Entertainment

ガンズ水とは?金属(亜鉛と銅)を溶かして電池と同じ?スピリチュアル界隈で流行

【当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています】

_
スポンサードリンク

 
 
スピリチュアル界隈で「ガンズ水」という謎の水を飲む行為が流行しているそうですが、ネットでは危険だと拡散されています。

「ガンズ」とは、太陽のようなプラズマエネルギーを放射する新次元物質で、それをエネルギー転写したのが「ガンズ水」のようです。

しかし作り方を見ると、まるでボルタ電池の作り方で、金属(亜鉛と銅)を溶かした水を飲むことになってしまいます。

●ガンズ水とは?

■ガンズとは

(重力場によってフィールド内に)捉えられて集約された「ナノ状態の」ガスは常に、重力磁場でプラズマ状態にありますが、ちょうどこれは太陽のように、それ自体がスピンするプラズマエネルギーを放射します。

ガンズの容器は、数百万もの太陽(のようなエネルギー源)を含みます。このスピンするエネルギーの流れは、マグラブユニットの上に意図的に置かれた重力磁場でのナノコートされたコイルに置かれます。これはナノ層と他の物質との間マグラブの波を介してガンズが「現れる」状態を生み出します。

ガンズはマグラブや他のプラズマテクノロジーのデバイスに意識を加えます。なぜなら、ガンズは宇宙につながり、プラズマフィールドを受け取り放射するので、それはまた人の意識に交差し、どのように家の「電気」がふるまうのかを「学ぶ」ことができます。

やがてプラズマフィールドは「通常の」電気のふるまいを真似し始め、パワーを必要とするデバイスへとプラズマエネルギーを運び始めます。

引用元:trueforce369.wixsite.com

なにかスゴイエネルギーを放射する物質みたいです。

ガンズの容器には、数百万もの太陽のようなエネルギー源が含まれるといいます。

■ガンズ水とは

ガンズ水とは、環境と人の場のエネルギー調整を行う水だそうです。

5次元体「ハイハートチャクラ/ライトボディ」に共鳴する、気体でも固体でも液体でも新次元物質。

その粒子ひとつひとつが「小さな太陽」と呼ばれるんだとか。

商品化されたガンズ水は、ガンズと水を入れたボトルを回転または振動されることで、エネルギーを転写して作られていてるそうです。元の水よりアルカリ化し、飲用水にもお風呂にもオススメだとか。
 
 

・スポンサードリンク

 
 

●ガンズ水の画像。作り方がやばい。金属を溶かした水?

作り方は、亜鉛コイルと銅コイルを塩水に漬けて銅線で繋ぎます。「ボルタ電池」の作り方と同じようです。

金属(亜鉛と銅)を溶かした水を飲むのは、身体によくないと思いますが・・・

●ネットの反応

ツイッターでは健康被害の恐れがあるから絶対に飲まないよう拡散されていますね。

●「遷移金属の錯イオンは危ないよ?」
●「銅を摂取しようとしてやがる……」

 
 

関連記事

  1. 【河野玄斗が妊娠・中絶トラブル】相手の女性タレントは誰?「サイテ…
  2. 柳原可奈子が結婚!旦那は誰ってイケメン。両親の死因は病気…天国で…
  3. 【打ち上げ花火下から見るか】を解説で内容ネタバレ『もしも玉の正体…
  4. 【令和のキャッツアイの顔画像】本家と似てない!長野芹菜と西川菜々…
  5. 【かぐや姫の物語3大キャラの理由】帝の顎、捨丸の浮気、女童は眠ら…
  6. 【らせんの迷宮】1話~あらすじ犯人ネタバレ。漫画1巻は「DNA謎…
  7. 『G線上のあなたと私』が実写ドラマ化!キャストとあらすじは?原作…
  8. 映画【ひるなかの流星】漫画最終巻読んでネタバレ。結末は「最後に選…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP