Entertainment

【らせんの迷宮】最終回あらすじ犯人ネタバレ。漫画2巻完結「DNA知識で田中圭が事件を解決」

スポンサードリンク

 
 
田中圭さん主演の2020春テレビ東京ドラマ【らせんの迷宮~DNA科学捜査~】の原作漫画を読んだ、最終回あらすじネタバレを紹介します。

【らせんの迷宮‐遺伝子捜査‐】は夏緑さん&菊田洋之さんによる漫画で、1巻と2巻が刊行され完結してます。

あらすじは、天才遺伝子科学者の神保仁(田中圭)が、熱血刑事の安堂源次(安田顕)や科捜研の美女・乱原蘭とともに、DNA知識を駆使して未解決事件を解決していくミステリー。

原作漫画の最終回あらすじネタバレを紹介するので、ドラマ【らせんの迷宮~DNA科学捜査~】に興味ある人は参考になれば幸いです。

●田中圭ドラマ【らせんの迷宮】原作漫画 登場人物キャスト

● 准教授の神保仁(田中圭)
変人で天才の遺伝子科学者。

変人エピソード
・木の上のリスの毛を採取しようと木登りして落ちる(安堂刑事がクッションになり助かる)
・大学の校舎の通気ダクトに詰まる(安堂刑事がひっぱりだして助かる)
・公園の池で溺れかける(安堂刑事が助けた)

これは神保オリジナルDNAデータベースのためサンプル集め。動植物のDNAを集めてデータベース化すれば、間接的に犯人を絞り込む手がかりになるから。

● 熱血刑事の安堂源次(安田顕)
涙もろくて直情型の昭和な刑事!

● 科捜研の美女・乱原蘭(倉科カナ)
「お乱」と呼んでくる安堂刑事のことはコキ使うSだが、イケメン神保の前では可愛いぶりっ子に変身。

 
 

・スポンサードリンク

 
 

●田中圭ドラマ【らせんの迷宮】原作漫画2巻 犯人と結末あらすじネタバレ

まずは原作漫画2巻の犯人と結末あらすじネタバレから。

■事件8 黒い論文

神保が万引きの疑いで捕まったが、本をDNA鑑定で無実が証明された。

犯人は神保を万引き犯に仕立てあげた、大帝大学の世良教授。「ガン抑制効果のある人工DNA」の論文に問題があり、すりかえる目的だった。

世良は10年前にも、すり替えを目撃した事務員を自殺にみせかけて殺していた。

■事件9 酒豪遺伝子

大学生の水野は、酒豪のOB酒井先輩から酒を強くなれと飲酒を強要され、試験に失敗して留年したので恨んでいた。ある日、水野は酒井にウイスキー500mlを無理やり喉から押し込み、車ごと崖から落として殺した。

検死で死因は酒の飲みすぎの食道炎だと診断されたが、神保は酒豪の体質で食道炎はおかしいと不審に思う。DNA検査した結果、酒井は酒に弱い突然変異型で本当は酒豪じゃなかった。いつもトイレで吐いていたと判明。

ウイスキーは無理やり飲まされたとわかり、水野は自分が犯人だと認め自首した。

■事件10 血液型遺伝子

ある日、金持ちの白石夫人は、実家だった高齢化で誰もいない村で、娘の美雪を井戸に落とした。

実は美雪の父親は他の男。田舎から上京して女を磨き外資系の受付の派遣社員になり、見つけたのが今の旦那。しかし避妊して結婚したがらなかったので、同じAB型の男と浮気して子供を妊娠。旦那はわが子だと信じて結婚した。

しかし最近、美雪がヘルニアと診断された。自宅で血液検査すると美雪はO型で、浮気相手はABだと嘘ついていたと判明。このままだと浮気相手の子供だとバレてしまうから、井戸から落として殺した。

白石夫人は美雪が登校途中に行方不明になったと警察に通報。神保は、夫人の車の後部座席に美雪の大切なテディーベアが無造作に置かれてることや、車に田舎道を走ったような小傷、色白な夫人の腕に長距離運転の日焼け跡があることを指摘し、夫人は犯人だと認めた。

警察が井戸を捜索すると美雪は幸い3日間生き伸びていた。しかも血液検査すると美雪は旦那の子供だった。旦那はシスABヘテロという特殊なタイプだったのだ。夫人は旦那を騙すことで頭がいっぱいで浮気相手の子供だと信じていたのだった。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

■事件11 絶滅した遺伝子

民族の独立戦争の武器にしたい某国の軍隊が、国立感染予防センターが天然痘ワクチンを狙っていた。天然痘ワクチンには毒性の弱い生きた天然痘ウイルスが含まれてるので、毒性を強めて生物兵器にできる。

そんななか国立感染予防センターが送った天然痘ワクチンを積んだ飛行機が墜落事を起こす。

神保・安堂刑事・乱原蘭の3人は天然痘ワクチンの入ったハコを発見するが、襲ってきた軍人らがそれを奪い、ワクチンの一部をまいて逃走。

周辺に飛び散って収束不可能になる前に、神保が即席の蒸留器を作って一帯を消毒して事なきを得た。軍人らは安堂刑事がボコボコにして逮捕した。

■事件12 血痕は語る

小学5年生の結城千草が血まみれのウサギを抱いてる様子をクラスメイトが目撃。そばにあった彫刻刀で刺した疑いを持たれた。

結城千草の実家は金持ちだが、友達がいないためウサギが相談相手だったことを知ってるクラスメイトの島倉光太だけは無実を信じてる。

千草がウサギを抱いた時はすでに血まみれで、いきなり犯人扱いされて言い返せなかったという。

彫刻刀をDNA検査すると血膿が見つかった。ウサギは寒さで免疫が弱くなるとトレポネーマ菌に感染しやすく、その吹き出物が血膿だ。つまり犯人は誰でもなく病気の吹き出物。抗生物質で治って誤解は解けた。

■事件13 過去を囁く遺伝子

遠山製薬の社長・遠山友蔵が再婚した若い嫁の鮎子35才が、燭台で背中を一突きされて殺された。第一発見者は家政婦。息子の静夫は遠山友蔵と経営方針を巡って対立していて動機があるがアリバイがある。

鮎子の通話記録から浮かび上がった容疑者は、詐欺師まがいのパーティーイベンター西原敏弘42歳。しかし接点が見えてこないし、西原は行方不明で現場に指紋もない。

DNA検査と目撃情報から、西原の自宅には1人だけ男装した謎の女性が出入りしていたと判明。そのDNAは12件の独身資産家老人の変死事件に関わっていた。

DNAの正体はなんと鮎子だった。先週の身元不明の遺体のDNAを調べると西原と一致した。

鮎子と西原を殺した犯人は、2人に騙されたことを知った遠山友蔵。アリバイは嘘で株主たちに偽証を頼んでいた。

■事件14 薬剤耐性遺伝子

高見沢知花と理花はIQ160を誇る双子の姉妹。

姉の知花が突然アトピーになり無菌室療法を始めた。数日後、無菌室なのになぜか風邪をひき、白血球値が異常上昇して皮膚が激しい炎症を起こし、細菌が侵入して感染症を発症してしまう。

細菌は黄色ブドウ球菌だと思っていたら、抗生物質の効かない突然変異種VRSAだった。知花はステロイド剤で免疫力を抑えてるから普通なら治療できないが、双子の理花の免疫細胞を輸血して治療できる。

細菌の侵入経路を調査すると、犯人は寄せ書きした学生の1人・川田だった。

みんなが作った千羽鶴を見たいから、こっそり窓を開けて持ってきれくれ、皮膚炎だから無菌室の窓を開けても大丈夫だと知花から懇願され、木を登って千羽鶴を触らせていたと判明。

川田が花粉症の薬を買いに行った薬局で発生したVRSAが千羽鶴について無菌室に持ち込まれたのだった。
  
 

 
 

●田中圭ドラマ【らせんの迷宮】原作漫画の最終回犯人と結末あらすじネタバレ

■最終回の事件 最後の遺伝子捜査

一晩で連続3件の殺人事件が発生。被害者は全員タクシー運転手で、繁華街で女性客乗せた1時間後に殺されていた。被害者は全員ネクタイに白い斑点があることから、犯人はDNAを破壊する薬品「次亜塩素酸ナトリウム」を使って自分の痕跡を消していた。

犯人のDNAは破壊されてるが、後部座席には犯人の靴についてた街路樹の泥がある。土やホコリには微生物のDNAが含まれるため、これで犯人の生活圏が絞り込まれる。

夜遅くまで仕事をした神保は帰り道、ホテルを探して迷子になったという女性と出会い、スタンガンで気絶させられ、無人集落に誘拐される。

神保が行方不明になったと知った安堂と乱原蘭は、聖ヘリックス医科大学の神保の研究室に残った実験ノートから犯人が半径20mに絞られたと知る。そして目撃情報から「黒髪ロングで使い古した紙袋を持った女性」という犯人像が浮かんだ。

監視カメラから、駅のトイレで女装する男を発見。犯罪者データベースと顔を照合し、犯人は傷害致死の前科がある弓塚明紀だと判明。弓塚は21才のとき無職をとがめてきた父親も殺して逮捕されたが、その前にタクシー運転手も殺しこちらは未解決のままになっていた。

警察が弓塚の実家をつきとめ、安堂刑事が殴って逮捕。神保は無事救出された。

●あらすじの感想・まとめ

犯人はけっこう最初のほう、もしくは途中から誰だかネタバレされるので、どうやってDNA知識を駆使して犯人を特定して逮捕するかが見所だと思いました!

最後まで読んでいただきありがとうございました! 
 

関連記事

  1. 【子供を妊娠】安藤サクラと旦那に障害って何「柄本佑との馴れ初めに…
  2. 【テセウスの船】最終回ネタバレ。原作漫画の結末・真犯人は「加藤信…
  3. 「天使にラブソングを」の曲目が楽しい!思わず歌ってしまう一覧(ネ…
  4. ミタパン三田友梨佳が歴代彼氏最新の金子侑司と破局!理由は?また復…
  5. ジュラシックワールド2炎の王国 小ネタを解説。始まり~最後までオ…
  6. 川口春奈と矢地祐介が彼氏彼女の関係!目撃情報とインスタ証拠画像も…
  7. 現在の宇野なおみは高学歴で父と競馬…姉の影響で「渡る世間は鬼ばか…
  8. 【君の膵臓を食べたい】内容ネタバレ。原作のあらすじ結末は「悲しす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP