Entertainment

【寺田理恵子の現在】夫の急死で家庭崩壊パート生活。娘は確執も「ママ、頑張って」再起を図る

P3210413_TP_V

現在ラジオでアシスタントを務める寺田理恵子さん(55才)は、元祖アイドル女子アナとして活躍し、広告代理店「電通」勤務で妻子ある関本雅一さんと略奪再婚したことで知れらています。
夫になった関本雅一さんは元NEC会長の長男でもあったので、当時は「財閥の御曹司と略奪婚」と週刊誌が報じました。

しかし不倫再婚に激怒した元NEC会長は長男を勘当し、夫は不正で広告代理店「電通」を解雇され、会社を経営するも借金まみれになり、心労が重なったせいかある日、急死してしまいます。
夫の急死でパート生活を余技なくされ、家庭崩壊が起こっていたんだとか。

現在は娘で歌手のゆりえさんから「ママ、頑張って」と励ましもあり、ラジオでアシスタントの仕事や、講演活動も行っています。
しかし一方で娘ゆりえさんは、父親に「一生許さない」ほど確執があったといいます。
 
 

スポンサードリンク

 
 

● 寺田理恵子 経歴プロフィール


寺田理恵子さんは東京都世田谷区出身で、1961年7月15日生まれの現在55才。
本名は「関本理恵子」といいます。
フジテレビの元アナウンサーで、元祖アイドル女子アナとして知られています。

中学と高校は東京女学館、大学は聖心女子大学の文学部外国語外国英文学科というお嬢様。
大学卒業後、フジテレビに就職してアナウンサーになりました。

●バラエティ番組でアイドル女子アナに

フジテレビでは、「オレたちひょうきん族」や「NG大賞」などバラエティ番組に出演し、アイドル女子アナとして活躍しました。

●結婚

1989年28才の頃、入社5年目で制作会社ディレクターと結婚。
フジテレビを寿退社しフリーアナウンサーに。
第一子の長女のゆりえさんも出産していますが、
わずか5年で別居生活。
1998年には夫と離婚、7才の娘を連れシングルマザーに。

●不倫から再婚

2000年39才の頃、寺田理恵子さんは再婚しました。
旦那は、NECの関本忠弘元会長の長男で、広告代理店「電通」勤務の関本雅一さんでした。
しかし、関本雅一さんは妻子がいたので、不倫です。

週刊誌では「財閥の御曹司と略奪婚」と報じられました。
ただ寺田理恵子さん曰く、妻子がいるとは知らずに関係を持ったようですが。

これを知った関本忠弘元会長は激怒して、関本雅一さんは勘当されています。
一方寺田理恵子さんこの再婚を機に、アナウンサーを引退します。

● 寺田理恵子 再婚の夫 関本雅一


関本雅一さんは東京都出身、1959年9月20日生まれです。

寺田理恵子さんの夫になる前、広告代理店「電通」に入社した27才の頃に一度結婚しています。
しかし2000年41才の頃に寺田理恵子さんと不倫し、離婚のすえ寺田理恵子さんと再婚しています。
父親の関本忠弘元会長は、不倫再婚に激怒して、勘当します。

●不正で広告代理店「電通」を解雇

NECの関本忠弘元会長の長男として生まれ、海外に大学を卒業したのち広告代理店「電通」に入社するなどエリートですが、寺田理恵子さんと再婚した年は波乱の年だったようです。
前妻との離婚、寺田理恵子さんと再婚、そして 広告費3億円水増し請求という不正が見つかりなんと電通を懲戒解雇されています。
再婚から半年後のことでした。寺田理恵子さんは毎日マスコミに追いかけられます。

●経営者として再起を図るが

その後は、IT企業などいくつも会社設立して、経営者として生きています。
しかし、経営はうまくいきませんでした。
世田谷の高級住宅街にあった敷地50坪に建つ3階建ての自宅は担保の入れて、経営資金を工面するほどでした。

●経営不振 借金地獄 裁判も

2004年45才の頃、金融会社からの借金6500万円を返済できずに訴えられます。
自宅を借金のかたに取られないよう所有権を移していた寺田理恵子さんも一緒に訴えられます。
関本雅一さんと寺田理恵子さんは夫婦で裁判に負け、500万円の支払いを命じられます。

●横領で逮捕

2007年48才の頃には、関本雅一さんは逮捕されます。
以前に自分が社長だった人材派遣会社から5600万円を横領した疑いです。
関本雅一さんは結局、不起訴になりましたが、経営は相変わらず厳しく借金は膨らむばかり。

そんな矢先、急死してしまいます。
 
 

・スポンサードリンク

 
 

● 寺田理恵子 夫が急死


2012年12月51才の頃、夫の関本雅一さんが急死します。
死因は「大動脈瘤破裂」でした。
出勤前のシャワーを浴びる際に倒れての急死でした。
ただこの急死は、仕事関係者や友人たちには知らされませんでした。

寺田理恵子さんは、
・借金地獄であることを知られたくなかった
・心配をかけたくなかった
といった理由で夫の急死を知らせなかったのでしょう。

●パート生活

生活費を稼ぐため、寺田理恵子さんはパート生活となります。
面接を受けた時には履歴書を見た面接官から「あなたが、なぜ?」と驚かれたことも。
また、再起を図るために通信教育で
心理学・カバンのデザイン・書道など学びました。

● 寺田理恵子 現在


2014年10月53才の頃から、TBSラジオ「生島ヒロシのサタデー・一直線」でアシスタントとして出演。
寺田理恵子さんは現在も、月~土の朝5:05~6:00に放送されるこの番組で生島ヒロシさんのアシスタントを務めています。
ほかにもBSで通番番組に出演したり、「子育てコラム」の連載、講演活動も行っています。

※寺田理恵子さんのエッセイ本の画像

● 寺田理恵子の娘 歌手ゆりえ「ママ、頑張って」


寺田理恵子さんの娘で、長女のシンガーソングライター歌手の藍沢ゆりえさん(26才)は、「ママ、頑張って」と現在は応援してます。
しかし一方で娘ゆりえさんは、父親・関本雅一さんに「一生許さない」ほど確執があったといいます。

実は藍沢ゆりえさんは、2009年11月にCD「お母さん」をリリースしたのですが、義理の父である関本雅一さんはもともと芸能活動を反対していたので、発売1ヵ月後に無理やりゆりえさんの芸能活動を辞めさせています。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

これによって、ゆりえさんはマネジメントをしていた高橋陽子さんから452万円の損害賠償で訴えられています。
寺田理恵子さんは夫の関本雅一さんを説得するという条件で、CD発売を進めていたのですが、うまくいかず、娘を裁判に巻き込むかたちになっています。
このことで、娘と確執ができたのかもしれません。

● 寺田理恵子の娘 夫と次女の確執


■7/29爆報フライデーを見て更新

2001年、次女は誕生しています。
しかし夫の関本雅一さんは、長女ゆりえさんが次女に触れるのを嫌がりました。
次女を大事にする一方で、連れ後のゆりえさんを嫌悪するようになりました。
関本雅一さんは長女をのけ者にして3人で旅行に行こうと言い出したことも。

そんななか、長女ゆりえさんが小学6年生でストレスで胃腸炎で倒れます。

※当時の長女ゆりえさんの想い「一生許さない」
長女ゆりえさんは、猫を追い出されたりして、本当に関本雅一さんのことがイヤでした。

それでも寺田理恵子さんは諦めずに、長女ゆりえさんの話題を夫の関本雅一さんにしてきました。
それは8年間続けました。
すると、夫の関本雅一さんは4人で旅行に行こうと、家族旅行に行くことに。
本当の家族になれた時でした。
ただ、これが最後の旅行でした・・・関本雅一さんが急死したからです。

関本雅一さんは急死する5分前、寺田理恵子さんを抱きしめ
「今までごめん」
と言っていました。
自分が急死すると知っていたかのように。

現在の長女ゆりえさんは、関本雅一さんに対する憎しみはありません。
関本雅一さんが立ち向かった困難などを想い、感謝しています。

 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. JK92_hohohiji20150222103753_TP_V 【FLASH画像】青木隆治がキャバ嬢彼女Bと二股したグラドル彼女…
  2. mimiyako85_katawoyoseauhutari20140725_tp_v 【新潮熱愛】宮沢りえの彼氏はやっぱりV6森田剛だった!「彼女との…
  3. bsC777_tewonigiriaukibito 【フライデー】コムアイが同棲中の彼氏イラストレーターKは誰なの「…
  4. bsPAK85_surigarasugoshinohutari20140810 【不機嫌な果実】原作読んで最終回ネタバレ、あらすじの結末は栗山千…
  5. MIMIYAKO85_maehamadedate20140725_TP_V 【彼女はlilico】渡瀬瑞基はプロレスラーで渡哲也の親戚「お墓…
  6. -shared-img-thumb-151026M_032r_TP_V 【地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子】原作小説読んで最終回ネタバレ…
  7. -shared-img-thumb-gfdsrfg_TP_V 【フライデー第2弾】桂文枝と紫艶のLINE画像・キス画像・誓約書…
  8. childrens-730672_640 【リンカーン運動会2016】ロケ地と種目、出演者が知りたい「今年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP