Life‐Style

2018は倍【花粉症のピーク】東京と大阪はいつまでだろ「スギ・ヒノキ」の飛散時期や違いなど

2018年、今年も花粉症に苦しむ人は多いですが、東京と大阪のスギ・ヒノキ花粉飛散のピークはいつまででしょうか。花粉の飛散量は2017年に比べて1.5~2倍という多さと予測なのでピークを知っておきたいところ。

「スギ・ヒノキ」の2018年飛散時期ピークや違いなど、また、花粉症のピークだけでなく、花粉の多い日や時間帯、基本的な花粉症対策についても紹介します。

花粉症の人には辛いシーズンの到来です。早めに対策をしましょう。
 
 

スポンサードリンク

 
 

●「2018年の花粉症」2月の春一番で花粉が飛散開始


毎年2月に日本は春の嵐に見舞われ花粉の飛散が一気に本格化します。

2018年2月の天気傾向は?

東京・関東など東日本は、2月前半に春一番が吹く可能性。スギ花粉は関東南部からが飛び始める予想。

大阪など西日本も2月前半に春一番が吹く可能性。スギ花粉は九州南部から飛び始める予想。

●「2018年の花粉症」東京と大阪「スギ・ヒノキ」ピーク予測


スギ花粉のピークが終わると、その次にヒノキ花粉がピークを迎えます。

■2018年花粉症 東京のピークはいつまで?

2018年、東京の花粉症のピークは、スギ花粉が3月上旬~4月上旬と長く、ヒノキ花粉が4月上旬~中旬という予測です。

画像引用:tenki.jp

■2018年花粉症 大阪のピークはいつまで?

2018年、大阪の花粉症のピークは、スギ花粉が3月上旬~中旬、ヒノキ花粉が4月上旬~中旬という予測です。

画像引用:tenki.jp

■花粉ピークと気温の関係

スギ花粉・ヒノキ花粉の飛散がピークがいつまでになるかは、花粉シーズン中の気温と関係があると考えられています。

2018年2~3月の気温は平年並みか高いかですが、花粉のピーク時期を早めるほどではない予測です。

■東京・大阪は花粉症が多い?

地方と都市では、東京・大阪など都市のほうが花粉症患者が多く、その理由は車の排気ガスに含まれる微粒子が、花粉症の原因であるIgE抗体の生産を促進するからだといわれています。

■花粉予報サービスが開始

2018年2月1日から、IT系ベンチャー企業のフォーチュンが、日本初・人工知能(AI)を活用した高精度の花粉予報サービスを無料で提供してくれます。

フォーチュンの花粉症サポート情報
▶https://kafun.info/

 
 

・スポンサードリンク

 
 

●「2018年の花粉症」2017年に比べて飛散量が多い


花粉の飛散量は前年の夏がポイント。
・気温が高い
・日照時間が多い
・降水量が少ない
ほど多く飛散するといわれています。花粉症の人には辛いお知らせ・・・

昨2017年の夏は
・気温が東北から西日本で高かった
・日照時間は東北・北陸・西日本で多かった
・降水量は関東・東海で少なかった
という結果でした。

環境省が調査したスギの着花量は、東京や大阪が昨2017年の2倍、東北は去年より多いです。

2018年の花粉の飛散量は、東北が2倍、関東甲信・四国で1.5倍という、広範囲に渡り多い予測です。

画像引用:tenki.jp

●花粉が多い日の特徴


こういう日は花粉が多い!

花粉症の人にとって辛い、花粉が多い日には特徴があります。それは「晴れて気温が高い日」「乾燥して風が強い日」「雨が降った翌日」といったものです。気温が高い日が2~3日続くと尚更多くなります。

また、午後、雨の降り始め直後にも花粉は多く飛散します。

・晴れて気温が高い日
・乾燥して風が強い日
・雨が降った翌日
+気温が高い日が2~3日続くと尚更

花粉が多い時間帯もある!

1日のうちで、花粉が多い時間帯というものがあります。それは、午後1~3時、夕方5~7時の2つの時間帯がピークで、次いで夜7~9時も花粉は多いです。

・午後1~3時
・夕方5~7時
・夜7~9時

●花粉症の症状 スギとヒノキの違いは?


■花粉症の症状をおさらい

花粉症には「くしゃみ」「鼻詰まり」「目のかゆみ・充血」という3つの大きな症状があります。花粉症の人には、スギ花粉に反応する人、ヒノキ花粉に反応する人がいますが、症状は同じです。

・くしゃみ
・鼻詰まり
・目のかゆみ・充血

■スギとヒノキの違いは?

スギ花粉とヒノキ花粉の違いは、タンパク質の構造の違いです。人の免疫システムはその違いをに見分けて攻撃します。

ただ、病院での処方は、スギかヒノキかの違いではなく、症状そのものに対して薬が出されるので、違いを気にする必要はないでしょう。

■スギとヒノキ どっちの花粉症か知る方法

自分がスギとヒノキ、どっちの花粉症か知るには、花粉症飛散のピークで過ぎた時に症状が収まることでわかります。

例えば2018年の東京なら、スギ花粉が3月上旬~4月上旬、ヒノキ花粉が4月上旬~中旬という予測なので、4月になっても花粉症の症状が続くなら、ヒノキ花粉にも反応していると自覚できます。

●花粉症の対策


基本的な花粉症の対策は「外ではマスクほか完全防備」「うがい・手洗い・洗顔」「午後に洗濯物を干さない」「ドア・窓は閉める」「掃除をこまめに行う」といったものあります。

外出するときは、最低限マスクが必要ですが、帽子・メガネ・マフラーで完全防備するとなお良いです。

帰宅後には「うがい・手洗い・洗顔」、家で出来る対策としては、衣類に花粉がつかないように「午後に洗濯物を干さない」、「ドア・窓は閉める」、気付かず侵入している花粉を除去するため「掃除をこまめに行う」のがオススメ対策です。

・外ではマスクほか完全防備
・うがい・手洗い・洗顔
・午後に洗濯物を干さない
・ドア・窓は閉める
・掃除をこまめに行う

●まとめ


2018年も花粉症で大変ですが、対策をこころがけて、辛い時期を乗り切れたらと思います。
 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. 日本を旅する【夏の絶景】今しか見れない絶景4選!海外のような絶景…
  2. 「ディグラム診断HP」PCでもスマホでも無料で性格「AC~CP」…
  3. 【しまむら福袋2017】中身ネタバレが発表!「画像や並ぶ時間と穴…
  4. 【梅雨入り・梅雨明け】2017年予想はコレ!関東・東京はいつから…
  5. 【アメトーク家電芸人2018】春のおすすめ15品!テレビに掃除機…
  6. 【梅雨入り・梅雨明け】2017年予想はコレ!関西・大阪はいつから…
  7. マツコの知らない世界「ひんやりグッズ」横川鼓弓の2016猛暑乗り…
  8. 梅雨のカビ対策の場所「お風呂と洗面所」に小掃除とプチ習慣を。最新…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 【ペルセウス座流星群2018】絶好条件の時間・方角・場所で星降る夜に!「ピークと見ごろが夏にきた」
  2. 【スタバ】抹茶スモアフラペチーノの美味なカロリーとカスタマイズ「値段と期間はいつまでかな」
  3. 金スマ【ゼロトレのやり方】寝たまま楽なのに効果すごい(動画あり)1週間で-13cmの魔法
  4. 火星が大接近!2018年7月31日の見つけ方は?「肉眼でも赤く光る姿がはっきり。15年ぶり!」
  5. 【男を好きにさせる方法】簡単な心理学テクニックpart2「出会いから効果的に!」
  6. 【めざましライブ2018】出演者と日程がコレ!チケットは座席の列指定できるの?
  7. 【みずがめ座δ流星群2018】7月の時間と方角「ピークと見頃、観測条件を知っておこう」
  8. 【スタバ】ピーチフラペチーノ2018の美味なカロリーと値段・カスタム「期間はいつまでだろ」
  9. 【たけしの家庭の医学】BATが内臓脂肪を減らす!活性化と増やす方法・レシピが知りたい
  10. 【FNS歌謡祭うたの夏まつり2018】観覧募集と応募方法「出演者を間近で観れたら最高の思い出」

PickUp_

PAGE TOP