Entertainment

【本能寺ホテル】映画ネタバレを結末まで「ラストで支配人は何を見た?」

綾瀬はるかさん主演の映画「本能寺ホテル」がテレビ地上波初放送されるので、キャストとあらすじ、結末までネタバレ紹介します。ラストは信長と支配人が・・・

映画「本能寺ホテル」は原作のないオリジナルストーリーですが、「鴨川ホルモー」原作者の万城目学さんのボツ案からパクったという噂もある曰く付きの作品。

1582年「本能寺の変」当時にタイムスリップできる不思議なホテル「本能寺ホテル」を舞台に、信長(堤真一)と出会った繭子(綾瀬はるか)が自分の生き方を見つめなおします。

キャストとあらすじ、結末までネタバレネタバレするので、映画「本能寺ホテル」に興味のある人は参考になったら幸いです。
 
 

スポンサードリンク

 
 

●映画「本能寺ホテル」キャスト


【現代】
● 倉本繭子(綾瀬はるか)
● 本能寺ホテル支配人(風間杜夫)
● 結婚相手:吉岡恭一(平山浩行)
● 吉岡の父:征次郎(近藤正臣)

【1582年現代】
● 織田信長(堤真一)
● 森蘭丸(濱田岳)
● 明智光秀(高嶋政宏)
● 商人:大塚(田口浩正)

●映画「本能寺ホテル」あらすじ・予告動画


倉本繭子(綾瀬はるか)は、ふとしたきっかけで京都の路地裏にたたずむレトロな宿“本能寺ホテル”に宿泊する事に。なんとそこは戦国時代に繋がる不思議なホテルだった。

一方、時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は森蘭丸(濱田岳)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、見慣れない格好の女(繭子)が1人、寺に迷い込んでくる。その女は、400年後の世界からやってきた現代人。繭子は自身も訳のわからぬまま、信長と京都の町を見物するなど、交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき――。
あらすじ引用:http://www.fujitv.co.jp/b_hp/180210premium/
予告動画:

●映画「本能寺ホテル」結末までネタバレ 信長の最後、ラストで支配人が…


映画「本能寺ホテル」を見たので結末までネタバレします。

■【現代】

1582年6月2日「本能寺の変」
織田信長は明智光秀に殺されたが、信長の遺体が見つかっていない、謀反の理由は不明確など多くの謎に包まれている。

倉本繭子(綾瀬はるか)は東京から京都に来て、吉岡恭一(平山浩行)と電話して待ち合わせの確認。蘭子は信長も愛した金平糖を買って食べる。

繭子がホテルにチェックインしに行くと予約は来月で、今日の部屋は満室で泊まれないと判明して戸惑う。キャリーバッグをひいて京都の町をさまよう繭子は路地裏で見つけたレトロな「本能寺ホテル」に入り、2名宿泊でチェックインする。

■【1582年】タイムスリップ1回目

繭子がロビーで見つけた壊れたオルゴールのゼンマイを回すとなぜか動き、エレベーターに乗って降りるとそこはなんと1582年のの本能寺だった。

そんな繭子を森蘭丸(濱田岳)が発見するが、蘭丸は胃を痛いというので、繭子は胃薬を渡す。

繭子は今日、結婚相手の吉岡恭一の両親に挨拶する日で緊張してる
一方、蘭丸もお茶会で怖い親方・織田信長(堤真一)に会うので緊張して胃が痛くなっていた。薬を飲んだら治ってびっくり。

そんななか大塚(田口浩正)に見つかる。蘭丸は繭子が異国の者だと紹介してお茶会へ。

織田信長が登場。商人が大事にする茶壺を信長が権力で脅して取り上げると、怒った繭子が取り上げて商人を返してしまう。信長は刀で繭子を斬ろうとして、繭子は逃走して部屋に逃げ込む。

信長が部屋をあけるその瞬間、「本能寺ホテル」のロビーで客(八嶋智人)が呼び鈴を鳴らし、繭子は現代にタイムスリップして難を逃れた。ただ靴を本能寺に忘れた。

繭子は支配人に事情を説明しようと一緒にエレベーターに乗るが、今度はタイムスリップしなかった。

■【現代】繭子の結婚事情

繭子は吉岡の実家が経営する店で食事。金婚式の場を借りて、吉岡が大々的に婚約発表するらしい。吉岡は繭子には言わず父親に結婚式が来年4月だと話していた。繭子は務めていた会社が倒産したばかりで失業中。吉岡からの父親から「やりたい仕事は?」と聞かれる。

繭子はハローワークでも「やりたい仕事は?」と聞かれたが、教員資格があるだけで再就職の役には立たず。そんなとき交際半年の吉岡からプロポーズされ流されて結婚が決まっていた。
 
 

・スポンサードリンク

 
 

■【1582年】タイムスリップ2回目

繭子は「本能寺ホテル」支配人から観光案内チラシをもらう。オルゴールはキリスト教布教のため宣教師が持ち込んだものらしい。支配人曰くひょっとすると信長が持っていたかもしれないとか。

繭子はエレベーターに乗るとまたオルゴールが動き出し、金平糖を食べて扉が開くと、そこは1582年の本能寺だった。

繭子は蘭丸に再会し、人の命より茶壷を大事にする信長を批判。そこへ大塚(田口浩正)が現れ、信長の前に連れていかれる。繭子はよかったらどうぞと金平糖を差し出そうとするが、この時代には超貴重だ。

繭子はこのとき親方が織田信長だと気付き「あなた織田信長?」と呼び捨てして家臣たちがとがめる。

そんな繭子に信長は興味津々。

信長は天下統一はすぐそこで町民たちも穏やかな顔だというが、繭子は家臣たちをみて誰も笑ってないと指摘。さらに繭子は「蘭丸も冷酷非道で鬼みたいだ」と言ってたと暴露。

繭子は捕らわれの身となり、ここが本能寺だと気づく。

繭子は「本能寺の変」が起きることを蘭丸に伝えに行こうと走り出すが、「本能寺ホテル」で団体客が呼び鈴を鳴らしたので現代に戻ってしまう。

繭子は支配人に、本能寺にタイムスリップして信長と蘭丸に会ったと話す。繭子は信長に危険を伝えたいが、支配人はそれをしたら歴史が変わってしまうと注意する。

■【現代】繭子のやりたいこと

繭子は吉岡と会い長馴染みカップルを紹介される。鴨川が見える場所でウェディングパーティーを提案され、言われるまま頷く繭子。料理を始めようとしてると話すと吉岡からしなくていいともいわれていまう。

吉岡は繭子が「特にやりたいことがない女性」だと思ってる。しかし長馴染みカップルの嫁から「繭子はきっとやりたいことがある」と言われる。

■【1582年】タイムスリップ3回目

蘭丸は信長に繭子を逃がしたことを謝罪。

繭子は今度、信長が1人でいるときに再会し、着物を買ってもらい戦国時代の京都の町を案内してもらう。町の人々は信長に気付いていない。

信長のやりたいことは天下統一。みなが穏やかに笑って暮らせる世の中を作りたい。

「おまえは何がしたい?」と聞かれる繭子だが答えられない。信長は言う「やりたいことに大小はない。できないじゃなくやりたいかどうか。」

信長は三日後に西国に向けて出陣するという。

繭子は信長と町を見学したときに知った子供たちの間で流行ってる遊び「ブリブリぎっちょう」を家臣たちに教えて一緒に遊び、みんな笑顔になる。そこに信長も加わって大盛り上がり。

その頃、明智光秀(高嶋政宏)は兵を引き連れ「敵は本能寺にあり!」と息まいていた。

夕方、繭子は信長に、江戸から来たのは嘘で、400年後の未来から来たと告白すると、信長はとっくに見抜いていた。繭子は今夜明智光秀が謀反を起こすから今すぐ本能寺を出るよう警告する。信長と蘭丸が燃える本能寺の中で自害することを告げる。

その時、吉岡が「本能寺ホテル」の呼び鈴を鳴らして繭子は現代に戻る。

■【現代】吉岡の両親の金婚式

繭子は吉岡の父親に、やりたいことが1つもない、人より優れてるところもない、でもこんなんじゃダメだともわかってると話す。父親は、明日にでもやりたいことに出会えるかもしれないから諦めるのは早いと言われる。

実は吉岡の母は去年の夏にがんで死去していた。

吉岡の両親が2人始めた大衆食堂はいつの間のか大きくなり料亭吉岡に成長。父親は母親のおかげだと感謝する。そして父親は料亭吉岡は今月いっぱいで終了すると宣言。

亡くなった母親は父親に「これからはあんたの好きなことして」と言い残していた。父親がやりたいことは、腹をすかした学生に腹いっぱい食わせる大衆食堂がやりたいことだった。これからでも遅くない、大衆食堂をやると宣言した。

■【1582年】「本能寺の変」当日の夜

信長は蘭丸に、秀吉に天下統一を託す手紙を届けるよう命じる。信長の夢は天下統一であり誰が成し遂げてもいいのだ。

信長は繭子が置いていった「京都観光案内のチラシ」を見ている。そこには本能寺の変と信長についての記述がある。

■【現代】歴史は変わっていなかった

繭子は「どうして本能寺ホテルという名前?」と支配人に聞く。繭子は「本能寺の変」は本当に起きたのか支配人に尋ねる。繭子が警告したにもかかわらず歴史は変わっていなかった。

タイムスリップするときとしないときがあるので繭子は支配人に「1582年の本能寺に行きたい。行き方を教えてください」と話すが支配人は意味がわからないと答える。

繭子はタイムスリップしたときのことを思い出し金平糖を食べるがタイムスリップできない。しかし次の瞬間、オルゴールが動いてタイムスリップ成功した。

タイムスリップのやり方は
・オルゴールのゼンマイを回す
・エレベーターに乗る
・金平糖を食べる
・オルゴールが鳴る
だった。

■【1582年】タイムスリップ4回目、信長の最後

本能寺には明智光秀が攻め入り、火矢が放たれ、寺は燃えていた。

明智光秀は家来とともに信長を探し回る。大塚ら客人たちは逃がされた。大塚は信長に取り上げられた茶壺を持って逃げようとするところを信長に見つかるが、信長は「これはわしの欲しかった茶壺ではない」と大塚を逃がした。

繭子は蘭丸と再会して信長のもとへ。「どうして逃げなかったですか?」

信長「わしはもう少しで大事なことを忘れるところだった」

繭子は逃げるよういわれたが、そういえば現代に帰る方法を知らなかった。辺り一面は火の海だ。

もうダメだと思ったそのとき「本能寺ホテル」支配人が呼び鈴を掃除中に落として、呼び鈴が落ちた拍子に鳴ったので繭子は現代に帰ることができた。

一方、信長は自害した。

■【現代】吉岡が気付いた

信長が事前に謀反を知っていたらどうしたろう?

普通は逃げるはずだ。でもあえて明智光秀に討たれたとしたらそそれはなぜだろう?

支配人「きっと信長のことだから命よりも価値のある何かを手に入れようとしたのでしょう」

繭子が吉岡のもとへ戻る。吉岡は繭子が1人じゃなにもできない弱い女性だと思っていた。父親が店を閉めようとすることも全然知らなかった。プロポーズしたのも繭子が失業した弱みに付け込んだ。

吉岡「本当の君を知ろうとしていなかったのかもしれない。結婚の話、白紙にもどそう」

吉岡は繭子がどこに行ってたか知りたいと聞かない。「きっと凄いやつなんだろーなー」

■【現代】ラストは支配人もタイムスリップ

繭子は「本能寺ホテル」フロントでチェックアウトし、支配人にお世話になった礼として金平糖を渡す。

繭子は京都の町を歩きながら、1582年の風景や人々と重ね合わせる。

繭子は、社会科教員なら何でもいいとしていたが、歴史を希望することを電話で伝えた。

ラスト、「本能寺ホテル」で支配人がオルゴールのゼンマイを巻き、エレベーターに乗り、金平糖を食べる。扉が開くとそこは・・・

●感想


映画「本能寺ホテル」は戦国時代を舞台にした戦国タイムスリップものだと思ってたのですが、観るとちょと違いました。

描かれテーマは「やりたいことは何?」だと思います。

織田信長のやりたいことは「みなが穏やかに笑って暮らせる世の中を作りたい。」そのために天下統一を目指しました。繭子の警告で「本能寺の変」で自分が死ぬと知ったのに回避しなかった理由は、繭子が置いていったチラシのみなが穏やかに笑っている写真を見て、自分が死んでも秀吉・家康が天下統一を果たして平和な世の中を作ると知ったからですね。

そんな信長と出会ったことで繭子もやりたいことをついに見つけました。社会科の歴史の教師です。

吉岡の父親からは「いつからでもやればできる」ということを教わりました。

映画「本能寺ホテル」は歴史ものやSF、恋愛要素を期待するとつまらないかもしれないですが、「やりたいこと」というテーマで見ると老若男女問わないので深いなと感想をまちました。

また、ラストは支配人がタイムスリップしたところで終わりますが、タイスリップ先は描かれません。たぶん黒焦げの本能寺ではないかと。
 
 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. オードリー春日のエアロビ予選結果と順位で大熱狂!全国大会にパウロ…
  2. 本仮屋リイナの結婚相手、旦那は民放キー局社員…年収おいくら。馴れ…
  3. 【好きな人がいること】最終回ネタバレ。原作なしの結末は「美咲と夏…
  4. 【千葉真一の息子】真剣佑に隠し子って母親は誰なの「彼女とは不倫」…
  5. 上原多香子はやっぱり妊娠中で結婚へ…新恋人コウカズヤは阿部力との…
  6. 【妊娠画像】堀北真希の子供の出産予定日はいつで病院はどこなの。ネ…
  7. 倉持麟太郎の病気の嫁は浮気でデキ婚だった!CA婚約者と婚約不履行…
  8. 【略奪婚の因果?】近藤サトの旦那・今岡寛和(画像)が不倫!現在別…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP