Entertainment

ドラマ櫻子さんのキャストが違う!と厳しい評価「ロケ地も旭川じゃないし」【櫻子さんの足下には死体が埋まっている】

観月ありささん主演ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」は、キャストが違うと辛口評価が多いです。

原作の櫻子さんと観月ありささんの年齢やイメージが違うのがもっとも評価の厳しいところですが、相手役が高校生ではなく社会人であることも。
配役だけでなく、ロケ地が旭川でなく関東であることも評価を厳しくさせています。

そんな「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」キャストの原作と違う配役や、旭川ではないロケ地情報などに迫ります。
 
 

スポンサードリンク

 
 

●ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」キャスト


■九条家

北海道・旭川から上京した
・標本士:九条 櫻子(観月ありさ)
裕福な家庭に生まれたお嬢様
見た目は美人だが口調は男勝りで空気が読めない。
周囲に気にせず思ったことをズケズケ言う。
正太郎を「少年」を呼んで振り回す。

・家政婦のばあや:沢 海(鷲尾真知子)
櫻子の幼少期から世話役なので彼女のすべてを知っている。
正太郎を孫のように接するが、そこには秘密の想いが


■自然の森博物館

・ドM技術補佐員:館脇 正太郎(藤ヶ谷太輔)
正義感が強い。純粋で優しく常識人。嘘がつけない性格で顔に出る。
ミステリー小説が大好きなクセに怖がり。
・化石好きな学芸員補:志倉 愛理(新川優愛)
元気で明るい現代っ子でムードメーカー。
最初は櫻子が大の苦手だが正太郎を通じて魅力を感じていく。
・植物ヲタクの主任学芸員:磯崎 齋(上川隆也)
普段はおとなしいが珍しい植物を見つけるとテンションが上がる。
私生活は謎に包まれている。
櫻子とは同じヲタクの匂いを感じ、植物の専門家としてサポートする。
・地質学のプロ・学芸員:谷上 和裕(近藤公園)
職場のゴシップが大好き。
トラブル御免の事なかれ主義なので、櫻子を避ける。
・平和主義の館長:杉森 重男(渡辺憲吉)
不穏な空気を察知するとすぐ仲裁に入る。
優れた標本士である櫻子を誰よりも評価している。


■八峰警察署

・上昇志向の刑事:山路 輝彦(髙嶋政宏)
普段は明るくノリが良いが事件となれば真剣で正義感が強い。
ルール無視の櫻子に迷惑を被るが、頼りになるので文句は言えない。
・後輩刑事:近藤 卓也(細田善彦)
バランス感覚に優れたスマートな刑事。

■「櫻子さんの配役に観月ありさは違う」辛口評価多し

原作の櫻子さんは20代半ばくらいの年齢です。
しかし観月ありささんは40才なので、この配役は違うのでは?と、良い評価はあまり得られていないです。
女優のイメージ的にも、櫻子さんはかなりクールなキャラなので、栗山千明さんの方が似合いそうという声も。

捜査協力する相手役の館脇正太郎は原作は高校生で、磯崎齋は担任教師。
ドラマでは、高校が博物館に設定変更されています。

観月ありささん40才に対して、相手が高校生だとあまりに年齢差がありすぎるので、博物館に勤務する社会人に年齢を引き上げたのかもしれませんね。

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」主演になり、観月ありささんは26年連続で連ドラの主演だそうです。
原作と配役があまりに違うことを考えると、主演に観月ありささんは先に決まっていて、それに合わせて原作を選んで配役を決めていったような感じが・・・

原作ファンからは「櫻子さんの配役に観月ありさは違う」という声が多いですが、原作を知らない視聴者が楽しめるドラマになっていればよいですが。

■原作のキャスト■
■九条家
・標本士の九条 櫻子➝20代半ば
・ばあや 沢 海
■高校
・館脇 正太郎➝高校1年生
・磯崎 齋➝クラスの担任
・鴻上 百合子➝正太郎の同級生
 ドラマだと志倉 愛理?
・今居 陽人➝正太郎のクラスメイト
 ➝ドラマだと谷上 和裕?
■警察
・内海 洋貴➝交番の巡査
 ➝ドラマだと刑事2人

●ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」あらすじ


九条櫻子(観月ありさ)は、日本に数名しかいない骨格標本を組み立てる「標本士」。
博物館や研究・教育機関からの依頼を受け、日々動物の骨格標本の組み立てを行っている。
そんな櫻子が家政婦のばあや(鷲尾真知子)と暮らす邸宅を、博物館の技術補佐員・館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)が訪れる。
館長に命じられるままにやってきた正太郎は、ずんどう鍋をかき混ぜる初対面の櫻子にあいさつするが、スルーされてしまう。
とまどう正太郎を尻目に、櫻子は博物館から組み立てを依頼されていた骨を入れたトレイを手に戻ってくる。
むき出しの骨に驚き、完全に逃げ腰になる正太郎に櫻子は、骨の発見場所を問いただし、「そこへ案内しろ」と言い出す。

博物館のスタッフ・志倉愛理(新川優愛)から場所を聞き、学芸員・磯崎齋(上川隆也)からは、珍しい草花の写真を撮ってくるように指示された正太郎は、櫻子の運転する車で骨の発見場所の山中へ。
到着するとすぐに、櫻子は山を歩き回り、落ち葉や土などを払いのけ何かを探し始める。
やがて動きを止めた先にあったのは、なんと人間の白骨死体。
あまりの驚きに腰を抜かし、後ずさりする正太郎。
一方の櫻子は「素晴らしい」と恍惚の表情を見せる。
正太郎の通報で、刑事の山路輝彦(髙嶋政宏)、近藤卓也(細田善彦)と鑑識がやってくるが、遺体は完全に白骨化しているため、詳細は調べないと分からないと言う。
ところが櫻子は、死亡推定時期、年齢、性別、利き手まで、スラスラと言い始める。
驚く刑事たちに、何より気になるのが遺体の歯だと告げた。

引用:http://www.fujitv.co.jp/sakurakosan/story/index.html

 
 

・スポンサードリンク

 
 

●ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」ロケ地は旭川じゃない


「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の原作の舞台は、北海道の旭川です。

しかしドラマのロケ地は、目撃情報によれば旭川ではありませんでした。

■東京都「醸造試験所跡地公園」

住所:東京都北区滝野川2-6-30

■東京都八王子市「清水公園」

住所:東京都八王子市犬目町143-2

■千葉県「幕張メッセ前の歩道橋」

住所:千葉県千葉市美浜区中瀬2−1

■千葉県「青葉の森公園」

住所:千葉県千葉市中央区青葉町

■千葉県立中央博物館

住所:千葉市中央区青葉町955-2
「青葉の森公園」の中にあります。
クジラの骨格標本が一致しています。

■神奈川県「スリーエフ川崎北部市場店」

住所:神奈川県川崎市宮前区菅生4-15-16
卸売市場前のスリーエフです。

■静岡県富士宮市「富士山」

●ネットの反応


原作は20代後半の櫻子と高校生男子のコンビ
ドラマは40才の観月ありささんと博物館員のコンビ
原作の舞台は旭川
ドラマのロケ地は旭川ではない
など原作の重要なポイントが違うことから、原作ファンからのドラマに対する評価は辛口です。
フジテレビがますます人気なくなりそうでヤバイ・・・

単純にドラマ作品として面白ければ、視聴率はあがると思いますが、どんな作品になるか注目ですね。
放送前の厳しい評価を覆せるほど面白いドラマになったら、スゴイですが。


 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. 山崎豊子【女の勲章】小説ネタバレ!あらすじの結末は「白石教授と式…
  2. 【人気のハリーポッター】吹き替え声優一覧がコレ!登場人物はシリー…
  3. 【はじめてのおつかい】2017夏7月17日あらすじと挿入歌一覧「…
  4. 【干された➝契約解除!】山本裕典の理由はフライデー女性でしょ「現…
  5. オードリー春日のエアロビ結果が快挙!全国大会の順位・メダルの色に…
  6. 【結婚】吉田明世アナの相手は大手広告代理店「ピルは旦那になっても…
  7. 【熱愛】真野恵里菜の彼氏はディズニーでショー出演のダンサー「逃げ…
  8. 松岡茉優の腹筋画像はトレーニングで。結果、モーニング娘に加入でき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP