Entertainment

【毒島ゆり子のせきらら日記】最終回ネタバレ、結末は「ゆり子の選択・決断」

-shared-img-thumb-MIYAKO85_yuyakehutari20140725_TP_V

前田敦子さん主演のドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」の最終回のネタバレ、結末にせまります。

ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」は、前田敦子さん演じる毒島ゆり子が、妻子ある男性と彼氏との間で揺れる様子をせきららに描いた物語です。
1時間ではなく30分ドラマですが、短い分、内容が練られ濃厚な展開にわくわくするドラマです。

毒島ゆり子は、同棲中の彼氏容認で二股をして楽しく恋愛していました。
ただ不倫だけはしないというモットーがありました。
そんな時、妻子ある男性に惹かれ、不倫をしてしまいます。
最終回では果たして誰とくっつくのか?別れるのか?ゆり子がどんな選択・決断をする結末になるのか注目です。

ドラマ最終回のネタバレを紹介するので、ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」最終回を見れなかったひとや、テレビで見るほど興味はないけど内容は知っておきたい人は参考になればと思います。

※最終回放送を見て追記※
 
 

スポンサードリンク

 
 

ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」キャスト


■あけぼの新聞社

・毒島ゆり子(ぶすじまゆりこ)25才(前田敦子)
大物政治家の黒田田助の番記者。
超恋愛体質で惚れやすく冷めにくい。
二股の常習者だが、幼少期が原因で
「不倫はしない」がモットー。
・安斎吾郎 50才(近藤芳正)
記者クラブのキャップ。
ゆり子を暖かく見守る。
・夏目春江 35才(今藤洋子)
サブキャップ。
男勝りだがヒステリックな面も。
・木本涼 28才(前田公輝)
記者クラブ3番手の生意気なイケメン。

■共和新聞(あけぼの新聞のライバル)

・小津翔太 35才(新井浩文)
確実な情報をもとにスクープを連発する
政治家からも一目置かれるエース記者。
インテリだがユーモアもある。

■誠心党(与党)

・黒田田助(片岡鶴太郎)
幹事長。通称「くろでん」
黒田グループは議員120人以上。
総理の政策に反発して、離党して
新党結成の噂がある。
新人議員や番記者とは話をしない。
・上神田茂(山崎銀之丞)
幹事長代行で黒田の側近。
共和新聞の小津と親交が深い。
・中川尚太郎(高木渉)
新人議員。頑固で返信、一匹オオカミ。
黒田グループ所属。
・青羽樹人(橋爪淳)
中川尚太郎のベテラン秘書。おネェ。
ゆり子を気に入り取材に協力する。

■ゆかりの親友

・桑原ナナミ 25才(中村静香)
小学生からの親友。
ゆり子の家庭環境を知ってるので理解がある。
・木田育男 25才(諸見里大介)
料理が趣味でお坊ちゃま。
ナナミと一緒にゆり子宅に時々泊まるほど仲良し。

■毒島ゆり子の彼氏

・幅美登里 28才(渡辺大知)
ゆり子と4年間同棲中。
夢はスターというバイト暮らしのミュージシャン。
優しくて二股を許している。
・野村新太郎 27才(八木将康)
ゆり子が通うスポーツクラブのインストラクター。
マッチョな反面、文学青年の顔をもつ。

■その他

■喫茶つみき
・豊三郎(友川カズキ)
ゆり子の行きつけの喫茶店のマスター。
クロワッサンは極上。
■幅美登里のバンド
・来夢(もも(チャラン・ポ・ランタン))
幅美登里のバンドの新ボーカル。
■小津翔太の娘
・小津絵美(清原果耶)
父親だ大好き。正義感が強く
困っている人を放っておけない。

・真田(バカリズム)

 
 

・スポンサードリンク

 
 

ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」最終回ネタバレ 結末


ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」は、普段あまり見ることの出来ない「人の心の揺れ」を覗き見することができるドラマです。

見どころは、男性にはない女性のエグさ、人の心の内側が描かれるところです。

■ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」最終回ネタバレ 結末予想

毒島ゆり子は、共和新聞の小津翔太に惹かれ「不倫はしない」という自分のモットーに心が揺れながらも、不倫をしてしまいます。

ゆり子は子供の頃にトラウマがあり不倫はしないと決めていたのですが・・。
父親が不倫をして離婚し、男を信用できなくなっていたのです。
苦労する母親の姿もまじかで見て育ったので、母親も子供も辛い目にあわせる不倫は、自分はしないと決めていたのでした。

しかし小津翔太の魅力に負けて、不倫をしました。

同棲中の幅美登里は優しく、二股三股を受け入れてくれます。
ただ、二股三股の相手を美登里に見られたことは今までありませんでした。

ところが小津翔太と一緒にいるところを美登里に目撃され、さすがに美登里はショックを受け、別れるように求めてきます。
またそのショックからか、バンドの新ボーカルの来夢との距離を縮めていく美登里。
ゆり子は追い詰められます。

美登里と別れたくないゆり子は、小津翔太との関係を断ち切ります。

美登里とはもとの関係に戻ったはずでした。
しかし超恋愛体質のゆり子は、やっぱり小津翔太の誘いに負けて、再び関係を持ってしまいます。

そんなとき、小津翔太の娘、絵美にばったり出会ってしまい、ゆり子は子供の頃の自分と絵美を重ね合わせます。
やっぱり不倫はできない・・・そう思うゆり子でしたが。

小津翔太との関係がすすむにつれ、彼の人間性がわかってきました。
ゆり子は彼に自分の父親の姿を見ました。

最終回の結末では
ゆり子は小津翔太を利用して誠心党の黒田田助のスクープに成功し、仕事で評価を得ます。
不倫で家庭を壊して自分と同じ想いを絵美にさせたくないゆり子は、小津翔太と決別するのでした。

美登里の本気の想いに心を打たれたゆり子は、美登里と結婚します。

※放送直後に実際の結果、結末ネタバレ※


※最終回放送を見て追記※
■育男をフる

意外にも育男から告白を受けたゆり子。
しかしゆり子は断る。
告白された途端、今までのように平気で触ることも嫌になってしまった。

■美登里にフラれる

ゆり子は、美登里のバンドのライブを観に行く。
「私が本当に愛していたのは誰なんだろう・・・」1人想うゆり子。
美登里との想い出がフラッシュバックする。

ライブのあと。
ゆり子は美登里に、来夢と別れてやり直せないか頼む。
美登里はゆり子のことが大好きだったと言うが、もう昔には戻れないといい去っていった。
「お願い」号泣して懇願するゆり子。
しかし美登里は「ゆちゃんが泣くとこ初めて見た」と言い残し帰ってしまう。

■小津からプロポーズ

翌朝。小津から呼ばれ喫茶つみきで会うゆり子。
しかし小津は何もしゃべらない。
そんな小津をズル賢いと思うゆり子。

そのとき小津が、初めて見る食べ方をした。
小津は、実はいろいろな食べ方をするらしい。
同じ食べ方だと飽きてしまうからだと。
小津に兆発されて、コーヒーをぶっかけるゆり子。

すると小津は本当の自分は虚言癖だと告白する。
そして今度こそは必ず離婚するから、答えを出してほしいと言い出す。

■ 

他社にスクープを抜かれた責任を取って、キャップが異動になるらしい。
ゆり子は自分の力不足を謝る。

ゆり子は中川議員に会い
なぜ黒田を裏切ったのか尋ねる。
そこに黒田が現れ、中川は土下座して謝罪する。
中川は、離党すれば地元を裏切ることになるから仕方なかった・・・。
黒田は責めることなく「それでいいんだ。君はいい政治家になる」と理解を示した。

■2か月後

ゆり子にはいつもの日常が戻っていた。
今日は、
育男の調理師免許取得祝いと
ナナミの就職祝い。
また、美登里はテレビ出演して夢をかなえていた。

一方、政界のほうは相変わらずで落ち着きがない。
ゆり子は黒田と碁をしながら政治学を教わる。
小津はまたスクープを取っていた。
そのとき、小津が離婚したという噂を聞くゆり子

ゆり子が歩いていると、小津が突然現れた。
離婚したことを報告する小津。
指輪を出し「結婚してくれ」とプロポーズする小津。
ゆり子は神妙な顔で
「小津さん私・・・三股してるんです。じゃ」
と去っていったのでした。

喫茶つみきにて・・・
新しい彼氏には、誓約書を書かせるゆり子だった。

 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. -shared-img-thumb-fregthdyjrset_TP_V 【文春砲】伊野尾慧が二股した女子アナは誰なの「名前はあさチャン宇…
  2. mimiyako85_katawoyoseauhutari20140725_tp_v 【フライデー】水原希子と野村周平を目撃「破局せず河口湖の高級旅館…
  3. bsC777_tewonigiriaukibito 【フライデー画像】perfumeあーちゃん(西脇綾香)の彼氏は高…
  4. love-163690_1280 【妊娠→結婚】御伽ねこむの彼氏は「劣化」が噂の藤島康介だった。で…
  5. love-163690_1280 【ハリー杉山がモデルAに告白】結果と画像。相手は誰なの「ALEX…
  6. -shared-img-thumb-jhgfdsdfg_TP_V 【ベッキーと川谷】破局までの真相。2月25日の週刊新潮がスクープ…
  7. -shared-img-thumb-MIYAKO85_yuyakehutari20140725_TP_V 本仮屋リイナの結婚相手、旦那は民放キー局社員…年収おいくら。馴れ…
  8. TSU85_suizokukanirukatojyosei_TP_V 【水族館ガール】最終回ネタバレ 結末は原作と同じと予想「由香が先…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP