Entertainment

ロスジェネの逆襲(半沢直樹2)ネタバレあらすじ結末…電脳の秘密がヤバい!東京スパイラルとフォックスの関係がドラマチック!

スポンサードリンク

堺雅人さん主演ドラマ「半沢直樹2(続編)」が放送されるにあたり、前半の原作小説「ロスジェネの逆襲」の結安まであらすじネタバレを紹介します。

「ロスジェネの逆襲」のあらすじは、バブル世代のIT企業「電脳雑伎集団(電脳)」がロスジェネ世代のIT企業「東京スパイラル」を買収するため半沢直樹の出向先「東京セントラル証券」に買収アドバイザー依頼するところから始まります。

敵と謎だらけの窮地のなかロスジェネ世代の証券マン森山が半沢とともに真相を暴いていくのですが、電脳の平山社長夫妻が隠していた秘密がヤバいです。

また、東京スパイラルとフォックスの関係が物語のキーでドラマチックなので見どころです。

結安まであらすじネタバレ紹介するので「半沢直樹2(続編)」前半の原作小説「ロスジェネの逆襲」に興味ある人は参考になれば幸いです。

●半沢直樹2原作【ロスジェネの逆襲】ネタバレ 相関図

ロスジェネの逆襲の相関図PDFはこちら

●半沢直樹2原作【ロスジェネの逆襲】ネタバレ 第一章 椅子取りゲーム

半沢直樹の出向先は東京中央銀行の子会社「東京セントラル証券」。まだ業歴が浅く、企業買収の実績もあまりないため業績は鳴かず飛ばず。今までの大口案件は銀行から回されたものばかりだから、市場の厳しさも知らない。

【電脳が東京スパイラル買収に乗り出す】

ある日、IT企業の雄「電脳雑伎集団」平山社長夫妻から、ライバルTI企業「東京スパイラル」を買収したいからと相談を受ける。

電脳の平山社長は創業5年目で上場して40才で巨額の利益を得たスター起業家で、今年で50才。平山が地味なサラリーマン風スーツに対して、副社長で嫁の美幸はド派手ファッション。

一方、東京スパイラルの瀬名社長は30才でロスジェネ世代。友人2人と起業し今や売上は一千億円をこえる。

電脳は買収に必要な1500億円の有利子負債を抱えることになりリスクが高いが、東京セントラル証券は買収戦略のアドバイザーの座に就けば巨額の手数料が転がり込んでくるのでバブル世代の諸田は浮かれる。

【アドバイザーチーム編成】

半沢の指示で諸田がアドバイザーチームを編成し、諸田はバブル世代の三木をリーダーに据えた。電脳の営業担当なのにチームから外された森山は不満げ。

ところが三木チームは1週間たっても具体的なスキームが出せず、依頼から2週間後に平山夫妻に提案するが対応が遅すぎると断られてしまう。

【銀行に横取りされ「やられたら倍返しだ」】

そんななか渡真利の情報で、買収の意向を知った東京中央銀行の証券営業部がメインバンクの立場を利用して電脳とアドバイザー契約を結んだと知る。

子会社の大仕事を横取りする理不尽な横槍!経営営業部長で巨漢の伊佐山と、証券営業部次長の野崎の仕業だ。実は裏で諸田が伊佐山に買収計画をリークして、三木の対応の遅れもわざとだった。

森山はコケにされた怒りを露わにし、半沢は「この借りは必ず返す。やられたら倍返しだ。」と宣言。親会社のエリートたちへ戦いを挑む。

●半沢直樹2原作【ロスジェネの逆襲】ネタバレ 第ニ章 奇襲攻撃

三木は銀行の証券営業部に異動したが、能力が低すぎてコピー取りをする総務に配属され「こんなはずじゃなかった」と不満が溜まる。

一方、東京スパイラルでは瀬名社長のやり方に不満をもった創業仲間の清田と加納が辞めた。その2人と接触した伊佐山はスキームをまとめて電脳の平山社長に提案し、銀行内では強引に承認を得る。

【電脳の奇襲攻撃】

後日、電脳は「時間外取引で大量株取得」という奇襲作戦で30%近く買い占めた。東京スパイラルの株を売ったのは清田と加納だった。

●半沢直樹2原作【ロスジェネの逆襲】ネタバレ 第三章 ホワイトナイト

森山と東京スパイラル瀬名社長は幼なじみで親友だったが、高校時代に瀬名の父親が株で失敗し借金を抱えて学費を払えなくなり、それ以降は音信不通となっていた。

半沢のススメで森山は瀬名と久しぶりに連絡をとり、飲みに行き、電脳を銀行に横取りされた件を話した。

一方、瀬名のもとには太洋証券が買収対抗策のアドバイザーを担当させて欲しいと提案をしてきた。

【ホワイトナイト現る】

【新株を発行してホワイトナイトとなる企業に株を買ってもらう】という提案内容で、ホワイトナイトは【パソコン周辺機器の大手フォックス】が引き受け先候補。瀬名は提案をのんで新株発行した。

しかし半沢が法律のプロである苅田にこれを話すと、新株発行で第三者に買ってもらうという案は、法に抵触する可能性があり、上場廃止になるリスクもあると判明する。

●半沢直樹2原作【ロスジェネの逆襲】ネタバレ 第四章 舞台裏の道化師たち

【フォックスが怪しい】

森山は、フォックス郷田社長が電脳を表敬訪問するところを目撃し不審に思う。フォックスと電脳は取引がない、ましてやホワイトナイトになるのになぜ?

調べるとフォックスは競争激化でリストラするほど売上が落ちてるため敵対的買収を防衛する余裕はないはず。それなのに渡真利の情報で、フォックスはメインバンクの東京中央銀行から1000憶単位の巨額支援が予定されてると知る。

だがフォックス郷田社長は、1000億円は白水銀行から資金調達したとニコニコしながら瀬名に嘘をつく。

半沢は瀬名と初めて会い、郷田社長の嘘と、太洋証券が買収対抗策の法務リスクを隠していたことを伝える。

【銀行にリークした犯人】

半沢と森山は三木を居酒屋に呼びだし、電脳の情報を銀行の伊佐山にリークした犯人が諸田だと判明する。偶然知ってしまった三木は口止めと交換に証券営業部に異動していた。後日、証券営業部に復帰が決まった諸田はリークを認めず謝罪もせず東京セントラル証券を去っていった。

【フォックスの正体】

三木からのリークで、フォックスはホワイトナイトでは無く電脳の刺客だと判明。

東京経済新聞の記者からのリークで、フォックスが株の運用失敗による巨額損失で自主再建の道を閉ざされていた事実も判明。

1000億円は新株購入資金で、ホワイトナイトとして東京スパイラルの全株を引き受けたフォックスを、電脳が買収し、大洋証券は買収スキーム協力手数料も得るという、東京中央銀行が描いたスキームだった。

【東京スパイラルのアドバイザーに】

瀬名社長は半沢森山と共に、電脳&銀行相手に戦うと決めた。

普段から「銀行を見返せ」と言ってる東京セントラル証券の岡社長も、東京スパイラルを電脳の敵対的買収から防衛するためアドバイザーになることに賛成した。銀行VS子会社証券の全面戦争だ。

●半沢直樹2原作【ロスジェネの逆襲】ネタバレ 第五章 コンゲーム

【大洋証券の嘘】

瀬名は半沢と森山を伴い、大洋証券を問い詰める。

しかし『フォックスにホワイトナイトは無理なこと』『融資元は白水ではなくて東京中央銀行』『スキームは大洋証券が考えてない』どれに対しても否定し、嘘はないと大洋証券は反論する。

だが半沢は今の会話をICレコーダーで録音して証拠とし、東京スパイラルが不利益を被ること知ってて提案したなら犯罪だ、背任か詐欺で訴訟を検討すると脅し、銀行からの内部告発リーク情報書類(スキーム図)を見せる。

トリックがバレて慌てた大洋証券は謝罪し、黒幕は東京中央銀行だと認め、洗いざらい白状した。

【公開買い付け】

電脳と銀行は当初のスキームが崩壊したため、東京スパイラルの株を公開買い付けするしかなくなった。

一方、伊佐山は半沢の介入は大洋証券のせいだと責任転嫁し、スキーム協力手数料はもみ消し手数料でチャラにする。

さらに伊佐山は三笠副頭取に、失敗の原因は大洋証券にあると匂わせ報告する。三笠は渋る中野渡頭取を説得して電脳の巨額支援をすすめたため、失敗できない。
 

●半沢直樹2原作【ロスジェネの逆襲】ネタバレ 第六章 電脳人間の憂鬱

【宣戦布告】

三笠副頭取は東京セントラル岡社長と半沢を呼び出し、東京スパイラルのアドバイザーを降りるよう説得するが、半沢は反論。

三笠「やめてくれないか」
半沢「正常な営業活動の一環です」
三笠「グループ全体の利益考えろ」
半沢「なぜ横取りした?」
三笠「効率がいいから」
半沢「事前連絡ないのはスジが通ってない」
三笠「顧客の判断だった」
半沢「ならうちも同じ。東京スパイラルから頼まれた。何が問題?中野渡頭取のスローガンは顧客第一主義だ」

お互い手加減しない宣戦布告となった。森山は半沢が銀行に戻れなくなると心配するが、半沢は「与えられた仕事に全力つくすのがサラリーマンだ。場所は関係ない」と潔い。

【フォックスを逆買収】

フォックスは東京経済新聞に経営破綻寸前だとスクープされ、株価は暴落の一途をたどる。

瀬名は郷田を許さないが、森山の提案でフォックス逆買収を決めた。公開買い付けで過半数の取得を目指す。

郷田は偽ホワイトナイトとして騙したことを瀬名に謝る一方で、先に平山と約束してるから裏切ることはできないと断る。平山の救済は名ばかりでただの買収の道具だと説得するが、郷田は平山を信じている。

郷田社長が今回のスキームに協力した理由は、東京中央銀行に相談したら電脳を紹介されたからで、会社を救うため仕方なかくやったことだった。

しかしやはり電脳は手のひらを返し、メリットがなくなったからとフォックスを救う買収をやめた。救世主は赤の他人になった。

銀行としてもフォックスへの既存与信300億円は電脳傘下になれば回収できる見込みだったため、伊佐山は困る。東京スパイラルの買収支援1500億円はフォックス救済とセットだと主張するが、電脳の平山夫妻は利用価値がなくなったと断り、アドバイザー入れ替えをちらつかせる。

絶望的な状況に陥った郷田は、瀬名の買収を受け入れることにした。

●半沢直樹2原作【ロスジェネの逆襲】ネタバレ 第七章 ガチンコ対決

【鍵はコペルニクス】

東京スパイラルがフォックスを逆買収する理由は、森山がセンスを発揮して見つけた子会社コペルニクスだったが、郷田はその価値に気付いていなかった。

コペルニクスはサンフランシスコで学生がやってる通販会社ですごく伸びており、東京スパイラルは販売ノウハウを加えて各段に飛躍させ、アメリカ市場進出への足掛かりになると見込んでる。

瀬名は郷田に、電脳と東京中央銀行の買収計画をぶっ潰すのを手伝ってほしいと味方に引き入れた。

【東京スパイラルの株価が急上昇】

フォックスは東京スパイラルに買収されたが、銀行の伊佐山や野崎らはどうせ東京スパイラルの株価は急落すると見込んでる。

電脳は東京スパイラルの株30%(元役員2人が売った分)を買ってるがまだ過半数じゃない。株価が下がるのを待っている状態。だが世間は「瀬名マジック」に期待して株価はなかなか下がらない。

そんななか突然、東京スパイラルの株価が吊り上がった!

半沢は、旧知の仲である週刊プラチナの田中記者に事業計画書をわざとリークして記事を出し、狙い通り株価は急上昇!

東京スパイラルは検索エンジン「スパイラル」のアメリカ版を刷新し、コペルニクスと連動して全米最大の通販サイトに成長させる計画。瀬名が創業者と個人的つながりのある世界最大のソフト会社「マイクロデバイス」による3億ドルの出資・提携も強力な裏付けとなる。

圧倒的な買い注文に引っ張られ高値引けになり、週刊誌を焚きつけて株価を上げる作戦は大成功。

●半沢直樹2原作【ロスジェネの逆襲】ネタバレ 第八章 伏兵の一撃

【電脳に追加支援】

こうなったら伊佐山は買い付け価格を大幅に引き上げるしかない。伊佐山は追加支援500億円の根回しを始める。電脳の平山夫妻も追加支援をせかす。

【電脳の秘密とは?】

電脳の内部では、財務部長の玉置がワンマン経営の平山夫妻に愛想をつかして辞職。フォックスの郷田社長は一目置いてる人物だったため、郷田を瀬名たちに紹介する。

玉置によると、電脳は本業での危機感がある一方で、東京スパイラル買収後の明確な絵も描けておらず焦りがある。子会社含めて相乗効果が生まれそうな資産はたくさんあるのに相乗効果もわからない東京スパイラル買収をすすめている。

しかしそもそも電脳が東京セントラル証券にアドバイザーを依頼した理由は?

半沢と森山は玉置のヒントから、電脳の隠されたとんでもない秘密を知る。

●半沢直樹2原作【ロスジェネの逆襲】ネタバレ 第九章 ロスジェネの逆襲

伊佐山は取締役会で電脳に対する追加支援を議題にあげ稟議書を提出。追加支援500億円の必要性をアピールする。

すると営業第二部長の内藤が半沢を会議室に招きいれ、半沢はゴミ扱いし、電脳の秘密を暴露する。

■電脳の秘密ネタバレ

【 営業譲渡 】

2年前、新会社「電脳電設」を設立し、「ゼネラル電設」から社員もろとも営業譲渡を受けた。

「ゼネラル電設」は業績不振で再建中の「ゼネラル産業」の子会社で、当時「ゼネラル電設」の評価総額は120億円。電脳が営業譲渡に対して支払った金額は300億円。差額が180億円もある。

「ゼネラル産業」は営業譲渡によって赤字を回避し、準主力銀行「白水銀行」での資金調達に成功した。

電脳はこの2年間、「ゼネラル産業」から総額150億円以上の受注残高があるが、それ以前に取引実績はない。

【 資金還流 】

一昨年の電脳の利益は25億円、昨年度は70億円。この利益は本当なんだろうか?

真相は、評価額と売買価格の差額180億円は、売上という形で電脳に資金還流したに過ぎない。

ソースとなる資料は森山が保管していたもので、同じものが銀行にも提出されてるから証券営業部の見逃し。

【 粉飾決算 】

電脳はなぜ大して取引実績のない「東京セントラル証券」に買収依頼したのか?

「東京中央銀行」は「ゼネラル産業グループ」のメインバンクだ。銀行が精査すれば粉飾決算がバレてしまうから。

「ゼネラル産業」に株式売却資金として還流し、電脳の「ゼネラル産業」に対する架空売り上げの原質になっている。

電脳の前期利益は25億円。計上している「ゼネラル産業」の架空売上70億円は仕入れも外注もないのでそのまま利益計上できる。

つまり電脳の前期決算は実質50億円近い赤字!

【 買収の本当の目的 】

電脳は「ゼネラル産業」に対して将来の子会社買収を約束する代わりに、子会社の営業譲渡という形で資金を還流させ、売上として計上して利益が出てるように粉飾決算した。

「東京スパイラル」を買収したい本当の目的は、そうした窮状と粉飾決算を闇に葬るための隠れ蓑として利用するため。業績好調な「東京スパイラル」と一緒になれば、赤字も粉飾もうやみやにできるから。

中野渡頭取は、不正に気付かなかったのは証券営業部の完全な失態だと叱責し、電脳への追加支援は見送りになった。

証券営業部は既存支援1500億円の回収をするよう命じられ、伊佐山は顔面蒼白。

■「電脳雑伎集団」平山夫婦の結末ネタバレ

平山夫婦は上場で巨額の創業者利益を手に入れたが、その後、競争激化で本業の収益は悪化・・・新たな収益を求めて設立した様々な会社に個人資産まで投入したが、ほぼ未回収のまま、つぎつぎ儲け話に投資したが失敗していた。

伊佐山は平山夫婦に、資金還流と架空発注の図を見せるが、平山社長は「知りません」とシラを切る。

伊佐山の目的は1つ「全額いつ返済していただけますか」

■森山の結末ネタバレ

森山は瀬名社長と祝杯をあげた。

「東京スパイラル」を裏切って電脳に大量の株を売却した元役員が、通信ビジネスを始めたが見通しが狂ったので事業を引き取ってもらい復職したいと言ってきたが、瀬名社長は断るという。

代わりに財務担当役員に信用できる森山を誘った。しかし半沢の言葉に胸を打たれた森山は会社に残り「東京スパイラル」を担当することにした。子会社コペルニクスが日米の市場から資金調達できるように事業展開を手伝うことになった。

半沢の言葉とは「お前たちロスジェネ世代が社会や組織に自分たちの真の存在意識を認めさせるべき時だ」「ロスジェネの逆襲がこれからはじまるとオレは期待してる」

■半沢直樹の結末ネタバレ

「電脳雑伎集団」はいずれ捜査当局のメスが入るだろう。既存支援1500億円が不良債権になれば銀行は損失を抱える。

逆恨みした三笠副頭取は、再建と債券回収のため半沢を「電脳雑伎集団」に出向させる案を出した。そして伊佐山はすべてを半沢のせいにして弁解する。

しかし証券部門には優秀な人材が揃ってると言われた頭取は、出向は伊佐山が適任だと指名。

さらに、平山社長の退任は既定路線で銀行主導の再建になるため「全責任をとるから一任してほしい」と言っていた三笠を出向させ社長に置くことにした。

半沢の人事は、営業部第二部次長に出戻り!

かつての部下たちから拍手で歓迎された!

●感想

半沢直樹は出向してもブレずに尖ってました!

バブル世代とロスジェネ世代の対決は、世の中の世代交代の縮図のようでもあると思いました。

花ちゃんの名前が一度も出ませんでした!ドラマでは癒しキャラで出てほしいです!

 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. ドラマ櫻子さんのキャストが違う!と厳しい評価「ロケ地も旭川じゃな…
  2. 8月11日テレビ放送【ミニオンズ】日本語声優一覧のボブがかわいい…
  3. 【キムタクの娘】次女光希(Koki)はモデルで作曲家!事務所はど…
  4. 【動画】信号無視の歩行者が車に逆切れ!場所と罪は?犯人がドア開け…
  5. 【同棲中】高橋みなみの画像の彼氏は誰か名前知りたい「結婚をする幸…
  6. 【2017夏のドラマ一覧】7月スタート新作はコレ!「注目おすすめ…
  7. 【黒革の手帖】あらすじを結末までネタバレ。原作とドラマ最終回は元…
  8. ドラマ【火村英生の推理2019】ABCキラー犯人ネタバレと真相!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP