Entertainment

【結婚相手は抽選で】原作のネタバレ紹介!最終回あらすじ結末がコレ「お見合い相手がまさかの展開」

大人の土ドラ「結婚相手は抽選で」のキャストと、原作を読んだので最終回の結末まであらすじネタバレを紹介します。

「結婚相手は抽選で」の原作は、垣谷美雨さんの小説。

少子高齢化に悩む政府が『抽選見合い結婚法』を制定。25~39才までの離婚歴のない独身の男女は、無作為に選ばれた相手とお見合いして結婚させる制度。ただし3人断ったら『テロ対策活動後方支援隊』に2年間従事しなければいけない。結婚の必要性と、人と向き合うことの大切さを描いた物語。

キャストと、原作を読んで最終回の結末まであらすじネタバレするので、ドラマ「結婚相手は抽選で」に興味のある人は参考になったら幸いです。
 
 

スポンサードリンク

 
 

●ドラマ「結婚相手は抽選で」放送日


毎週放送日:土曜23:40~「オトナの土ドラ」枠
初回放送日:2018年10月6日
放送局:フジテレビ(東海テレビ制作)

●ドラマ「結婚相手は抽選で」キャスト


 

● 宮坂 龍彦 (野村周平)
 エンジニア。彼女いない歴=年齢のタオク。

● 冬村 奈々 30才(高梨臨)
 実家暮らしで独り立ちできてないお嬢様。コネ入社のラジオ局制作スタッフ。

● 銀林 嵐望(大谷亮平)
 家柄の良い金持ちの息子でイケメン。

● 鈴掛 好美 31才(佐津川愛美)
 田舎で母と2人暮らしの看護師。死んだ父はアルコール依存症でDV夫だった。

● 小野寺 由紀子(若村麻由美)
「抽選見合い結婚法」を制定した大臣。

●ドラマ「結婚相手は抽選で」あらすじ


50歳まで一度も結婚をしたことがない人の割合を示す「生涯未婚率」。最新の国勢調査(2015年)によると、男性23.37%、女性14.06%と、過去最高を記録した。

少子高齢化への歯止めがかからない中、日本政府は苦肉の策に出る。「抽選見合い結婚法」を制定。そう、まさに“結婚相手は抽選で”。

大まかな内容はこうだ・・・

・25歳~39歳の子どものいない独身男女が対象

・本人の年齢プラスマイナス5歳の範囲で相手を抽選

・相手が気に入らない場合は2回まで断ることができる

・どうしても3回断った際は「テロ対策活動後方支援隊」に2年間従事しなければならない(医師や看護師など資格を持つ者は、離島や僻地での医療活動に従事する)

国民にとっては、まさに青天の霹靂。法律の施行は大きな反響を呼び、現代社会の様々な問題を浮き彫りにする。適齢期を過ぎても結婚願望を持つ男女、母娘の依存、家族観の相違、通常の結婚という枠では収まらないLGBTなど性的マイノリティを始めとする多様な人々

当然、世論も紛糾する。「抽選見合い結婚法」を推進する抽選見合い結婚法担当大臣・小野寺友紀子(若村麻由美)もまた、国民、娘、そして自分自身とも向き合うことに。

ひとつの法律をキッカケに、振り回されていく人々、そして日本という国。直面する問題を乗り越えながら、それぞれが導き出す“答え”とは。

あらすじ引用:http://tokai-tv.com/chusenmiai/

 
 

・スポンサードリンク

 
 

●ドラマ「結婚相手は抽選で」原作小説読んでネタバレ 最終回の結末は?


ドラマ「結婚相手は抽選で」の原作、垣谷美雨さんの同名小説を読んだので、最終回の結末までネタバレします。果たして結末は・・・

■鈴掛好美(佐津川愛美)

鈴掛好美(31才)田舎で母(65才)と2人暮らし。肝硬変で死んだ父はアルコール依存症でいつも母にDVしていた。父が酒で働かなくなってからは母が保険のセールスで生活費を稼いだ。

自分のせいで母に迷惑をかけたと思っていた好美は、母に言われた通り勉強して看護師になった。しかし彼氏ができる度に母は何か文句を作って結婚を許さず別れさせ、結局いま31歳独身。しかも母は好美に介護してもらうつもりだ。

そんな母から逃れたい、閉鎖的な田舎町を飛び出したい鈴掛好美は、「抽選見合い結婚法」の制定をチャンスに単身、東京へ引っ越す。母がついてこようとしたが、結婚が決まってからで良いと説得した。

■冬村奈々(高梨臨)

東京の実家で暮らす容姿端麗のプチお嬢様・冬村奈々(30才)は、コネ入社したラジオ局で制作スタッフだが、実際の仕事はバイトやパートと一緒に毎日ハガキの仕分け。自分が能無しに思えてみじめになる。

奈々は3才からピアノを初め、家に防音室があり音大にも入ったがプロのピアニストにはなれず、同級生のほとんどが時給1200円でピアノ講師をするなか、叔父のコネでピアノとは無関係だがラジオ局にラッキー就職できたのだった。

「抽選見合い結婚法」が制定されると知った冬村奈々は、「抽選見合い結婚」はしたくないし、「テロ対策活動後方支援隊」にも従事したくないので、最近連絡が途絶えている彼氏の銀林嵐望(大谷亮平)に結婚を迫るがフラれてしまう。

破局の理由は、奈々がいつも母親と買い物三昧・遊び三昧で快楽的に生き、しかも恋愛は全て母に筒抜けだった。嵐望の実家は金持ちだが本人は質素な暮らしを望んでいた。

その後のお見合いで失敗を続ける奈々。

■宮坂龍彦(野村周平)

宮坂龍彦(26才)は、大学卒業後に就職したコンピューターソフト会社でSEとして働くオタク男子。

小学校時代は女子とふざけあっていたのに、中学に入るとサッカーに夢中になり女子とは無縁で、高校時代はモテないグループで楽しんだ。そのうち彼女ができると楽観視してたらまさかの26才になってしまった。

彼女がいないことが原因で全てに自信が持てない。「抽選見合い結婚法」で結婚できれば劣等感から解放されるから、不安もあるが大きな期待を抱く。理想の女性は、癒し系女優の近藤紫(愛称パプル)だ。

そんななか秋葉原のパソコンショップで同年代の2人と出会う。 

鯨井浩樹(27才)は食品会社の流通部で働き「たかが恋愛、されど恋愛」というタイプ。北風祐輔(26才)東大卒で帝国理化学研究所で勤務するエリートで「恋愛なんてくだらない」というタイプ。3人で「抽選見合い結婚法」について語り合ったのだった。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

■宮坂龍彦(野村周平)の抽選見合い

龍彦はデパートで新調した服を着ていざ抽選見合いへ。

事前に郵送されてきた見合い相手の身上書には写真はないので会うまで顔がわからない。お互い気に入った場合のみ、連絡先を交換しえ合えばいいというシステム。

初めての見合い相手は可愛い美人だった。龍彦は一目ぼれするが相手は「お腹が痛い」と言ってすぐ帰った。後日、断られたと本部から連絡があり驚く。次回のデート用に服を買ってしまった自分が滑稽だ。

2人目は体重100kgありそうだったので龍彦は断ろうとしたが、その前に相手から断られてしまう。直接電話して理由を聞くと、テロ撲滅隊に入れば痩せられると思ったというので「痩せて綺麗になったらまた会ってくださいね」と言ったら、タイプじゃないと言われショック。

3人目は地味で彼氏いない歴27年の女性。結婚してない理由を聞かれた龍彦は、金持ちのわがままな女性とばかり付き合ったからだと嘘をつく。さらに「妻は家政婦」みたいな発言をしてフラれた。

■鈴掛好美(佐津川愛美)の抽選見合い

好美は上京前は、誠実なら外見もスペックも関係ないと決意していたが、1人目の見合い相手は性格は良い人なのに結局、恋愛対象にはできなかった。

2人目の相手は超イケメンの銀林嵐望(大谷亮平)で、ダサいはずの好美を食事に誘ってくれた。

銀林嵐望は家柄が良かった。母親は芸能人やモデルの着付けをしている銀林節子で、最近着物の販売の会社も立ちあげた。父親は帝都大学のフランス文学の教授。家は三権茶屋にある大きな洋館。

ただ嵐望はお酒を飲むとわかり、アルコール依存症の父と重なり落ち込む好美。しかし初対面なのに好美は自分の仕事観や結婚観をどんどん話していく自分が不思議だった。

そんな素朴な好美を嵐望は気に入った。就職したばかりの頃付き合った、今は亡くなった彼女と同じ郷愁を好美に感じた。

■冬村奈々(高梨臨)の抽選見合い

奈々の1人目の相手は、断らないのを脈があると勘違いして、毎日電話してきたりすぐ手を握ってきたりキモかったのですぐ断った。2人目はいきなりプロポーズして、奈々を自分の女だとばかりに振舞ったのですぐ断った。

しかし早々に2人断ったことを後悔した。3人目を断ったら「テロ撲滅隊」行きなのだ。

「抽選見合い結婚法」は1年間のうちに、自力で結婚相手を見つけたら制度から外れることができる。だから3人目は返事を先延ばしにして、その間に自力で相手を探したい。

3人目の名前は宮坂龍彦(野村周平)。やはり奈々に一目ぼれしたみたいでキモい。相手から断るように仕向けるため、わざと高い服を着て、高い店に誘って、家事料理が全くできない(これは本当)と話した。

龍彦が女性を偏見で見て、マニュアル本に書いてることを話すので、奈々はいつの間にか恋愛アドバイスをしていた。
「男も女も同じだったば!」
「本当に好きな人ならセルフサービスのカフェでも牛丼屋でもかまわない」
「背伸びして伊勢丹で服買わなくていい。普段着でいい」
「堂々としてなさい」
「すぐ謝るのやめなさい」

後日、奈々は3人断って「テロ撲滅隊」に入隊した友人エリカから、10人部屋でプライベートのない隊での生活や訓練の様子を知り、絶対に行きたくないと思った。

奈々は嵐望に期待して電話してみるが、なんと相手が見つかり結婚を決意したという返事でショックを受ける。ほかに誰かいない両親も探してくれたが全員結婚済みだった。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

■宮坂龍彦(野村周平)と冬村奈々(高梨臨)

龍彦は秋葉原で鯨井と北風に会い近況報告しあう。
鯨井は断られ続け次は4人目、北風も現在3人目、龍彦は現在奈々で6人目で最多。

奈々は龍彦が大好きなパプルに似た美人だが、モテない男に容赦ない。しかしなぜ断らずに引き延ばすのか?鯨井が気づいた・・・3人目だからだ。自分から断るとテロ撲滅隊だから。

北風と鯨井はこうなったら奈々を、龍彦かテロ撲滅隊が究極の二択に追い詰めようと提案。

龍彦は2人に押されて、本部に事情を話して電話番号を聞いて奈々に電話。食事に誘うと、半年先に高級フレンチがいいという返事なので、本部に連絡すると脅かして、しゃれた山小屋風の居酒屋で奈々と納得させた。

デート当日、奈々は30分遅刻するもモデルのように颯爽と現れた。帰りたがる彼女だが「予約を入れた」「餅ピザがうまい」と理由をつけて店に連れていく。龍彦は奈々のアドバイス通り普段着で、鼻で笑われてもめげずに頑張る。

店内では北風と鯨井がすみっこの席から見てる。酔って明るい気持ちになった龍彦は冗談を言うが奈々には通じない。

結婚後は仕事をやめて実家の近くに住み、家事は全て母に手伝ってもらうのが親孝行だという奈々に、龍彦は「母も娘も半人前、依存しあってる」と、どうせフラれて今日が最後だから強気の発言。

ところが奈々はそれを認め「私みたいな女と結婚する男性は不幸になる」と言って龍彦を驚かせる。

「買い物と海外旅行はやめられないから、旦那は金持ちじゃないと無理」という奈々に、頭にきた龍彦は「自分の給料に見合った暮らしができるのが大人。とやかくいわれる筋合いはない」と応戦。

「私のほうが年収多い。コネ入社も実力のうち」と言う奈々に、龍彦は「親のコネなんて実力じゃない」と否定する。

すると奈々は泣きながら話し始めた。

「じゃあどうすればよかったの?これからどうやって生きていけばいいわけ?」
「何もかもが嫌。考えれば考えるほど訳がわからない」
「私は制作スタッフといっても、出来るのはハガキの仕分け」
「親に音楽教育2000万以上つぎ込まれて音大に行ったけど、才能なかった。父はムダ金だと思ってるに違いない」
「母は人生を後悔してる。キャリアウーマンになれるはずだったのに結婚で棒に振ったから。だから娘の仕事を応援しているが、私の仕事はしょせんハガキの仕分け」
「母はつまらない仕事でも頑張っていればいつか認められ出世できると思ってる世間知らず。母の同期で同じアシスタントだった美紀子が取締役に出世したから」
「男にモテたからいい気にになってた。毎日が楽しくて、ピアニストを諦めた途端、洋服ばかり買ってバカみたい。ピアノも家事も仕事も何も身についてない。ハガキの仕分けだけ」

「私が望むことは両親が仲良くしてくれること。ラブラブになって2人で旅行してほしい」
「母のことは大好きだったが、お見合い結婚法によって、夫婦仲の悪さの逃げ道に娘を利用してると気づいた。このまま母の生きがいにされたくない。自分の生きがいを見つけたい」

号泣して鼻水を垂らす奈々はもう気取った美人ではなく、人生が不安な同世代の仲間の1人に見えた。

「わかってるんでしょう?あなたで3人目だって。テロ撲滅隊に行きたくないから、あなたから断って」

龍彦は「いいですよ 断ったポイントまだゼロだから」とあっさりOKした。追い詰めることなんて出来なかった。こんな美人とデートできていろいろ経験できたんだから。奈々さんありがとう。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

■好美と嵐望が結婚へ

好美にとって嵐望は白馬に乗った王子様。
今日で7回目のデートだが夜勤明けで疲れて眠ってしまい、約束の時間に嵐望が部屋に来てしまったので、タイ料理に行くのをやめて、2人でスーパーに買い物に行き、嵐望がロールキャベツ作ってくれた。その夜初めて嵐望がお泊り。

以来嵐望は頻繁に好美の部屋にお泊り。

そんななか好美の悩みは、週に2度かかってくる母からの長電話だった。母は好美のスケジュールを完全把握し、まるで監視されてる気分。疲れてるときや嵐望が来てるときは迷惑だ。電話内容は死んだ父の悪口。でも母は友達がいなくて寂しいから可愛そうなので断れない。

しかし母が寂しいのは好美が自分の責任だと思っていたと、嵐望が気づかせてくれた。自分さえいなければ母はDV父と離婚できたはずで、母の不幸は自分のせい小学校の頃から思っていた。大人になれないのは好美じゃなくて母の方だったのだ。

好美は嵐望と結婚する意志を母に伝えた。

母が上京して嵐望に会うと、銀林節子の息子だと知って驚いたあと結婚を承諾するが、嵐望が帰ったあと「信用できん。目に真実がない」と言い放った。

その理由は「両親とも有名人な名家の息子が、好美みたいな平凡な娘と結婚するのはおかしい」「なぜ好美と結婚しがたるのか謎だ」という、好美がモテないと言ってるのと同じひどいもの。母は自分が1人ぼっちになるのを避けるため結婚に反対してるように思えた。

その後、3泊予定だった母は帰郷せず、1週間後にはキッチンは母仕様になり、母がいるから嵐望にも会えず、夜は眠れず疲れも取れない。好美は勇気を振り絞り、結婚したら呼ぶからと言って帰ってもらった。

■好美と嵐望が破局!

母が帰った夜、嵐望が好美のベッドで「実は子供がいる」と衝撃告白をした。嵐望は前の2人にはお見合い当日に打ち明けたが、好美にはなかなか言い出せなかった。

子供(娘)の母親は2才年上で中央市場で働くタイ人のチュラポーンで、すでに病死している。23才で仕事で東南アジアのツアーに添乗したとき出会い、結婚するつもりだったが両親の反対にあい諦めた。
父親は国際派を名乗っていたがそれは欧米の白人社会のことで、東南アジアの女性を妊娠させて知らんぷりする日本人は多いから気にするなと。母親も、姉と妹の結婚に支障が出るからと反対。嵐望は銀林家を不幸に陥れる疫病神になった気分になり、入籍を先延ばししていたらチュラポーンは病気で死んでしまった。

正式な結婚はしてないので離婚歴はなく、子供も戸籍に載ってないから、抽選お見合いに参加できた。

「出ていって!」隠し子の存在に血の気が引いた好美は、嵐望を部屋から追い出した。

翌日、好美は仕事を病欠。数日後、電話してきた母に、タイ人との隠し子を話すと母は楽しそうに嵐望を批判した。

10日後、嵐望から届いた手紙には
・給料から毎月10数万円をタイに仕送りしてる
・娘が5才になったときチュラポーンは病死しだ
・娘はバンコクにいる祖母に引き取られた
・年に一度、会社宛てに写真を送ってもらってる
・現在、娘は8才
・好美もチュラポーンに似て気取らず健気なところが好きだった
・好美を深く傷つけてしまってごめん
などが書いてあり、好美は嵐望の苦しみを理解すると同時に、何を信じていいかわからなくなった・・・。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

■(最終回ネタバレ結末)1年後 好美と嵐望その後

好美は嵐望と破局後、3人断り離島に看護師として派遣された。島では「島流しされとぉ人」と呼ばれ、好美以外に30代医師が男女1人ずつ・女性看護師4人・放射線技師の男性1人が、見合いを3回断って派遣されている。

夕方になると釣りをして新鮮な美味しい魚を夕食にする暮らし。母も島に移住し、生後5か月になった嵐望の息子・嵐治(らんじ)の世話をしてくれる。

妊娠発覚したのは嵐望と破局後だった。認知だけしてもらおうとしたが母が「一生つきまとわれて骨までしゃぶり尽くされる」と猛反対。世間から見たら逆のはずだが。

その後、嵐望の父親の借金が週刊誌に報じられた。借金の原因は遊行費や贅沢品で散財。国からの研究費も私費に使い込み、嫁は旦那の借金返済のため着物販売の会社を売却したという。

母は島に来てからおしゃれをして綺麗になった。15年前に嫁と死別し、子供は都会で暮らす、庚申丸の船長のことが好きなようだ。だから母は、好美が2年間の勤務を終えたあとも島に残りたがってる。それに母もきっと、父のDVを知る田舎町の連中から逃れたかったのだろう。ここは誰も母の過去を知らないし。

嵐望からは月1でメールが来て読んでるが、一度も返信したことはない。いつも文章の最後に「迷惑だったら言ってください。2度と連絡しません」とあった。

嵐望からのメール
・娘は正式な父親になり、戸籍上も子持ちになった。
・バンコクに転勤になり、祖母と3人暮らし。
・両親のことが週刊誌に報じられた。父は入院し、母は会社を売った。
・娘はクラス一番の成績で、夢は看護師。
・将来は娘を日本の大学に進学させてあげたいので好美にアドバイスがほしい。
・いま仕事で帰国してる。東京の冬は寒い。好美はスキーしたことある?
・お正月は帰省した?好美の故郷を一緒に歩きたかった
・そろそろ桜が咲く。結婚してて旦那と花見するのかな?

そうして1年がたち紅葉の季節。
「1度も返信ないということは迷惑なんですね。もう最後にする。お元気で」とメールが。好美は無視したつもりはなく、むしろ楽しみにしていた。返信しなくても気持ちが伝わってると思い込んでいた。自分を好きでいてくれてると自惚れていた…どうしよう?

嵐望はしつこくメールし続けた自分が滑稽で、もう好美のことはあきらめた。
父は脳貧血で倒れ、失意のまま死んだ。母は世間から同情され、着物スタイリストの仕事が増えた。三軒茶屋の屋敷は若いIT長者が買い取り、おかげで父の借金は完済できた。

ある日、ついに好美が嵐望にメールした。見合いを3回断り現在は離島で看護師として働き独身だと綴り、生後5か月の嵐治の写真を添付した。

メールを見た嵐望は、嵐治が自分の子供だと気付いた。

■(最終回ネタバレ結末)1年後 奈々と龍彦その後

龍彦・鯨井・北風のうち、エリートでハンサムの北風だけ結婚した。
鯨井は現在18人目。かなり打たれ強くなった。
龍彦は現在23人目。自分から断ったのは本人から頼まれたそうした奈々だけ。

最近「抽選お見合い法」は改正され結婚を望まない「一生独身コース」を選べるようになったが、本当の目的は増税と、テロ撲滅隊の人数が増えすぎて対処できないとか。お見合い会場にはもう、20人前後に断られ続けてる男女しか残ってないが、テロ撲滅隊に行きたくないからみんなお互い相手が断るのを待ってる状態でもあった。

龍彦は成長し、どんな女性も健気だと思うようになった。みんな必死で生きていて、買い物・ファッション・ヨガ・デトックスのことばかり考えてる女性なんてマスコミが作る虚像で、実際はいないと知った。

一方、奈々はテロ撲滅隊に入る恐怖を和らげるため最近筋トレを開始。龍彦は約束通り断ってくれたが、次の4人目は最悪で、奈々が断らないのを相思相愛だと勘違い。3人目で後がないという事実を告げると、龍彦のような善人ではなく奈々を俺の女扱いし、デートを断るとキレそうになる男だった。

さらにその後、法律が改正され、2週間に一度デートしなければいけなくなった。そこで父が親しい医者に嘘の診断書をかいてもらいデートを交わすことに成功したが
嘘がバレないよう病人らしく振舞うため、仕事を休み外出を控え、1日中家で過ごす生活になった。それまで買い物や食事が楽しみだったので、気が滅入る生活になった。

そんなか「抽選見合い結婚法」が国会で採決され廃止が決まった!マスコミの取材に担当の小野寺大臣は、たくさんの男女が結婚して出生率も増えたから成果はあったと強調する。

そして奈々は、父方の祖母が「夫婦は人間同士の助け合いなのに 零細企業の社長を務める父を手伝いもせず、遊び三昧だ」と母を批判するのを聞いて、自分のことを言われてる気分になった。父方の祖母は、援助を受けず母と距離を置いて1人暮らしした方が良いと勧められる。

奈々は龍彦に電話した。

「あなたの良さをわかる人は少ない」「あなたは優しい人。見合いした中で、相手の身になって考える男性は他にいなかった」「テロ撲滅隊から救ってくれた恩人」と、龍彦に感謝の気持ちを伝えたうえで、

1人暮らしの勉強のため龍彦の部屋に遊びに行くことと、その前に餅ピザをおごるよう求めた。

龍彦「ぜひ、今から行きませんか?」

★終わり

   
  



関連記事

  1. 【ウルヴァリンSAMURAIキャスト】マリコ役は誰ってTAO!「…
  2. 前田けゑ 15億円相続した芸人は7年介護してた「自宅の場所は新宿…
  3. 【女の勲章】モデルは誰って上田安子と近藤年子!「学校を開いて日本…
  4. 吉澤ひとみ逮捕「記念日飲酒ひき逃げ」で旦那の顔潰す。弟事故死のあ…
  5. 本田朋子の涙のワケは五十嵐圭の戦力外「子供は不妊って噂は本当なの…
  6. 【二階堂ふみに新恋人】米倉強太は大学で会社を起業した映像作家!「…
  7. 【愛を乞うひと】あらすじと、原作小説読んでネタバレも壮絶「虐待の…
  8. 小浦愛のwikiと画像に注目集まる…結婚してる武豊とフライデーさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 帰れま10にToshi【サーティワンアイス2018】結果ランキング順位がコレ。人気メニューベスト10の1位はやっぱりアレ?
  2. マック【月見バーガー2018】カロリーは?期間はいつまでかな「値段はクーポンでお得に!」
  3. 【激辛グルメ祭り2018】チケットと出店舗メニューがコレ「混雑する時間帯知ってくと便利」
  4. 【ペルセウス座流星群2018】絶好条件の時間・方角・場所で星降る夜に!「ピークと見ごろが夏にきた」
  5. 【スタバ】抹茶スモアフラペチーノの美味なカロリーとカスタマイズ「値段と期間はいつまでかな」
  6. 金スマ【ゼロトレのやり方】寝たまま楽なのに効果すごい(動画あり)1週間で-13cmの魔法
  7. 火星が大接近!2018年7月31日の見つけ方は?「肉眼でも赤く光る姿がはっきり。15年ぶり!」
  8. 【男を好きにさせる方法】簡単な心理学テクニックpart2「出会いから効果的に!」
  9. 【めざましライブ2018】出演者と日程がコレ!チケットは座席の列指定できるの?
  10. 【みずがめ座δ流星群2018】7月の時間と方角「ピークと見頃、観測条件を知っておこう」

PickUp_

PAGE TOP