Entertainment

【モアナと伝説の海】日本版吹き替え声優が知りたい「主題歌もいいけど劇中歌もよい」

ディズニー新作アニメ映画「モアナと伝説の海」の主題歌や日本版吹き替え声優について紹介します。
公開日は3月10日。もうすぐです。

「モアナと伝説の海」は、海に選ばれた少女の物語。
この世界を産んだのは、命の女神テフティ。彼女の心が盗まれたときこの世に闇が生まれました。
しかし闇がすべてを覆いつくす前に、海に選ばれし者が現れます。
平和をもたらすために・・・それがモアナでした。

日本版を見るとき、吹き替え声優はかなり重要ですね。
場合によってはせっかくの傑作が台無しになりかねないです。
「モアナと伝説の海」では、モアナ役に異例の新人抜擢をしていますが、個人的にはばっちりハマリ役だと思います!

監督は「リトル・マーメイド」「アラジン」などのロン・クレメンツ監督とジョン・マスター監督の名匠コンビなので、間違いなく傑作となるでしょう!
公開が待ち遠しいですね!
 
 

スポンサードリンク

 
 

●映画「モアナと伝説の海」あらすじと予告動画


まずはあらすじをチェックです。

海に選ばれた16才の少女モアナ──海が大好きな彼女は、島の外に出ることを禁じられながらも、幼い頃に海と“ある出会い”をしたことで、愛する人々を救うべく運命づけられる。
それは、命の女神テ・フィティの盗まれた“心”を取り戻し、世界を闇から守ること。
神秘の大海原へ飛び出した彼女は、伝説の英雄マウイと出会い、世界を救う冒険に挑む。
立ちはだかる困難に悩み傷つきながらも、自分の進むべき道を見つけていくモアナだったが…。
引用:http://www.disney.co.jp/movie/moana/about.html
予告動画:

「モアナと伝説の海」はラブロマンスではなく、冒険活劇ですね。

●映画「モアナと伝説の海」主題歌


マウイが歌う劇中歌も注目です。

●映画「モアナと伝説の海」日本版吹き替え声優キャスト


■世界を救う冒険へ

● 16才の少女:モアナ
(日本版吹き替え声優:屋比久知奈)


 海に選ばれた少女。
 小さな頃「ある体験」をしたことで海と深い絆で結ばれた友達に。
 村長である父の跡継ぎとして島のリーダーになると期待されている。
 世界を救うため海に選ばれて悩むが、愛する人たちと平和のために冒険に繰り出す。

 ※モアナの声優を務める屋比久知奈さんは沖縄県出身22才。
 女優業を始めたばかりの無名の新人が抜擢されました。
 ディズニー史上最大規模のオーディションでモアナ役に選ばれました。
 現在、琉球大学・法文学部国際言語文化学科英語文化専攻の4年生。
 アメリカ留学経験もあり、TOEIC915点。
 4才から習ったバレエは指導者レベルの腕前です。
 海に囲まれた島という点では沖縄は、モアナの生まれ育った島と同じですね。
 モアナは海に選ばれましたが、屋比久知奈さんはディズニーに選ばれました。
 リアル・モアナに注目です。

● 伝説の英雄:半神半人マウイ
(日本版吹き替え声優:尾上松也)


 風と海の守り神。命知らずな自信家。
 神から授かった巨大釣り針を使って、自然現象を自在に操り、生物にも変身することができる。
 しかし「テ・フィティの心」を盗んだことで、釣り針の力は失った。
 さらに1000年間ある島に閉じ込められてしまい、モアナと出会ったことで船で脱出できる。
 もう一度英雄になるため、モアナとともに冒険の旅へ出かける。
 ● タトゥー:ミニマウイ
  体のあるタトゥーは人格を持った彼のの分身。
  そして本心であり良心。
  話すことはできないが、ジェスチャーで意思疎通する。
  マウイが横柄な態度や、モラルに反したことをしようとするとブレーキをかける。

 ※伝説の英雄マウイの日本語版吹き替え声優を担当するのは、歌舞伎俳優の尾上松也さん(32才)。
  尾上松也さんのコメント

「マウイはノリが軽くて明るく奔放なキャラクターに見えるのですが、実は傷つきやすく繊細。繊細な自分を守るため明るく元気に振る舞って虚勢を張っているだけで、そんな姿に誰もが共感し、身近に感じられるのではないかと思います」

● モアナのペット:ニワトリのヘイヘイ


 知能指数はほぼゼロで、前進する・エサをついばむ・叫ぶ これしかできない。
 周囲は役立たずだと見ているが、モアナはヘイヘイが実は賢いと信じる。
 目の前にあるモノはなんでもエサにしてしまうクセが原因で、しょっちゅう騒動のもとに。
 モアナが乗る舟にうっかり乗ってしまい、旅のお共をすることになった。
● モアナのペット:子豚のプア


 泣き虫で怖がり。モアナに忠実でしょっちゅう一緒にいる。
 天真爛漫でいつも元気。
 モアナと共に海へ出ようとした時に波にのまれ、なんとか生還したことがある。
 それからは海が怖くて、島でモアナの帰りを待つようになった。

■テ・フィティの心

● 女神テ・フィティ
 この世界を産んだのは、命の女神テフティ。
 彼女の心が盗まれたときこの世に闇が生まれた。
 だが闇がすべてを覆いつくす前に、海に選ばれし者が現れる。平和をもたらすために。
● 海
 普通の人が見たらただの海。
 しかし特別な者には違って見える。
 実は感情豊かで、色々とかたちを変えて意思を伝えてくる。
 世界を救えるのはモアナだと信じて、海の底に沈んでいた「テ・フィティの心」を託す。

 
 

・スポンサードリンク

 
 

■「テ・フィティの心」を狙う

● 残忍なココナッツ海賊:カカモラ


 ココナッツの鎧を身にまとい可愛いが、中身は冷酷で残忍。
 武器は毒矢だ。
 棲みかでもある舟は、海の漂流物で覆われている。
 宝に目がなく、手に入れるためには情け容赦なく襲いかかる恐ろしい海賊。
 モアナが持つ「テ・フィティの心」を狙う。

● カニのモンスター:タマトア
(日本版吹き替え声優:ROLLY)


 海底にある魔物の国「ラロタイ」の住民。
 光輝くもののコレクターで、昔マウイが失くした神の釣り針もコレクションのひとつ。
 自己中でうぬぼれ屋さん。
 キラめく宝飾品をまとった自分が最高に美しくカッコイイと自画自賛する。

 ※タマトアの声優は、ミュージシャンのROLLYさん。
 デビッドボウイなどグラムロックをルーツに持つROLLYさんにぴったりです。

■モアナの家族

● モアナの祖母:タラおばあちゃん
(日本版吹き替え声優:夏木マリ)


 島の歴史と伝説に詳しいので子供たちに語り伝えている。
 不思議なことを言うので島では変わり者扱い。
 モアナが海に選ばれたことに気づいたのは唯一タラだけ。 
 背中にエイのタトゥーあり。
 モアナのよき相談相手であり「自分の心に従いなさい」と背中を押してくれる。

 ※夏木マリさんはデズィニー声優初挑戦ですが、お婆ちゃんの役はいつかやってみたいと思っていたそうで、相思相愛ですね。
 ディズニー側も、歌も歌える役柄ということもあって夏木マリさん以外いないと思って依頼したそうです。

● モアナの父で村長:トゥイ
(日本版吹き替え声優:安崎求(あざきもとむ))
 島の住民から尊敬され頼りにされるリーダー。
 モアナには跡継ぎになってほしいと思っている。
 厳格で頑固な面があり、伝統を重んじるあまり「航海を禁じる」という島の掟を厳守してきた。
 しかし実はモアナと似た一面もあり、一番心配もしている。

● モアナの母:シーナ
(日本版吹き替え声優:中村千絵)
 愛情と思いやりのある芯の強い女性。
 リーダーの旦那と一緒に島民の暮らしを支える。
 モアナを危険な目に会わせたくないと思う一方、海に出たいという娘の気持ちを尊重して、そっと旅に送り出してくれる母親。

モアナと伝説の海、公開が待ち遠しいですね!
 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. 【フライデー詳細】瑛太が暴行?錦戸亮をボコボコで逮捕なら大変「ラ…
  2. 【好きな人がいること】最終回ネタバレ。原作なしの結末は「美咲と夏…
  3. 【妊娠➝彼氏と結婚】AAA伊藤千晃の旦那は40代実業家男性「相手…
  4. 【奥様は、取り扱い注意】キャストと最終回ネタバレ。結末は「秘密の…
  5. 野沢直子の妹は隠し子!(画像)馬主の父親死去で名前が発覚、タイ人…
  6. ドラマ【母になる】息子役が可愛い吉武歓と道枝駿佑「キャストのコメ…
  7. 映画【PとJK】あらすじと漫画最新9巻の最終話読んでネタバレ。結…
  8. ドラマ【新宿セブン】放送地域一覧とキャスト「関西は大阪テレビあり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP