Health & Beauty

お肉を食べてもOK!【男性ホルモンダイエットのやり方】食事と自宅でできる筋トレメニュー(ぽっちゃりママのダイエット奮闘記)

お肉を食べてもOKな「男性ホルモンダイエット」のやり方が、2017年3月8日放送「ぽっちゃりママのダイエット奮闘記」で実践されたので紹介します。
食事メニューと、自宅でできる筋トレメニューも紹介します。

「男性ホルモンダイエット」とは、一見すると糖質制限ダイエットですが、大事なのは筋トレ。
筋肉をつけて代謝をあげることで、脂肪燃焼を促し痩せるという仕組みです。
 
 

スポンサードリンク

 
 

●【男性ホルモンダイエット】やり方!


お肉を食べてもOK「男性ホルモンダイエット」
脂質を摂ったほうが良いので、ふつうにモモ肉など食べても大丈夫です。

■なぜ肉を食べても良いのか?理由は・・

肉を食べると
1.脂質&タンパク質が性ホルモンのもとに

2.男性ホルモンによって筋肉が発達

3.基礎代謝が上がり脂肪燃焼!

肉に含まれる脂質&タンパク質が性ホルモンの分泌に必要です。
男性ホルモンには筋肉を発達させやすくする効果があり、筋肉が発達すれば基礎代謝があがるため、体の中の脂肪燃焼が期待できます。

■逆に、食べるのを控えた方が良い食べ物もある

「男性ホルモンダイエット」では糖質カットが特徴です。
プリンや梅酒はNG。
根菜類などの野菜もダイエットに制限があります。
実は糖分がけっこう多いからです。

★食べていいもの
 脂質とタンパク質を多く含む食品と
 根菜類以外の野菜
 ・肉 ・魚 ・卵
 ・チーズ ・根菜類以外の野菜
★摂取を控えるもの
 ご飯・パン・麺など糖質を多く含む食品はNG
 お酒やケーキもNG

■食事制限と共に重要なのがトレーニング!

一番大事なのは「足のトレーニング」
下半身の筋肉量は全体の70%を占めます。
なので下半身を鍛えることで効率よく代謝があがります。

下半身の筋トレを重点的に行うことで美しい体を目指す!

●【男性ホルモンダイエット】食事と自宅で出来る筋トレ!


2017年3月8日放送「ぽっちゃりママのダイエット奮闘記」で実践された食事と自宅での筋トレです。

■食事メニュー

1日目の夕食
・牛肉の塩コショウ酢炒め七味がけ
・ほうれん草と卵のすまし汁
2日目の朝食
・水菜と白菜のコンソメスープ
・目玉焼き
2日目の昼食
・牛もも肉のステーキ
・えのきと玉ねぎのスープ
・ブロッコリー

■自宅で出来る筋トレメニュー

・カエルスクワット
 カエルのように膝を開いて腰を下ろし30回
 太ももの内側が鍛えられる
・脚回し
・スクワット30回
・つま先立ち50回
・腕立て伏せ30回
・腹筋30回
・背筋30回
これらを日課として行います。

●【男性ホルモンダイエット】実践した結果


2017年3月8日放送「ぽっちゃりママのダイエット奮闘記」
挑戦したのは瀬山ママ。
身長165cm 体重87.85kg 体脂肪率45.8%
ウエスト107.5cm
肉が好物で、お酒も大好き。
2か月で75kgが目標です。


1週間目
 85.6kg(-2.2kg)
 筋肉が増えれば脂肪燃焼が増えるので大丈夫です。
18日目
 79.6kg(-6kg)
37日目
 77.7kg(-2kg)
 ※30日目にインフルエンザを患い食欲がなかった影響
42日目
 体重が落ちない停滞期に突入
 ここでチートデーを実施
■チートデー
ダイエットに慣れてくると体が代謝を抑える働きをします。
そこで、1日だけ食べる量を増やし代謝アップ&ストレス解消を狙います。
その結果、75kgに到達しました。

58日目
 72.85kg(目標-15kgを達成!)

●【男性ホルモンダイエット】紹介したのはこの人


パーソナルトレーナーの田中賢さん
2か月半で25kg減量を成功させた実績を持ちます。

浦和にあるジム「ビアンカ(BIANCA)」代表です。

●ネットの反応


 

 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. 【オールインワン化粧品】20代人気ランキングと、メリット・デメリ…
  2. レディーガガが病名公表「線維筋痛症」の原因・症状・治療法は?認知…
  3. 松来未祐の死因EBウイルス(caebv症状)公表は涙の訴え「難病…
  4. 【2017年花粉症のピーク】東京と大阪はいつまでなの。「スギ・ヒ…
  5. 食べ過ぎをやめるオススメの方法。「水を飲むだけ」「満腹中枢を刺激…
  6. えごま油の効能と摂取方法を紹介。寝る前の時間に少しの量で美肌ダイ…
  7. チアシードの食べ方と水に浸す量や時間が知りたい「生きる源といわれ…
  8. 風邪で微熱が続くだるい毎日…治すにはとにかく寝ることが大切!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP