Entertainment

【不能犯】映画ネタバレ。キャストのあらすじ結末は「タケルがまさかの…多田は宇相吹を?マインドコントロールがヤバイ」

松坂桃李さん主演映画「不能犯」のキャスト・あらすじと、原作本を読んだので結末までネタバレ紹介します。

映画「不能犯」の原作は、宮月新さん原作・神崎裕也さん作画による人気漫画。映画版は小説で結末を迎えています。

不能犯とは、犯罪を目的としながら、犯罪の実現が不可能な行為。例えば殺意をもって呪いの呪文を唱えても人は殺せない。結果にかかわらずその行為自体は犯罪の成立が不可能。どこかの公園にある電話ボックスの裏に、殺したい理由と連絡先を残しておくと、タダで殺してくれるという。しかし殺したい気持ちが純粋じゃないと依頼人も・・・

キャスト・あらすじと、原作本を読んだので結末までネタバレ紹介するので、映画「不能犯」に興味のある人は参考になったら幸いです。
 
 

スポンサードリンク

 
 

●松坂桃李・映画「不能犯」キャスト


■不能犯■

● 宇相吹正(松坂桃李)
 狂言回し。視線ひとつで人間を死に導く男

■警察■

● 多田友子(沢尻エリカ)
 宇相吹正がただ1人コントロールできない正義を貫く女刑事
● 熱血新人刑事:百々瀬麻雄(新田真剣佑)
 大学で心理学を学んだ
● 頼れる先輩刑事:赤井芳樹(テット・ワダ)
● 冷静な若手刑事:若松亮平(菅谷哲也)
● ベテラン鑑識官:河津村宏(安田顕)
● 河津村の後輩監視官:前川夏海(岡崎紗絵)

★CASE1 TARGET:木島功/金融会社社長

● 悪徳金融業者:木島功(水上剣星)


★CASE2 TARGET:鳥森広志/町内会会長

● 嫁を愛する旦那:羽根田健(忍成修吾)
● 健の嫁:羽根田桃香(水上京香)
● 町内会会長:鳥森広志(小林稔侍)
 羽根田夫婦が住む街の町内会会長


★CASE3 TARGET:夜目美冬/多田刑事の上司

● 夜目美冬(矢田亜希子)
 多田の先輩・キャリア女刑事


★CASE3 TARGET:夢原理沙/ジュエリーデザイナー

● 夢原理沙(芦名星)
 成功したジュエリーデザイナー
● 理沙の妹:木村優(真野恵里菜)
 借金まみれの風俗嬢
● 美しい看護師:西冴子(堀田茜)


★連続爆破事件

● 川端タケル(間宮祥太朗)
 更生した元不良少年
● 櫻井俊雄(今野浩喜)
 タケルの先輩料理人

■ほか
● 加島夏美(永尾まりや)
● 矢崎太一(鈴之助)
● 風間雅之(森岡豊)
● 荒川晋平(松本享恭)
● 上野琢巳(松澤匠)
● 箕輪修(タイチ)

●松坂桃李・映画「不能犯」あらすじ


「・・・愚かだね、人間は」

都会のど真ん中で、次々と起こる変死事件。
現場では、必ず黒のスーツ男が目撃される。
男の名は宇相吹正(松坂桃李)。
ある電話ボックスに殺してほしい理由と連絡先を残すと、
”願い”を叶えてくれる男だ。
ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。
さらに、ターゲットは確実に死に至るのだが、
その死因は病死や自殺に事故・・・
そう、宇相吹の犯行は、《見つめるだけで相手を死に追いやる》ため、罪には問われない《不能犯》なのだ。果たして、その手口とは・・・?

★CASE1 TARGET:木島功/金融会社社長
■依頼人:のちに意外な人物と判明
「人生、終わりにしたくなかったら用意しとけ!」
真昼のカフェで、金を返さない客に向かって、携帯電話で木島(水上剣星)。
そこへ宇相吹が近づき、ガムシロップを注いだグラスの水をいきなり木島の顔にぶっかける。
いきり立つ木島だが、ニタァと笑う宇相吹の赤く光る目に魅入られ・・・

★CASE2 TARGET:鳥森広志/町内会会長
■依頼人:羽根田健/鳥森の近隣に住む会社員
羽根田(忍成修吾)は怒りに震えていた。
部屋を覗いたり、ゴミ袋の中を確認したりするなど、異常な行動を重ねていた町内会会長の鳥森(小林稔侍)が、妻の桃香(水上京香)に乱暴したのだ。
羽根田は警察に通報すると鳥森に詰め寄るが、いったい何のことなのか、警察に全部しゃべると脅される。恐怖を抱いた羽根田は宇相吹に殺人を依頼する。

★CASE3 TARGET:夜目美冬/多田刑事の上司
■依頼人:河津村宏/鑑識官
警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、ベテラン刑事の夜目(矢田亜希子)が任意で取り調べる。
「僕は、やってません」という宇相吹の言葉にピクリと反応する夜目。
以前、夜目は電車で痴漢した高校生を現行犯逮捕したのだが、彼は無実を主張した末に、留置所で自殺してしまっていた・・・

★CASE4 TARGET:夢原理沙/ジュエリーデザイナー
■依頼人:木村優/離れて暮らす理沙の妹
「絶対、許さない。お願い、こいつを!」と、風俗で働く優(真野恵里菜)は、両親の離婚が原因で別々で育った姉の理沙(芦名星)への嫉妬と憎悪を宇相吹にぶつける。
父親の借金返済に苦しんだ自分と違って、母親に引き取られて幸せに育った姉は、もうすぐ大学病院の院長候補の男と結婚するのだ。そして優は宇相吹に抹殺よりもっと恐ろしい依頼をする。

★連続爆破事件
多田友子刑事(沢尻エリカ)が自ら更生させた元不良少年・タケル(間宮祥太朗)が料理人を務める店で飲んでいると、TVから公園での大爆発のニュースが流れる。
去年の暮れに起きた神社での爆破事件と手口が酷似していた。
多田は悪の撲滅にあらためて闘志を燃やし、部下で新人の百々瀬麻雄(新田真剣佑)と共に捜査を進めるが、何の手掛かりもつかめぬまま、3度目の爆発が起こり、またしても犠牲者が出てしまう。
だが、この時、彼女は思いもしなかった。
まさか連続爆破事件と宇相吹の事件が繋がり、壮大な事件へと発展するとは・・・。
そして遂に、2人の壮絶な対決の時がやって来る!

引用:http://funohan.jp/story.html
予告動画:

 
 

・スポンサードリンク

 
 

●松坂桃李・映画「不能犯」原作本読んで結末ネタバレ


映画「不能犯」の原作は、宮月新さん原作・神崎裕也さん作画による人気漫画。映画版は小説で結末を迎えています。

原作本を読んだので結末までネタバレ紹介します。

★不能犯とは
犯罪を目的としながら、犯罪の実現が不可能な行為。例えば殺意をもって呪いの呪文を唱えても人は殺せない。結果にかかわらずその行為自体は犯罪の成立が不可能。
犯罪を意図した行為でもその実現が不可能であれば、罪に問われない。

★電話ボックスの男
どこかの公園にある電話ボックスの裏に、殺したい理由と連絡先を残しておくと、タダで殺してくれるという。しかし殺したい気持ちが純粋じゃないと依頼人も・・・

■ネタバレ1 木島

★CASE1 TARGET:木島功/金融会社社長
■依頼人:のちに意外な人物と判明
「人生、終わりにしたくなかったら用意しとけ!」
真昼のカフェで悪徳金融業者の木島功(水上剣星)は金を借りた客に怒鳴る。

そこへ黒いスーツを着た全身黒ずくめで紙袋を持った宇相吹正(松坂桃李)が現れ「あなた人生が終わるときのことを想像したことがありますか?」と言ったあとガムシロップを注いだグラスの水をいきなり木島の顔にぶっかけた。

次の瞬間、宇相吹の左目が真っ赤に染まり「その匂い、スズメバチが好むんです」と言うと紙袋から、大量のスズメバチが入ったガラス瓶を取り出した。木島が銃をぬこうとすると宇相吹が瓶のフタを開け、スズメバチが一斉に木島に容赦なく襲い掛かった。

その頃、多田友子刑事(沢尻エリカ)は新人の百々瀬麻雄刑事(新田真剣佑)を連れて、杉並区のボロアパート105号室の上野豚己を逃走劇のすえ逮捕。上野は木島の命令で、借金を保険金で回収するため、自殺に見せかけて女性客を殺していた。

よし木島を逮捕だというとき、木島が死んだという連絡が。現場のカフェに急行すると木島の顔はハチに刺されたよう腫れあがっていて苦悶の表情を浮かべていた。毒殺か?そばには「枯れ葉の入った花瓶が置いてあった。

木島の死因は心筋梗塞だった。男にかけられた水はただの水で枯れ葉も含め毒物反応はなし。

現場にいた黒いスーツの男に多田刑事は心当たりがあった。3か月前、結婚詐欺を働いた女性が、男に刺されたと言い残して死んだが、刺された形跡はなく無傷で死因は心筋梗塞だった。

■ネタバレ2 鳥森

★CASE2 TARGET:鳥森広志/町内会会長
■依頼人:羽根田健/鳥森の近隣に住む会社員
羽根田健(忍成修吾)と嫁の桃香(水上京香)は幸せな結婚生活を送っていたが最近、隣に住む町内会会長の鳥森広志(小林稔侍)が部屋を覗いたりゴミ袋の中を確認したりして困っていた。

ある日、健が帰宅する桃香が鳥森に乱暴されたといい、健が「警察に通報する」と鳥森に詰め寄るが「そんなことしたら全部警察に話す。奥さんも全部しゃべらないといけなくなる」と逆に脅される。怒りに震える健はネットで都市伝説を検索し『電話ボックスの男』に鳥森殺しを依頼した。

一方、百々瀬刑事は一連の事件はプラシーボ効果=思い込みが死因ではないかと考察。ベトナム戦争では軽症なのに死ぬと思い込んで死んだ兵士が多かった。多田刑事はおおいに参考になったが、赤井刑事からは立証できないだろとダメ出しされる。

鳥森の前に宇相吹が現れ、中身がタバコだらけで真っ黒のペットボトルを飲ませて殺した。実際にはただの水だ。宇相吹は健に鳥森殺し成功を伝え、鳥森がゴミ袋から盗んだものを入れた封筒を渡す。

鳥森が死んで安心した健が早めに帰宅すると、クラブミュージックが爆音で流れ、部屋は床に女が2人、ベッドには入れ墨の男と桃香がいてなんと麻薬をやっていた。

封筒には注射器と鳥森のメモが入っていて、ゴミ袋から注射器を発見したこと、ガラの悪い連中が羽根田家に出入りしてること、桃香を説得したら拒絶されたこと、通報すべきか悩んでいることが書いてあった。

鳥森に乱暴されたというのは桃香のウソだった。激怒した健は灰皿で入れ墨男と床の女2人を撲殺。すると楽しみを奪われた桃香が怒って健を包丁で刺し、健は桃香のことも撲殺して、全員死亡した。

その後、現場に宇相吹が現れて多田刑事たちは任意同行した。

■ネタバレ3 夜目

★CASE3 TARGET:夜目美冬/多田刑事の上司
■依頼人:河津村宏/鑑識官
宇相吹正という名前は戸籍データに存在しなかった。宇相吹の取り調べはベテラン刑事の夜目(矢田亜希子)が担当。

宇相吹が「首をくくればいいですか?僕はやってません」と言うと夜目は宇相吹が見覚えのある高校生の少年に見えた。すると宇相吹の人差し指のタトゥーの虫が、夜目の右手首を這いずり回り夜目は痛みで悲鳴をあげた。宇相吹は任意同行を理由に帰っていった。夜目の右手首は腫れあがったが毒物は検出されなかった。

以前、夜目は電車で痴漢した高校生を現行犯逮捕したのだが、彼は無実を主張した末に、留置所で自殺してしまっていた。少年は父を呼ぶよう懇願していたが夜目は「お父さんも罪を認めてほしいと言ってる」と嘘をついていた。その父親とはあとで鑑識官の河津村だとわかったが、河津村は夜目を責めなかった。

夜目が帰宅すると宇相吹から電話があり彼の幻を見て動揺する。怖気が走って風呂に入ると、右手首の腫れが、河津村少年の顔に変わり「僕はやってません!」と叫んだ。パニックに陥った夜目はカミソリで少年の顔を切り刻み、浴槽は血だらけになって夜目は溺死した。

その後、河津村は宇相吹に会い夜目を殺してくれた礼を言う。河津村は夜目を許してなんかおらずずっと憎んでいたので、死んで同僚に裸を見られてざまあ見ろとスッキリ、息子の復讐は終わった。しかし宇相吹は「あなたの殺意は濁ってる」と指摘。

河津村が「不純も何もない。夜目を殺してくれと頼んだだけ」と答えた瞬間、場所が刑事部屋に変わり、多田刑事たちが聞いていた。あわてて河津村は逃げ出すが、足元を夜目の亡霊に抑えられ、階段から転げ落ちて死んだ。

■ネタバレ4 優

★CASE4 TARGET:夢原理沙/ジュエリーデザイナー
■依頼人:木村優/離れて暮らす理沙の妹
風〇で働く優(真野恵里菜)は10才で両親の離婚がし、姉の理沙(芦名星)は母親が引き取り、優は父親が引き取った。しかし父親は働かなくなり借金もあったのでやむを得ず風〇で働いていた。

一方で母親に引き取られてジュエリーデザイナーになった姉がもうすぐ大学病院の院長候補の男と結婚するとネットの記事で知り、優はお祝いの手紙を送ったが返事がなく、店を訪ねたらあからさまに無視され、強く憎むようになった。「絶対、許さない。お願い、こいつを!」

宇相吹は、式場の下見に行く姉の理沙(芦名星)を待ち伏せた。不審に思った理沙は車を運転して去ったが、手がオイルでべたついていた。車をいったん止めようとしたがブレーキが利かない。理沙の車は右折したトラックと激しくぶつかった。

世間では公園で連続爆破テロが起きていた。

多田刑事が和食居酒屋「桂」でタケルと飲んだあと、泥酔して1人で帰宅中、なんと宇相吹が現れオモチャのナイフで刺してきて遊ばれた。宇相吹によると多田刑事にはマンイドコントロールが効かず、未知の領域をもっていて支配されない人間だから「ぼくを殺せるかもしれない」と。

宇相吹の目的は人間のもろさと強さ、どちらが本当の姿をを知ることで、殺人ではなく本人が闇を望んでいるからだと。宇相吹は住所の記載されたカードを多田刑事に渡して帰っていった。

■ネタバレ5 理沙

理沙は事故後、婚約者の勤務する病院に搬送されたが奇跡的にほとんど無傷だったが、念のため検査入院することに。多田刑事は理沙に写真を見せ、宇相吹と会っていたことが判明。やはりハンドルにオイルは付着しておらず、ブレーキも細工されていなかった。

婚約者は看護師の西冴子(堀田茜)と一緒に仕事をしていて理沙は嫉妬した。病院食を食べるとなぜか宇相吹が現れ、食事は真っ黒に染まるが幻だ。興奮する理沙をよそに婚約者は西冴子の腰に手をやり部屋を出ていく。

理沙が2人のあと尾行するとキスを目撃。理沙は医療用カートからハサミを奪い、婚約者の首をめった刺しにした。キスは幻だった。理沙は婚約者が西冴子を好きになって宇相吹に依頼したと勘違い「やらないと私が殺されてたの!信じて!」理沙は婚約者殺しで逮捕された。

宇相吹から結果報告を受けた優は上機嫌だ。宇相吹は理沙の車のダッシュボードにあった封筒を優に送った。中身を開けると結婚式の招待状と理沙からの手紙だった。思わず無視したことを謝り、店で働かないかと誘う内容だった。優は姉を不幸のどん底に突き落とした自分を憎み、ドアノブで首つり自殺した。

■ネタバレ6 百々瀬刑事

理沙は、優が携帯に残した謝罪のメッセージを聞いて涙。同時に自分ら姉妹の人生をめちゃくちゃくにした宇相吹を恨む。

一方、百々瀬刑事がラーメン屋で食事中に爆破事件に巻き込まれ、店内にいた女性をかばい瀕死の重傷を負った。女性は無事だった。

■ネタバレ7 理沙の死

精神がボロボロになった理沙は、百々瀬刑事と同じ病院に搬送された。そして多田刑事が「宇相吹を殺すしかない」と廊下で話しているのを偶然聞いてしまう。

理沙は多田刑事が同情して手錠を外してくれたので、隙を見て花瓶を割りガラスの破片を隠し持つ。そして警察署に移送されるとき、若松刑事の首をガラスの破片で切って人質にし、多田刑事に車を運転させ、宇相吹のところへ連れていかせた。

多田刑事が宇相吹から受け取ったカードに記載された住所は、西東京の廃墟ホテルだった。

理沙は若松刑事を人質にして、多田刑事に宇相吹を殺すよう求める。しかし多田刑事は刑事である自分に従い宇相吹を殺すことはできなかった。すると理沙は宇相吹の目の前に行き、自分の首を切って自殺し、ガラスの破片を宇相吹の手に持たせ、「宇相吹が理沙を殺した」と証言するよう多田刑事に求めて死んだ。若松刑事も出血多量で死んだ。

あとから駆け付けた赤井刑事たちによって宇相吹は理沙殺人容疑で逮捕。しかし多田刑事は悩んだすえ、理沙は自殺したと証言し、宇相吹は釈放された。

■ネタバレ8 タケルがまさか

多田刑事が集中治療室の百々瀬刑事の病室にいると、彼女を心配したタケルがリュックを背負って現れた。水筒から差し出されたお茶をのむと多田刑事は深い眠りに落ちた。

多田刑事が気がつくと病院の8階の無人フロアだった。なんとタケルは一連の爆弾事件の犯人で、多田刑事を裏切るこの日のために更生したとずっと嘘をついていたという。

木島功を殺すよう宇相吹に依頼したのはタケルだった。爆弾を作るための資金を借りたからだ。そして百々瀬刑事の病室と近所の幼稚園に爆弾をしかけたから、どちらを爆発させるか10分で選べと。

その時、タケルを殺しに宇相吹が現れた。タケルの職場の先輩料理人・櫻井から、タケルが生意気だから殺すよう依頼を受けたという。宇相吹は目を赤く光らせ「五寸釘打たれたことありますか?」するとタケルはエイスキリストのように五寸釘を4本打たれダクトに固定された。

宇相吹がタケルを殺そうとすると多田刑事が止めに入り、仕方なく宇相吹の腹に包丁を刺した。

多田刑事はタケルに手錠をはめ赤井刑事に電話して、百々瀬刑事の病室と近所の幼稚園に爆弾が仕掛けられていることを伝える。一方タケルは力づくでパイプを壊して逃走。

■結末ネタバレ!

病院内に非常ベルがなり緊急避難が始まる。多田刑事は百々瀬刑事の病室から爆弾を持ち出し、屋上に置く。

タケルが1階で公衆電話を見つけ、爆弾を爆破させるため電話をかけると屋上に置いた爆弾が爆破。多田刑事は爆風で負傷した。

タケルは続いて幼稚園の爆弾を爆破するため電話をかけようとするが、宇相吹が現れ、タケルの足元で爆弾が爆破する幻を見せ、タケルは重度の火傷を負い死んだ。

多田刑事は負傷しながらも百々瀬刑事の病室に行くと、彼は意識を取り戻した。

■エピローグ

2か月後、百々瀬刑事は復帰を目指してリハビリ中。多田刑事は今まで「新人」と呼んでいたが今は「百々瀬」と呼んでいるし、ほめると伸びるタイプだとわかった。

宇相吹は相変わらず不能犯として警察は手を出せずにいる。

ある日、女性が殺される事件がおき、現場で多田刑事は宇相吹に遭遇する。「いつ殺してくれるんですか?」と聞かれ多田刑事は「あんたのルールじゃ動かない!私は希望であんたを殺す!」と答えた。

すると宇相吹はニヤリと笑い去っていった。「愚かだね・・・人間は・・」

★終わり
 
 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. 【夜の声】手塚治虫のネタバレ!あらすじの結末は「悲しい愛のストー…
  2. 宮沢りえの年下ジャニーズ彼氏は誰なの「V6森田剛って噂はホントみ…
  3. 【志村けんのバカ殿2017出演者】腰元の名前と画像一覧!「グラビ…
  4. 【AKB48総選挙】歴代の最下位と投票数一覧!なぜ圏外の順位が発…
  5. 【ラスト理由は結婚】安枝瞳は古坂大魔王の本当の嫁=ピコ太郎の78…
  6. 【重大発表の結果】X JAPAN緊急サイン会で何かが起きる!YO…
  7. 【アメイジングスパイダーマン2】グウェンネタバレとあらすじ「日本…
  8. 【画像】成田美和は船越英一郎とハワイ不倫がブログ削除で決定かも「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP