Event

「グリーンルームフェスティバル2016」服装はどうすれば?チケットや出演アーティスト最新情報も紹介。

「グリーンルームフェスティバル2016」が2016年5月21日(土)・22日(日)の2日間にわたって開催されます。サーフィンをテーマに、音楽とアート、映像・写真などあらゆるカルチャーをコラボさせた人気のフェスが今年も開催。ただ、フェスへ行くなら服装を失敗すると大変なことになりますね。服装について参考情報も紹介します。また、チケットや出演アーティスト最新情報も紹介します。

「グリーンルームフェスティバル2016」にはR&Bの大御所アーティスト、チャカ・カーンも出演します。昼と夜で会場の雰囲気が異なるのも「グリーンルームフェスティバル」の魅力です。「海の青」と「空の青」のシチュエーションが抜群で、アーティストのテンションも高まります。空と海風を感じて踊りましょう。


 
 

スポンサードリンク

 
 

グリーンルームフェスティバル2016 とは


「グリーンルームフェスティバル」は、「全国で急速に減少しているビーチを守りたい。」というコンセプトに基いたサーフカルチャーやビーチカルチャーをルーツに持つ、音楽とアートによる都市型野外音楽フェスです。

「グリーンルームフェスティバル」での音楽とアートを通して、海やビーチのライフスタイル・カルチャーを伝えて、子供達に大切なビーチを残していきたいという想いが込められています。

初めて開催されたのは2005年、横浜の赤レンガ地区の野外特設会場でした。それ以来、人気のフェスとなっています。

グリーンルームフェスティバル2016 日程・場所


日時:2016年5月21日(土)・22日(日)
   11:00~21:00
場所:横浜の赤レンガ地区の野外特設会場
住所:神奈川県横浜市中区新港1-1
問合:TEL03-6692-0939

グリーンルームフェスティバル2016 交通アクセス


横浜赤レンガ倉庫への交通アクセス

最寄り駅
・JR・市営地下鉄「桜木町駅」から汽車道経由で徒歩17分
・JR・市営地下鉄「関内駅」徒歩17分
・みなとみらい線「馬車道駅」徒歩11分
・みなとみらい線「日本大通り駅」徒歩10分
・みなとみらい線「みなとみらい駅」徒歩19分

周辺は土日休日は大変混雑するので車での来場はオススメできません。電車やバスなど公共の交通機関のご利用をオススメします。

グリーンルームフェスティバル2016 服装


音楽フェスといえば、服装をどうすればいいか悩みますね。基本的には動きやすい服装がいいです。靴はサンダルなどは絶対NG!スニーカー必須です。

カバンはウエストポーチがオススメです。斜めがけも出来る2WAY仕様なら尚更良いですね。携帯電話、財布、サングラス、日焼け止め・リップ・パウダーなどのメイク道具、グミやガムなどの軽食、ウェットティッシュなどを持っていきましょう。

カラビナ付きのペットボトルホルダーもあると便利です。

雨具や充電器、ライトなどは、都市型フェスなのでいらないですね。


 
 

・スポンサードリンク

 
 

グリーンルームフェスティバル2016 チケット


1日券:9800円
2日通し券:17000円

ただし2月1日(月)~29(月)までの先行発売は割安でお得です。
1日券:7300円(2000円割安)
2日通し券:13000円(4000円割安)
となります。
「波割先行発売チケット」は2月1日(月)~29(月)までの期間限定発売です。
>>eプラス

また、グリーンルーム各店舗の店頭でチケットを購入すると、先着で限定アートがプレゼントされます。
grf16_art-card
※引用 グリーンルームフェスティバル2016公式サイト

グリーンルーム店舗一覧
・鎌倉
神奈川県鎌倉市長谷1-15-3
10:00~18:00(水定休) 
TEL0467-33-5026 
・渋谷
東京都渋谷区宇田川町15-1 PARCOpt.1 B1F
10:00~21:00(不定休)
TEL03-3477-5877
・お台場
東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京プラザ5F
10:00~21:00(不定休)
TEL03-6426-0565

グリーンルームフェスティバル2016 出演アーティスト


2月20日時点での主演アーティストです。順次追加発表されていきます。

海外アーティスト

●チャカ・カーン
70年代から活躍し現在も第一線で活躍するソウル・クイーン。近日中に新曲「I Love Myself」を発表予定。
5/14(土)ビルボードライブ東京、16(月)17(火)ビルボードライブ大阪で単独来日公演も予定。

●ハイエイタス・カイヨーテ
2015年最新アルバム「Choose Your Weapon」収録曲「Breathing Underwater」が第58回グラミー賞にノミネートされるなど高い評価を得ている、新世代フューチャー・ソウル・バンド。
5/23(月)名古屋ブルーノート、25(水)26(木)ブルーノート東京で単独来日公演も予定。

●ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ
●ブラックトップ・プロジェクト

国内アーティスト

●Suchmos
「STAY TUNE」がャミロクワイを思わせるとして大反響。
●在日ファンク
●RIP SLYME
●SOIL&PIMP SESSIONS
●SPECIAL OTHERS
●Def Tech
●PUSHIM
●THE King ALL STARS
●LIFE IS GROOVE
●サニーデイ・サービス
●DIAMANTES
●Rickie-G
●Yogee New Waves
●Michael Kaneko
 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. 【日本有線大賞2016】司会やノミネート受賞候補「三代目はリクエ…
  2. 【2017年バレンタイン】本命チョコランキング!通販で買うことが…
  3. 【FNS歌謡祭2016冬】第2夜の出演者・タイムテーブル順番・曲…
  4. ぐるナイ【2017ゴチになります18またピタリ賞?】9月7日第1…
  5. 【紅白歌合戦2016-2017】出演者が決定し発表!「和田アキ子…
  6. 【名古屋ウィメンズマラソン2016】完走者へのティファニー、今年…
  7. 【笑えるエイプリルフールネタ】好きな人向けにメールやLINEで送…
  8. 映画【ヒメアノ~ル】原作読んであらすじネタバレ。結末は「森田剛は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP