Entertainment

【西郷どん】キャスト表と坂本龍馬役の予想!斉藤由貴は不倫で降板で代役もスケバン刑事

NHK2018大河ドラマ「西郷どん」が2018年1月7日(日)から放送されるので、キャスト表を紹介します。主役の西郷隆盛を鈴木亮平さん、於一(おいち)(篤姫)北川景子さん、大久保正助役に瑛太さんなど豪華。

「西郷どん」のキャスト表といえば、坂本龍馬役は誰が演じるのか?小松帯刀役は誰が演じるのか?に注目が集まっています。NHKは話題作りのため発表を先延ばし?

「西郷どん」のキャスト表は他にも紆余曲折あり、斉藤由貴さんが不倫発覚で降板し代役がスケバン刑事つながりの南野陽子さんに。また、当初西郷隆盛役をオファーした堤真一さんが主役を断るということもありました。

堤真一さんの辞退理由のひとつには、原作者・林真理子さんの小説に、BL要素も盛り込むと決まったからだという説もあったり。
 
 

スポンサードリンク

 
 

●2018大河ドラマ「西郷どん」放送日・時間


大河ドラマ名:西郷どん(せごどん)
初回放送日:2018年1月7日(日)20:00~21:00(60分の拡大版)
放送日:毎週日曜20:00~20:45
放送局:NHK総合1

●2018大河ドラマ「西郷どん」原作本は小説 原作者は林真理子


2018大河ドラマ「西郷どん」の原作本は同名小説です。

原作者は林真理子さんで、脚本は中園ミホさん。「西郷どん」は、男にも女にもモテまくった西郷隆盛の魅力とキャラクターを女性目線で描いた作品で、BL要素も入ってるそう。

●NHK大河ドラマ「西郷どん」キャスト表1. 西郷隆盛と岩山糸


■西郷どん(せごどん)
● 西郷 吉之助(西郷隆盛)(鈴木亮平)
困った人を放っておけないお人よし。男にも女にもモテまくった。カリスマ藩主・島津斉彬に見いだされ密命を受けるが、幕府に追われて奄美に島送りされる。
(幼少期の小吉:子役の渡邉 蒼)
■西郷3人目の嫁となる運命の人
● 岩山糸(黒木華)
好奇心旺盛な武家のおてんば娘。小さな頃から西郷隆盛に密かに恋していた。一度は別の男性と結婚するが1865年に西郷隆盛と再婚する。
(幼少期:子役の渡邉このみ)

●2018大河ドラマ「西郷どん」キャスト表2. 西郷家


■西郷家

薩摩の貧乏な下級武士の家
● 肝っ玉母さん:満佐(まさ)(松坂 慶子)
● ダメ親父:吉兵衛(風間 杜夫)
● しっかり者の妹(長女):琴(桜庭ななみ)
(幼少期:子役の栗本 有規)
● 実直な弟(次男):吉二郎(渡部豪太)
(幼少期:子役の荒井 雄斗)
● 血気盛んな弟(三男):従道(錦戸亮)
有馬新七たち過激派と伏見の寺田屋で京都所司代暗殺を謀る。戊辰戦争では西郷隆盛と一緒に戦うが、明治新政府になると決別し、西南戦争で兄の敵となる。
● 義理堅い使用人:熊吉(ドランクドラゴン塚地武雅)
● 温厚な祖父:龍右衛門(大村 崑)
● ゴッドマザー祖母:きみ(水野久美)

●2018大河ドラマ「西郷どん」キャスト表3. 大久保家


大久保正助を演じるのは、2008大河ドラマ「篤姫」で小松帯刀役を演じた瑛太さんが10年ぶりにキャスト入り。瑛太さんは新潟県生まれですが、実は薩摩の血が入っているので「西郷どん」出演は感慨深いそう。

■大久保家

西郷家とは家族ぐるみで古くからのつきあい
● 大久保正助(大久保利通)(瑛太(幼少期:子役の石川 樹))
西郷隆盛の幼馴染で親友、生涯のライバル。2人の出会いがなければ明治維新は起こらなかった。
● 知性溢れる父:次右衛門(平田満)
藩のお家騒動に巻き込まれて島流しにされる
● 息子を見守る母:福(藤真利子)

●2018大河ドラマ「西郷どん」キャスト表4. 島津家


西郷吉之助(西郷隆盛)と淡い恋をする於一(おいち)(篤姫)は、北川景子さん(31才)が演じます。

■島津家

厳しい財政難にあり欧米列強からも脅迫される
● 28代当主:島津斉彬(渡辺謙)
政治哲学で時代を牽引したカリスマ藩主。下級武士だった西郷隆盛の才能を見抜いた西郷生涯の師。
● 養女:於一(おいち)→篤姫(北川景子)
国の命運をかけて13代将軍・徳川家定の正室候補として斉彬の養女になるが、結婚をまとめようと奔走する西郷と恋に落ちる。西郷隆盛と篤姫の関係はその後「江戸無血開城」につながる。
● 27代当主(斉彬の父):斉興(鹿賀丈史)
嫡男である斉彬を支持する人間をに弾圧しまくる。権力を手放さそうとしない
● 家臣:赤山靱負(沢村一樹)
西郷たちの先生的存在だが、斉興と由羅の陰謀に巻き込まれる
● 側室:由羅(小柳ルミ子)
久光の母。嫡男である斉彬が邪魔でお家騒動(お由羅騒動)を巻き起こす
● 異母弟:久光(青木崇高)
斉興と由羅の息子。憧れていた斉彬の死後最高権力者になるが、自分を田舎者呼ばわりする西郷隆盛と敵対する
● 翻弄される側近:山田為久(徳井優)
● 献身的な側室:喜久(戸田菜穂)
● 家老:調所広郷(竜雷太)
苦しい財政難の薩摩藩を立て直した
● 家臣赤山の弟:桂久武(井戸田潤)
西郷隆盛と親しく生涯支える

■幾島役の斉藤由貴が降板 代役は南野陽子

幾島は、島津斉彬の命令で徳川家定に嫁ぐ於一(篤姫)の教育係として奮闘する女性。幕府の情報を薩摩藩へ伝える役で西郷と密に連絡を取り合います。

於一(篤姫)と西郷の恋の狭間でも大きな役割を演じます。

当初、幾島役は斉藤由貴さん(51才)で決まっていましたが、50代男性医師との不倫報道があり事務所から辞退を申し出て降板となりました。

代役は90年代の元アイドルで女優の南野陽子さん(50才)です。斉藤由貴さんとはお互い「スケバン刑事」シリーズで主演した共通点があります。
 
 

・スポンサードリンク

 
 

●2018大河ドラマ「西郷どん」キャスト表5. 郷中の仲間たち


■郷中の仲間たち

● 有村俊斎(高橋光臣)
(幼少期:子役の池田優斗)
● 大山格之助(北村有起哉)
(幼少期:子役の犬飼直紀)
● 村田新八(堀井新太)
(幼少期:子役の加藤憲史郎)
● 有馬新七(増田修一朗)
(幼少期:子役の増田修一郎)

●2018大河ドラマ「西郷どん」キャスト表6. その他


● 愛加那(あいかな)(二階堂ふみ)
 島送りになった西郷隆盛を助けて結婚し子供も出産。西郷隆盛が革命家になるきっかけ
● タマ(田中道子)
 品川の宿屋「磯田屋」の給仕でふきの同僚。薩摩藩士の顔なじみになる
● 大久保満寿(ミムラ)
 大久保正助が28才で結婚した嫁。
● 備後福山藩主:阿部正弘(藤木直人)
 幕政改革を推進。イケメンでモテるが志半ばで急死
● 清水寺成就院の住職:月照(尾上菊之助)
 23才で住職になった。薩摩藩の運動を支え朝廷工作を手伝うが「安政の大獄」によって幕府に追われることに
● 前水戸藩主:徳川斉昭(伊武雅刀)
 一橋(徳川)慶喜の実父。気性が荒い。西洋近代兵器の国産化を推進し、島津斉彬と気が合った。井伊直弼と対立する。


● 近江彦根藩主:井伊直弼(佐野史郎)
 「人物より血筋」がモットー。アメリカと通商条約を結び、恐怖政治「安政の大獄」によって強い徳川家を目指す
● 13代将軍:徳川家定(ピース又吉直樹)
 於一(篤姫)が嫁いだ。しかし失言や奇行があり子宝も望めないという変な噂が…

●2018大河ドラマ「西郷どん」坂本龍馬役は誰?


坂本龍馬は西郷隆盛を語るには欠かせない重要人物です。1836年生まれの坂本龍馬はで、1828年生まれの西郷隆盛より年齢が8才年下。

■出会い
1864年、勝海舟の紹介で出会いました。坂本龍馬が28才、西郷隆盛36才の頃でした。
1865年5月、西郷隆盛は坂本龍馬と一緒に鹿児島で京都情勢を薩摩藩に報告して、幕府の征長出兵命令を断るよう説得。
■薩長同盟
1866年1月、小松帯刀邸で桂小五郎と薩長同盟を結び、坂本龍馬がその提携書に裏書きをしました。直後に京都の寺田屋で坂本龍馬が幕吏に襲われますが、薩摩藩が助けて保護します。
■大政奉還
1867年、坂本龍馬案にもとづく大政奉還建白書によって10月14日に大政奉還が行われました。しかしその後11月15日、坂本龍馬は十津川郷士と名乗る男達数人に暗殺されました。

■歴代の坂本龍馬役は誰?

■1968年「竜馬がゆく」:北大路欣也
■1974年「勝海舟」:藤岡弘
■1977年「花神」:夏八木勲
■1990年「翔ぶが如く」:佐藤浩市
■2004年「新撰組!」:江口洋介
■2008年「篤姫」:玉木宏
■2010年「龍馬伝」:福山雅治
■2015年「花燃ゆ」:伊原剛志
※民放では、「JIN-仁」で内野聖陽さん、「新解釈・日本史」でムロツヨシさん、1982年には日テレで武田鉄矢さんが演じています。ダウンタウン浜田雅功さんが演じたこともありました。

■「西郷どん」坂本龍馬役は誰?

ネットでは様々な予想がされていますが、「イケメン俳優」か「個性派俳優」のどちらかになりそうです。両方兼ね備えている人もいまますが。

イケメン俳優の予想は、松山ケンイチさん(32才)・松田龍平さん(34才)・岡田将生さん(28才)・斎藤工さん(38才)あたりが有力候補です。岡田将生さんは2017ドラマ「小さな巨人」の演技が光ってました。

個性派俳優としては、大泉洋さん(44才)だったらはまり役になりそうな気もしますが、鈴木亮平さんの西郷隆盛とならんだ時に、年上に見えてしまうかも。

●NHK大河ドラマ「西郷どん」小松帯刀役は誰?


1835年生まれの小松帯刀は薩摩藩の1人で、頭の良い人でした。1828年生まれの西郷隆盛より年齢は7才年下です。

両親は兄を溺愛したので、親の愛されずに育ちました。もともと体が弱く、若い頃は1日中勉強していたせいで17才で病気がちになります。勉強で認められて愛されたいと願ったにかもしれません。

26才の頃には、坂本龍馬の海援隊の設立をサポートし、薩長同盟の交渉も行いました。32才の頃、大政奉還の時も薩摩藩を代表して動いています。

明治維新後も新政府で要職を歴任しますが、お腹に腫瘍もできてしまい、明治3年には腫瘍の悪化により死去しました。35才という若さでした。

■「西郷どん」小松帯刀役は誰?

小松帯刀役はこれまで坂本龍馬や西郷隆盛のドラマに登場。2008大河「篤姫」では瑛太さん、2010大河ドラマ「龍馬伝」では滝藤賢一さんが演じています。

瑛太さんは今回「西郷どん」で大久保正助役ですね。瑛太さんが小松帯刀役を演じたのは26才の頃、滝藤賢一さんが演じたのは34才の頃。

小松帯刀役は20代後半くらいに見えて頭がよく病弱なイメージ。誰が演じるのか注目です。

●2018大河ドラマ「西郷どん」堤真一が主役断る・・・辞退理由は?


「西郷どん」の主役・西郷隆盛役は当初、NHKはベテラン俳優・堤真一さん(53才)に出演依頼をしていました。

堤真一さんは朝ドラや大河ドラマに何度も出演経験があり、「日本アカデミー賞」で助演男優賞と主演男優賞を両方とも何回も受賞している大物俳優です。

しかしそんな堤真一さんが、俳優の憧れともいえるる大河ドラマの主役を断るという事態に。なぜ?辞退理由はなんだったのでしょう?

堤真一さんの辞退理由は、家庭優先と脚本内容だといわれています。

家庭優先とは、出演依頼をされた2016年秋に嫁の第2子の妊娠が発覚。「西郷どん」のロケは長期にわたり、しかも九州がメイン。ちょうど子供が生まれる時期に離れて暮らすことになってしまうからです。

もうひとつの辞退理由の脚本内容とは、脚本家の中園ミホさんが「BL要素を加える」と明言していることです。

結果的には堤真一さんが主役を断るとしてくれたおかげで、鈴木亮平さんが演じる若くて元気な西郷隆盛役が誕生しました。

●2018大河ドラマ「西郷どん」あらすじ


天保11年(1840年)、薩摩の国。
西郷小吉(渡邉蒼)は、大久保正助(石川樹)など町内の仲間たちと学問や剣術を切磋琢磨する日々を過ごしていた。
「妙円寺詣り」という藩最大の行事で、小吉たちは一番乗りで寺に到着し、褒美をもらう。
そこで薩摩藩の世継ぎである島津斉彬(渡辺謙)と運命的な出会いをする。
しかし、小吉は恨みを持った他の町の少年から刀で肩口を切られ、二度と剣が振れなくなってしまう。

あらすじ引用:https://www.nhk.or.jp/segodon/

 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. 【エンタの神様2016】5月21日の出演者とコントネタバレ「陣内…
  2. 【フライデーデキ婚と不倫】はまやねんは結婚して子供いた「イケメン…
  3. 「居場所を見つけた」ソニンは現在舞台で躍進中!ハゲと結婚疑惑の画…
  4. 【24時間テレビ2017】日程別タイムテーブル(放送スケジュール…
  5. 【ゆとりですがなにか続編SP】放送日はいつ?あらすじの続きネタバ…
  6. 下京慶子の実家や舞台をwikiる。前澤友作の新彼女は「恋人募集オ…
  7. カラオケバトル5月4日「異種格闘技」出演者と結果。優勝は誰だ
  8. 【リンパ浮腫】古村比呂の足を病院で最新手術「がん闘病の後遺症にピ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP