Entertainment

【貴族探偵】ドラマ原作読んで最終回ネタバレ。あらすじの結末と犯人は「愛香が推理で勝つ?」

-shared-img-thumb-SEP_327215200714_TP_V

嵐の相葉雅紀さん主演2017春ドラマ「貴族探偵」のあらすじとキャスト、原作を読んだので最終回の結末・犯人をネタバレします。

「貴族探偵」の原作本は、麻耶雄嵩さんによる本格推理小説「貴族探偵」と続編の「貴族探偵 対 女探偵」。
あの小倉智昭さんは第1話を見て「面白かった。けっこうハマる人出てくると思う。今までの探偵ものや推理ものと全然違う。発想がユニーク」と感想コメントしてるので、期待できそうですね。
相葉雅紀さん演じる貴族探偵は、自分では推理せず関係者の女性を口説くだけで、推理するのは召使たち。召使たちは事件の再現まで行うそうです。

あらすじとキャスト、原作を読んで最終回の結末・犯人をネタバレするので、ドラマ「こうもり」を見る時間がなかったり、見るほど興味はないけどあらすじや、どんな内容か知っておきたいという人は参考になると思います。
 
 

スポンサードリンク

 
 
まず、キャストとあらすじを見て、「こうもり」の結末・犯人をネタバレにうつります。

●ドラマ「貴族探偵」キャスト


■貴族探偵と召使

・貴族探偵(嵐の相葉雅紀)
 由緒正しい上流階級の生まれという以外、本名・職業・年齢・国籍・家族・住所すべて謎の紳士。
 趣味は「探偵」で、事件解決能力は社交界で評判。
 名前すらないので召使たちからは「御前」と呼ばれる。
・運転手・ボディガード:佐藤(滝藤賢一)
 戦闘力が高いので武闘派の犯人にもひるまない。
・メイド:田中(中山美穂)
 紅茶を準備するのが役目。
 ポップカルチャーを愛し精通している。
・執事:山本(松重豊)
 山本家は代々、貴族探偵の一族に仕えてきた。
 柔和な人徳者だが話すと前置きが長い。

■喜多見切子探偵事務所

・新米探偵:高徳愛香(武井咲)
 気さくな反面、思ったことをすぐ言ってしまう。
  ズバ抜けた洞察力と推理力の持ち主。
・元探偵:喜多見切子(井川遥)
 愛香の憧れる師匠。
 過去に貴族探偵と推理勝負で負け、その後に謎の死を遂げた。

■神奈川県警

・警部補:鼻形雷雨(生瀬勝久)
 モテたい・金持ちになりたい。
 基本的な正義感はある。
・部下:常見慎吾(岡山天音)
 省エネ勤務がモットー。
・優秀な鑑識:冬樹和泉(田中道子)
 凄惨な現場ほど燃える。ぶっきらぼう。

■謎

・謎の女性(仲間由紀恵)
 どこで登場するか謎

●ドラマ「貴族探偵」あらすじ


主人公は年齢、家族、学歴、住所、さらに本名までも不明。己のことを貴族と名乗り、探偵を趣味にしている青年です。物語では「貴族」「主」「御前」という呼び名しか登場しません。
働いている様子はなく、身なりは常に瀟洒、言動は紳士的でレディーファーストを心がけ、一方で貴族であるという自覚を強く持ち、権威に頓着することがなく常に泰然としています。
事件に出会った際には警察の上層部に働きかけ、現場を指揮する鼻形雷雨という刑事もしぶしぶ認める形で、事件解決に関わっていきます。

それでは貴族のお手並み拝見だ…そう誰もが思ったところ、なんと捜査、推理をするのは彼を取り巻く召使たち。
「推理などという雑事は、使用人に任せておけばいいんですよ」と言い放ち、事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じている貴族にあっけにとられる周囲を尻目に、貴族へ絶対的な忠誠心を持つ、山本という執事、田中というメイド、佐藤という運転手の3人が現場分析、証拠集めなど捜査へと動き始めます。

そんな、破天荒な貴族たちと偶然に、かつ頻繁に同じ事件に居合わせ、貴族たちと競う形で謎に向き合うのが探偵の高徳愛香。
喜多見切子という女性探偵を師匠と仰ぎ、彼女に憧れて探偵になった愛香は駆け出しの新米ながら、探偵という職業に人一倍の誇りと信念を持っています。
そのため貴族のやり方には反感しかなく、貴族よりも先に謎を解こうと現場を奔走し、推理を積み重ねていきます。

いずれも見たこともないほど個性的で強烈にインパクトのある登場人物たちが織りなす物語は、ファンタジックでどこかコメディな部分も。
しかし、事件のトリック、謎解きは常人の想像を越える極上の本格ミステリー。
さらに、謎だらけの貴族は実は深い洞察を持って動いており、最初は「こいつは何なんだ!」という衝撃を受けるも、ドラマを見ていくうちに「もっと貴族のことを知りたい!」と魅了されることは間違いなし。
“主人公が推理をしない”前代未聞のミステリードラマは、一瞬も飽きることのない唯一無二のエンターテインメントとなります。
引用:http://www.fujitv.co.jp/kizoku/introduction/

 
 

・スポンサードリンク

 
 

●ドラマ「貴族探偵」原作読んで最終回ネタバレ 結末は?


ドラマ「貴族探偵」原作を読んだので最終回ネタバレします。果たして結末は・・・?

ドラマ「貴族探偵」原作はこちらの2冊。最終回はおそらく「貴族探偵 対 女探偵」の5話「なほあまりある」を多少アレンジしたものになると思われます。
■原作「貴族探偵」
1話「ウィーンの森の物語」
2話「トリッチ・トラッチ・ポルカ」
3話「こうもり」
4話「加速度ワルツ」
5話「春の声」
■原作「貴族探偵 対 女探偵」
1話「白きを見れば」
2話「色に出でにけり」
3話「むべ山嵐を」
4話「幣もとりあへず」
5話「なほあまりある」

■最終回ネタバレ!

高知県の沖にある「亀来島」が舞台。
依頼人は不明だが、愛香は引きうける。罠かもしれないが断れば臆病者の噂がたつ。何より報酬が魅力だった。
愛香は貴族探偵との推理対決に負けが続き、参っていた。今回成功すれば、評判を取り戻せる。

「亀来島」は個人所有の島で持ち主は具同政次という元伯爵老人。
・島の持ち主:元伯爵老人
・使用人の女性:平田

「亀来島」に招待されたのは
・探偵の愛香
・政次の孫(三男の息子):具同佳久
・佳久のゼミの先輩:有岡葉子
・政次の孫(長男の息子):真希
・政次の孫(次男の息子):弘基
 弘基は国見奈和という従姉妹を連れてくる

島につくと、玉村依子がいた。具同家の遠縁で真希の幼馴染らしい。
依頼主はどうやら玉村依子だと思う愛香。

別荘に案内され、愛香は真希と対面する。
リビングにはなぜか貴族探偵もいた。ウミガメの産卵を見に来たらしい。
そして召使たちは、親族の園遊会に駆り出され全員不在だそう。

葉子は2年前にひき逃げを目撃していた。雨の中、男子中学生が白いスポーツカーにひき逃げされた。通報したがナンバーは見ていなかった。被害者は母子家庭だった。

1日目の夜、使用人の女性・平田が背後から首を絞められ殺されていたのが発見される。場所は平田の部屋。来客がありお茶を出そうとしたところを殺されたようだ。

依子は警察に通報するが、嵐のためすぐ来れない。

葉子はまだ寝ていたので、部屋に行くと、葉子も死んでいた。後頭部を鈍器で2か所殴られていた。しかし凶器の鈍器は部屋になかった。平田より先に殺されたようだ。

・使用人の平田➝死亡
・探偵の愛香
・具同佳久
・有岡葉子➝死亡
・真希
・弘基
・国見奈和
・玉村依子
・貴族探偵

葉子は犯人とお茶を飲んだようだ。犯人はそれを隠すためティーカップを洗っていた。
さらに奇妙なことがあった。
1.犯人はタバコを吸ったが灰や吸い殻がない。灰皿にはなぜか紅茶がついている。
2.葉子の部屋にはピンクのバラが複数あった。しかし部屋の中央でなく、壁を向いて飾られていた。花瓶に指紋はなかった。※バラは各部屋ことなる種類が置かれている。
3.アンティークの布製の椅子が濡れてるのを発見。他にも濡れている場所を見つけると、どうやら雨の中テラスから部屋に入ってきたようだ。ウミガメに興味があったのか?

国見奈和が熱を出し、貴族探偵が看病をする。

愛香は犯人がわかり、みなに説明する。

葉子は昨夜、ひき逃げ犯の顔を思い出したと公言していた。犯人は口止めを頼みにいったが話が平行線になったので殺した。

バラは平田殺害の動機になった。平田はどの部屋にどの種類のバラがあるか知っているから、違えばバレるから。

犯人は雨のなかテラスに出たが、レインコートを着ていなかった。理由は潔癖症だから。誰も来たかもわからないレインコートを着たくなかった。

灰皿の紅茶は、コッタボスという遊びだった。タバコは携帯灰皿で処理していた。

犯人は国見奈和だった。

日没とともに嵐が収まると、国見奈和は警察に引き渡された。

■最終回の結末ネタバレ!

愛香は玉村依子から推理を褒められ、貴族探偵からは事件解決の礼を言われる。

貴族探偵との対決には4敗した。しかし今は「今回は私の勝ちね」としたり顔で貴族探偵に言う愛香。

ところが・・・

依頼人は貴族探偵だった。血の気が引いていく愛香。
召使たちが園遊会のサポートで全員不在だから、愛香を利用しただけだった。してやられた!
 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. TAKEBE055122916_TP_V 【不倫が原因で離婚】太田莉菜に松田龍平が切ない「子供置いて別居報…
  2. YOU71_syougikaku_TP_V 映画【3月のライオン前編】キャストと対局や結末ネタバレ「将棋を通…
  3. -shared-img-thumb-KAZUP1080012_TP_V 不倫タレントNは誰なの。井上公造が「ウチくる」で暴露!スポーツ選…
  4. MIMIYAKO85_maehamadedate20140725_TP_V 【女性セブン熱愛】熊切あさ美は山田哲人の彼女だった「破局乗り越え…
  5. cat-1248012_640 【ブランケットキャッツ】最終回まで猫ネタバレ。原作7匹の結末は「…
  6. -shared-img-thumb-DSCF5513-Edit_TP_V 【ASKAと共演のトムセン陽子】旦那は伊津野亮で「自宅がスゴイ豪…
  7. -shared-img-thumb-ANJ77_tukuenoshitanikkori20141115104922_TP_V 【すべらない話2016.7月】出演者とネタ。古舘伊知郎に注目!M…
  8. love-163690_1280 【妊娠→結婚】御伽ねこむの彼氏は「劣化」が噂の藤島康介だった。で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP