあばく」

2018春ドラマ「シグナル」の日本版キャスト相関図・あらすじ、韓国版を見てネタバレ最終回結末・犯人や黒幕に迫ります。日本版キャストは坂口健太郎さんがドラマ初主演!

「シグナル」の原作は韓国ドラマなので日本版リメイクです。最終回結末に向かう伏線の回収がすごい。

警察官の三枝健人(坂口健太郎)はある夜11時23分、謎の無線機を通じて15年前の大山刑事(北村一輝)から事件の手がかりを聞く。それは過去からのシグナルだった。そして三枝健人の兄の自殺や大山刑事の失踪の真相とは・・・

日本版キャスト相関図・あらすじ、原作韓国版を見てネタバレ最終回結末・犯人や黒幕に迫るので、ドラマ「シグナル」のあらすじや、最終回の結末ネタバレに興味のある人参考になると思います。
 
 

スポンサードリンク

 
 

●ドラマ「シグナル」日本版 放送日


放送日:2018年4月10日スタート毎週火曜よる9時
放送枠:カンテレ「火曜ドラマ」枠
放送局:フジテレビ

●ドラマ「シグナル」日本版 主題歌


BTS(防弾少年団)♪「Don’t Leave Me」

●ドラマ「シグナル」日本版キャスト・相関図 坂口健太郎主演!


■相関図

画像引用:https://www.ktv.jp/signal/chart/

★現在★


■城西警察署

● 地域課:三枝健人(坂口健太郎)
 独学でプロファイリングを学んだ。
 幼い頃に目の当たりにした女児誘拐殺人事件や、兄が自殺した原因の事件で心に深い傷を負って以来、警察をまったく信用していない。
 冷静な判断力と観察力を持ち、いつか自らの手で兄の事件の真相をつかみたいと内なる情熱を秘めている。

★過去★

● 刑事:大山剛志(北村一輝)
健人と時空を超えて無線機で交信する。
 不正を憎み、周囲の迷惑や警察のメンツ・慣例にとらわれることなく捜査にのめり込む。
 疎まれたり反発も買うが、正義と信念を絶対に曲げずに捜査する。
 中本刑事部長と確執があり、ある日突然、収賄容疑をかけられ失踪する。

● 刑事:桜井美咲(吉瀬美智子)
 健人が交番勤務時代、15年前の女児誘拐殺人事件をきっかけに出会った。
 新人時代に大山から厳しく指導された結果、優秀な刑事に成長した。失踪した大山の行方を探している。
● 刑事:山田勉(木村祐一)
 人探しのプロ。ベテランでムードメーカー。健人のことを最初は疎んじるが次第にサポートするようになる。
● 刑事課係長:岩田一夫(甲本雅裕)
 中本部長の部下として、過去の事件の秘密を暴こうとする健人や美咲を見張る。
● 鑑識官:小島信也(池田鉄洋)
 小さな遺留品を見逃さない優れた分析力と観察眼の持ち主。

■警視庁

● 刑事部長:中本慎之助(渡部篤郎)
 政治家や大企業絡みの隠蔽工作など汚い手を使って出世したキャリア官僚。冷酷非道で手段を選ばない。

■慶明大学医学部 法医学教室

● 助手:安西理香(青野楓)
 殺人事件の検視に人生をかけている。

■健人の兄

● 加藤亮太(神尾楓珠)
 ある事件をきっかけに逮捕され自殺した。

●ドラマ「シグナル」日本版あらすじ・予告動画


★過去★

15年前、一人の女子児童が下校途中に誘拐された。当時、小学1年生だった三枝健人(坂口健太郎)は被害者の女の子が連れ去られる様子を目撃。
ある男を指名手配し行方を追う警察に、犯人は女だと訴えるものの相手にしてもらえない。
 
数日後、女子児童が遺体で発見され、管理官の中本慎之助(渡部篤郎)のもと、刑事の大山剛志(北村一輝)や岩田一夫(甲本雅裕)らは懸命に捜査を続けるが、犯人の手掛かりは得られず、結局、事件は未解決のまま15年の月日が経っていた――。

★現在★

女児誘拐殺人事件の時効が近づくなか、健人は独学でプロファイリングを学び、ある思いを胸に警察官になっていた。
しかし、過去の事件から決して警察を信用することはせず、そのせいで、先輩刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)や山田勉(木村祐一)から目をつけられてしまう。

そんなある日の夜、健人は廃棄処分されるはずの無線機から、誰かが自分を呼んでいることに気づく。
声の主は大山という刑事で、大山は巡査の健人をなぜか“警部補”と呼んでいた。
さらに、健人の情報を元に訪れた病院で、女児誘拐事件で指名手配された男の首つり遺体を発見したという。

情報提供どころか大山とは面識もない健人。
にわかには信じがたい話だったが、「彼は利用されて殺された。誘拐の真犯人は別にいます」という大山の言葉が気になった健人は、ためらいながらも無線越しに聞いた病院へと向かう。
すると、そこに大山の姿はなかったものの、聞いたとおりの場所で白骨遺体を発見して……。

あらすじ引用:https://www.ktv.jp/signal/story/01.html
予告動画:

 
 

・スポンサードリンク

 
 

●ドラマ「シグナル」韓国版キャストとネタバレ 最終回の結末は?


ドラマ「シグナル」の原作韓国版を見たので、ネタバレします。果たして最終回の結末は?

■まず韓国版キャストはコレ!()内は日本版

●現在
● ヘヨン(三枝健人(坂口健太郎))
●過去
● ジェハン刑事(大山剛志(北村一輝))

●現在と過去
● スヒョン(桜井美咲(吉瀬美智子))
● 兄ソヌ(加藤亮太(神尾楓珠))

● ボムジュ局長(中本部長(渡部篤郎))
● チス係長(岩田係長(甲本雅裕))
● チャン議員(日本版キャスト不明)

■シグナル1 2000年「女児殺人事件」

2015年現在
ある夜11:23
ヘヨン(三枝健人)は「廃棄処分寸前の古い無線機」から自分を呼ぶ声を聞く。その声は15年前の2000年にいるジェハン刑事(大山剛志)による過去からのシグナルだった。

ジェハン刑事は、時効まであと2日の長期未可決事件「ユンジョン女児殺人事件」の容疑者の首つり死体が、裏庭の通風孔にあると教えてきた。

その場所を見ると本当に死体があり、容疑者は自殺に見せかけ殺されたという。そして真犯人はソンイル病院、メスに慣れたオペ室の女性看護師ユンスア。女児も容疑者も殺していた。

真犯人逮捕で「ユンジョン女児殺人事件」は解決した。

ジェハン刑事は「また無線はつながる。自分を説得しろ」と言い残した。

■シグナル2 1989年「キョンギド南部連続殺人事件」

ヘヨン(三枝健人)は、スヒョン(桜井美咲)のいる長期未可決事件専門チームのメンバーに抜擢され、10人殺されている「キョンギド南部連続殺人事件」の捜査に加わる。

今度のシグナルは1989年から。
ジェハン刑事(大山剛志)も同じ事件を捜査中だが被害者はまだ7人だと知り、ヘヨン(三枝健人)が被害者情報を提供した結果、8番目の被害者が救われた。

ヘヨンの手元の捜査資料も「死亡」から「未遂」に自然に書き変わった。過去を変えると未来も変わるとわかった。

過去ではその後、犯人は9番目の被害者を殺すが、ジェハン刑事に追われてビルから墜落し下半身不随になった。しかし犯人のを示す証拠がなく逮捕できずにいた。

現代では、路線バスのチョング運転手が「京畿南部連続殺人事件」の犯人として自首した。しかしスヒョンとヘヨンは、ジェハン刑事の情報から息子ジニョンが犯人だと確信した。

■ジェハン刑事(大山剛志)の失踪の謎

ヘヨン(三枝健人)は、ジェハン刑事(大山剛志)が15年前に失踪した謎を調べる。

当時、ジェハン刑事(大山剛志)は賄賂事件を起こして失踪したが、ヘヨンはこの賄賂事件は内部の誰かにハメられたと考える。

■シグナル3 1995年「大盗事件」

1995年のジェハン刑事(大山剛志)は、窃盗事件「大盗事件」を追っていた。

現在、1995年の「大盗事件」の犯人ギョンテは刑期を終えて出所すると誘拐事件を起こした。

犯人ギョンテは逮捕された当時、手抜き工事の橋の崩落事故が起きたときに娘を助けることができなかった。ギョンテの娘を見殺しにして自分の娘だけ助けた男を恨み、その娘を誘拐した。

スヒョン(桜井美咲)は、誘拐された娘が冷凍車に監禁されたと突き止め、崩落事故現場の近くで車を発見。しかしドアを開けると爆弾が仕掛けられていて爆発。スヒョンは死んでしまう・・・

現代のヘヨン(三枝健人)と過去のジェハン刑事(大山剛志)は、スヒョン(桜井美咲)の死を回避するために協力しあって「大盗事件」を再捜査。

再捜査の結果、犯人ギョンテは誤認逮捕で真犯人は被害者の息子セギュだと判明し、過去でジェハン刑事が逮捕。=現代のスヒョン(桜井美咲)も死なずに済んだ。

しかし真犯人セギュは検事長の父親によって微罪となり釈放され、殺人を犯す。ヘヨンは無力感を抱き、無線機を捨てようとする。

■「汚職事件」の証拠フロッピー

現在。スヒョン(桜井美咲)とヘヨン(三枝健人)は、20年前の1995年に自殺した女性ダヘと「大盗事件」の関連に気付いた。

「大盗事件」の犯人セギュは、盗んだネックレスを持ち去った女性ダヘを殺した。そのネックレスの箱には「大規模汚職事件」の証拠フロッピーディスクが隠されていて、ボムジュ局長(中本部長)の手に渡っていた。

事件の黒幕はボムジュ局長だった。

■シグナル4 1997年「ホンウォン洞連続殺人事件」

1997年にジェハン刑事(大山剛志)が追っていた「ホンウォン洞連続殺人事件」の被害者の複数の死体が山で発見された。

ジェハン刑事(大山剛志)はヘヨン(三枝健人)と無線機を通じて、頼りなかったスヒョン(桜井美咲)がチーム長になってると知り喜んだ。

ヘヨンはプロファイリングで犯人像を特定し、自殺しようとしたコンビニ店員ジヌを逮捕した。

■シグナル5 1999年「ヘヨン(三枝健人)の兄が自殺した事件」

1999年「インジュ市女子高生集団暴行事件」で、ヘヨン(三枝健人)の兄ソヌ(加藤亮太)は犯人として逮捕され、少年院を出所後に自殺した。

現在、ヘヨンは無線機でジェハン刑事(大山剛志)に兄が自殺した真相解明を頼む。

現在、ボムジュ局長(中本部長)は、ヘヨンがソヌの弟だと知り、チス係長(岩田係長)に命令してインジュ病院にヘヨンを呼び出す。

するとチス係長は何者かに刺殺され、ヘヨンはチス殺しの容疑者にされた。

一方過去ではジェハン刑事(大山剛志)が、真犯人はチャン議員の甥テジンだと突き止める。しかし黒幕ボムジュ局長(中本部長)によってヘヨンの兄ソヌが犯人に仕立て上げられてしまう。

チャン議員は政治力を使って事件をもみけし、ボムジュ局長(中本部長)が別の犯人を逮捕するかたちで協力していた。つまり本当の黒幕はチャン議員だった。

■ジェハンが死んでいた

一方、現在のスヒョン(桜井美咲)は、当時ボムジュ局長(中本部長)のもとで動いていた金融業者ソンボムの家を家宅捜査する。

すると敷地から、失踪中だったジェハン刑事(大山剛志)の遺体が見つかり、スヒョンは大きなショックを受け悲しむ。

その後、事件を秘かに再捜査して被害者女性ヘスンを見つけ出して話を聞くと、真犯人は兄ソヌ(加藤亮太)ではないと知る。自殺ではなく殺された可能性があると気付く。

兄ソヌは少年院を出所後、無実の証拠であるヘスンの赤いマフラーを手に入れ、ジェハン刑事に連絡していた。

■スヒョンとジェハンが無線機で繋がる

現在、スヒョン(桜井美咲)はヘヨン(三枝健人)から無線機の存在を知り預かる。

そこへジェハン刑事(大山剛志)からのシグナルがあり、スヒョン(桜井美咲)は死んだはずの彼の声を聞けたことに驚くと同時に「8月3日、ソンイル病院。そこに行ってはダメです」と伝える。そこはジェハン刑事が殺された場所だったから。

■ヘヨン(三枝健人)殺される

凶器が見つかりヘヨン(三枝健人)はチス係長(岩田係長)を殺した犯人として逮捕されるが、検察へ送致されるときにスヒョン(桜井美咲)の助けを借りて逃走に成功。

ボムジュ局長(中本部長)に命を狙われてる金融業者ソンボムに会いに行くと、2000年にジェハン刑事(大山剛志)がボムジュ局長に監禁された顛末を聞く。

しかし金融業者ソンボムと会っているところを銃撃され、ヘヨン(三枝健人)は死んでしまう・・・

■最終回ネタバレ 結末は?(過去)

過去2000年
ジェハン刑事(大山剛志)は、ヘヨンの兄が殺されたあと、ボムジュ局長(中本部長)が捨てた証拠の赤いマフラーをゴミ捨て場で発見。アメリカの鑑識を送ってDNA鑑定の証拠を得た。

ボムジュ局長とチス係長(岩田係長)は、どんな手を使っても証拠を奪おうと焦る。

過去2000年8月3日ソンイル病院
ジェハン刑事(大山剛志)は通風孔で遺体を発見した直後、頭を殴られる。

目覚めると縛られていて、チス係長(岩田係長)から証拠のマフラーをよこせといわれる。マフラーはボムジュ局長(中本部長)がソヌ(加藤亮太)を殺した証拠でもあるが、チス係長はそれは知らなったので驚く。

チス係長(岩田係長)は娘を人質に脅され、ジェハン刑事(大山剛志)を殺そうとする。しかし外へ逃げて間一髪のところで警察の仲間に助けられた。署に戻りスヒョンを抱きしめるジェハン。

ジェハン刑事(大山剛志)はソヌの無実を家族に伝える。ソヌの冤罪は晴らされた。

ジェハンとスヒョンは食事デートする。

その後2000年11月20日、キョングン洞の廃倉庫でボムジュ局長(中本部長)を追い詰める。ジェハン刑事の狙いは無実の高校生ソヌを死に追いやった黒幕チャン議員だ。

しかしそこへチャン議員の手下連中がやってきて2人はボコボコにする。ジェハン刑事はボムジュ局長の持っていた「汚職事件の証拠フロッピーディスク」を持って逃走に成功したが、ボムジュ局長は殴り殺された。

■最終回ネタバレ 結末は?(現在)

ヘヨン(三枝健人)は生きていたが、目覚めると過去は変わっていて交番勤務の警察官に戻っていた。チームのあった警察署にいっても自分のことは誰も知らなかった。

無線機もない。何が起きたのかわからないヘヨン。ジェハン刑事(大山剛志)は失踪中だった。

ヘヨンは警察に行ってこっそりジェハン刑事の手帳を回収する。そこには未来のヘヨンが見ることを知っていて失踪直前のジェハン刑事がメモを書いていた。 

最後のメッセージは暗号数字でそれはヘヨンの実家だった。ジェハン刑事はチャン議員の汚職を暴くフロッピーディスクを郵送していた。ジェハン刑事は生き残っていたが、自分の時代では送った相手を危険にさらすか、裏切られる可能性があるから未来のヘヨンに正義を託した。

そしてチャン議員の汚職はニュースになり、大統領は特別検察官を派遣するなど糾弾されることに。

怒ったチャン議員はジェハン刑事を見つけだせと部下に命じる。

一方でヘヨンは郵便の消印から海辺の町を訪れ、そこでジェハン刑事を捜すスヒョン(桜井美咲)に再会。

そんななかスヒョンにメールが届いた
「2月5日、ジョンヒョン病院へ行くな」
ヘヨンたちが警告したときと逆の状況だ。未来の誰かから聞いたのかも?それともメールを見てもヘヨンとスヒョンが行くと知っててあえて送った?

どうやらジェハン刑事は父親から支援を受け15年間病院に潜伏していたようだ。

2月5日 
ジョンヒョン病院にチャン議員の手下連中がかけつける。

ヘヨンとスヒョンもジェハン刑事のことを諦めず向かった。

★終わり
以上、ドラマ「シグナル」原作韓国版を見て最終回結末ネタバレでした。ラストは視聴者にゆだねるパターンでした。きっと3人とも生き延びるのだと思いたいです。
 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. 【熱愛】misonoの現在の彼氏はnosuke!本名は「のすけ」…
  2. ファンキー加藤の嫁の画像が切ない。マネージャーの彼女と猛反対を乗…
  3. 斉藤由貴はモルモン教徒の夫を裏切り不倫…相手は開業医で尾崎豊と川…
  4. 安井友梨に旦那はいるの?インスタ画像ビフォーアフターは年齢30の…
  5. 映画【インサイドヘッド】キャラクターと日本語声優一覧「ガリガリガ…
  6. 映画【信長協奏曲】キャスト一覧とネタバレ!最後カッパがまさかの……
  7. 【27時間テレビ2017】放送日時と出演者タイムテーブル「なぜ9…
  8. 【きみが心に棲みついた】結末は?漫画のネタバレで最終回は…「キョ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP