Entertainment

高畑勲が死去、死因は心臓か…パクさんは現代の鳥獣戯画「宮崎駿が号泣した親友関係が凄い」

アニメ界の巨匠・高畑勲関監督が死去しました。享年82才の大往生。死因は不明ですが、心臓に病気だったようなので死因は心臓疾患みたいです。ところで結婚した嫁と子供はいるのでしょうか。

高畑勲関監督は、宮崎駿監督率いるスタジオジブリで映画「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」など綺麗で楽しい闇のあるファンタジーを生み出しました。大好きな作品が多いという人はたくさんいるはず。実は「おもひでぽろぽろ」主題歌「the rose」の訳詞も書いてるんです。

「パクさん」の愛称で呼ばれてましたが、「パクさん」の由来について死去のニュースで初めて知った人も。

アカデミー賞にもノミネートされた監督作品「かぐや姫の物語」は、「鳥獣戯画」からインスパイアされたんだとか。「平成狸合戦ぽんぽこ」も現代の鳥獣戯画といわれるような内容になっています。

高畑勲関監督と宮崎駿監督は親友でありライバル関係。宮崎駿監督は感極まって号泣したこともありました。
 
 

スポンサードリンク

 
 

●高畑勲監督が死去 死因は心臓?


高畑勲監督は、2017年の夏頃から体調を崩し、その後は入院・退院を繰り返す生活を送っていました。

2017年11月には、以前より痩せて、支えられないと歩けないほどでした。元気キャラだったので、まったく別人に見えたといいます。

死因は不明と報じられていますが、心臓が悪かったという情報があるそうなので、死因は心臓の病気ではないでしょうか?

心臓の病気は、日本人の死因の第2位です。

死因となる心臓の病気は
・心筋梗塞・狭心症
・大動脈瘤
などが有名かとおもいます。

●高畑勲監督 結婚した嫁と子供は?


高畑勲監督には、結婚した嫁と子供はいたのでしょうか

どうやら嫁も子供もいないようです。死去のニュースでも、葬儀を嫁や子供が営むという情報もありませんでした。

ただ映画「レッドタートル」で高畑勲監督は結婚観を語っていました。

結局男は島に捕らわれたのではないか?という質問に対して「結婚とはそういうものです」と答えたとか。

この発言からすると結婚してる人の発言にも聞こえますが・・

●高畑勲監督 プロフィール(画像)


■高畑勲監督プロフィール(画像)


名前:高畑 勲(たかはた いさお)
愛称:パクさん
出身地:三重県伊勢市
生年月日:1935年10月29日
年齢:享年82才

高畑勲監督の素顔は、子供のような好奇心を持ち、キラキラした表情が印象的な人として知られています。

7人目の末ッ子として生まれ、岡山県立岡山朝日高校を経て東大に進学。

東大卒業後は、1959年に東映動画(現在の東映アニメーション)に就職。ここで出会った宮崎駿さんと一緒にアニメ制作会社を移籍しながら、1970年にテレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」「赤毛のアン」といった名作の生みの親となります。

1985年に宮崎監督たちとスタジオジブリを設立し、ヒット作を連発。2015年には「フランス芸術文化勲章」オフィシエを受章しました。

●ジブリなど高畑勲監督の作品一覧 


高畑勲監督の作品の特徴は、徹底取材によるリアルな世界観と、モットー「想像力が羽ばたく余地が生まれてこそアニメ」。

こだわりが強すぎたせいか「柳川堀割物語」は製作費を大幅オーバーしてます。

1972年 東京ムービー「パンダコパンダ」
1973年 東京ムービー「パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻」
1981年 東京ムービー「じゃりン子チエ」
1982年 オープロダクション「セロ弾きのゴーシュ」
1987年 宮崎駿個人事務所「柳川堀割物語」
1988年 ジブリ「火垂るの墓」
1991年 ジブリ「おもひでぽろぽろ」
1994年 ジブリ「平成狸合戦ぽんぽこ」
1999年 ジブリ「ホーホケキョ となりの山田くん」
2013年 ジブリ「かぐや姫の物語」
2016年 ジブリ「レッドタートル ある島の物語」

映画「火垂るの墓」は名作です。「おもひでぽろぽろ」では涙をポロポロ流した人も多いでしょう。

「かぐや姫の物語」はアカデミー賞にノミネートされるも、アート系映画館で公開するべきだといわれたり、色々いわれた作品。ですが、パクさんこと高畑勲監督が感じる社会に対する悲しみが、女性の悲しみとして描かれている名作にして遺作。

また「かぐや姫の物語」の作風は、「鳥獣戯画」からインスパイアされてものだとか。

「鳥獣戯画」とは、ひとつの絵の中で時間の流れを表現する異時同図法のこと。京都の高山寺に伝わる紙本墨画の絵巻物のことで国宝とされています。マンガにも似ている部分があることから「日本最古の漫画」の異名も。

同じくジブリ作品「平成狸合戦ぽんぽこ」も、実は旧日本軍を意識していて皮肉の効いた鳥獣戯画だという声もあります。

●高畑勲監督 「おもひでぽろぽろ」主題歌「the rose」の訳詞書いた


高畑勲監督のジブリ作品「おもひでぽろぽろ」の主題歌は、ベット・ミドラーの名曲「the rose」を都はるみさんがカヴァーした「愛は花、君はその種子」ですが、その訳詞は高畑勲監督が書いています。

やさしさと厳しさが同居した高畑勲監督ならではの「the rose」

“やさしさを 押し流す
愛 それは川

魂を 切り裂く
愛 それはナイフ

とめどない 渇きが
愛だと いうけれど

愛は花 生命の花
きみは その種子

挫けるのを 恐れて
躍らない きみのこころ

醒めるのを 恐れて
チャンス逃す きみの夢

奪われるのが 嫌さに
与えない こころ

死ぬのを 恐れて
生きることが 出来ない

長い夜 ただひとり
遠い道 ただひとり

愛なんて 来やしない
そう おもうときには

思いだしてごらん 冬
雪に 埋もれていても

種子は春 おひさまの
愛で 花ひらく”
引用:http://lyrics-jp.blogspot.jp/2014/11/miyako-harumi-the-rose.html

 
 

・スポンサードリンク

 
 

●高畑勲監督 宮崎駿との関係


高畑勲監督と宮崎駿監督は親友であり、作り手としてライバル。

高畑勲監督と宮崎駿監督は東映動画時代の先輩後輩の関係で、労働組合では高畑勲監督が副委員長で宮崎駿監督が書記長という関係でした。

ジブリを設立前の時代、1974年「アルプスの少女ハイジ」は、高畑勲さんが監督と演出、宮崎駿さんがアニメーターでした。

1978年「未来少年コナン」で、宮崎駿さんが初めての監督で苦しんでいたときは高畑勲さんが助けたりもしました。

ジブリを設立し「風の谷のナウシカ」を制作するとき宮崎駿監督は、高畑勲監督にプロデューサーをしてもらいたかったのですが、鈴木敏夫プロデューサーを通して高畑勲監督は自分には向いていないと断固拒否。

宮崎駿監督は鈴木敏夫さんを飲みに誘い、号泣しながら「高畑勲に自分の全青春を捧げた。何も返してもらっていない」と嘆いたそうです。

●高畑勲監督 あだ名「パクさん」の由来


高畑勲監督の愛称は「パクさん」

「パクさん」の由来は、高畑勲監督が若かった東映時代、遅刻魔で、食パンが好きでいつもパクパク食べていたから、宮崎駿監督や鈴木敏夫プロデューサーがつけたあだ名。

韓国人によくある名前「パクさん」ではなく、食パンが由来だったのでした。当然、韓国籍ではないです。

他にもあだ名があって、こだわりが強く遅筆だったから、宮崎駿監督が「ナマケモノの子孫」と呼んだり。

●ネットの反応


御冥福をお祈りいたします。

 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. 【シェフ】キャストとドラマ最終回ネタバレ。結末は「天海祐希が給食…
  2. 黛ジュンの今は?2度の不倫に先輩歌手とのトラブルで毎日涙!兄も作…
  3. 【フライデー詳細】武豊と小浦愛のキス不倫画像で嫁と離婚?美馬怜子…
  4. ドラマ【3人のパパ】関西など放送地域と最終回のネタバレ。原作のな…
  5. 【24時間テレビ2017マラソンランナー】候補者から誰か予測と理…
  6. 【フライデー不倫】マギーとハイスタ横山健がバズリズム共演で「イン…
  7. 【結婚して引退】フェアリンの彼氏は松本バッチ!指輪は?「本名は2…
  8. 【有吉ゼミ】あばれる君の嫁の出産がテレビ番組で放送されると話題「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP