Entertainment

世にも奇妙な物語2019雨【しらず森のネタバレ】原作の結末は「神社で神隠し?」実在してて怖い

・スポンサードリンク・

 
 
6月8日放送『世にも奇妙な物語2019雨』の、吉田羊さん主演ドラマ『しらず森』のキャストとあらすじ、原作小説読んだ結末ネタバレを紹介します。

『しらず森』の原作は、乾緑郎さんによる小説『思い出は満たされないまま』収録の『しらず森』です。

仕事ばかりの旦那と別居中で、実家で息子と暮らす遥子(吉田羊)は、小学校の同窓会でタイムカプセルを掘り起こす。その帰り道、昔遊んだ神社の森に息子と一緒に行ってみると、息子が行方不明になってしまう。一方タイムカプセルには信じられないものが入っていた・・・ちょっと怖いですが家族愛の物語。

キャストとあらすじ、結末まであらすじネタバレするので『世にも奇妙な物語2019雨』の『しらず森』に興味のある人は参考になればと思います。ちなみに神隠しの神社は実在するようで怖い・・・

『世にも奇妙な物語2019雨』はドラマ5本!
『永遠のヒーロー』郷 ひろみ主演
『しらず森』吉田羊主演
『人間の種』木村文乃主演
『さかさま少女のためのピアノソナタ』玉森裕太主演
『大根侍』浜辺美波主演

●世にも奇妙な物語2019雨『しらず森』キャスト


主演の吉田羊さんは『世にも奇妙な物語』シリーズ初出演にしていきなり初主演です。

■ドラマ『しらず森』キャスト

● 長田遥子(吉田 羊)
● 旦那:長田昭彦(長谷川朝晴)
● 息子:長田尚之(子役の髙橋 來)

● 遥子の母:遠野清美(広岡由里子)
● 遥子の父:遠野武広(梨本謙次郎)

● 少女(子役の平澤宏々路)

息子役の髙橋來くんの画像

少女役の平澤宏々路ちゃんの画像

●世にも奇妙な物語2019雨『しらず森』あらすじ


仕事ばかりで家族の事を顧みない夫との夫婦仲がうまくいかず、息子を連れて実家に帰っている遥子(吉田羊)。

遥子は小学校の同窓会に参加し、そこで30年前に埋めたタイムカプセルを掘り起こす事に。何を埋めたか全く覚えていないタイムカプセルを息子の尚之(髙橋來)と一緒に持ちかえるその帰り道、同窓会で幼い頃の思い出話をしていた遥子は昔よく遊んでいた森を思い出す。

尚之と一緒にその懐かしい森の中に入っていくと尚之が足を滑らせてどこかへ消えてしまう。森の中には尚之の帽子と先ほど掘り起こしたタイムカプセルが残されていた。遥子は夫とともに尚之を必死に探すが、いっこうに見つかる気配がない。そんな中、ふと目に付いたタイムカプセルを開けてみるとそこには信じられないものが入っていて・・・。

あらすじ引用:https://www.fujitv.co.jp/kimyo/

 
 

・スポンサードリンク

 
 

●世にも奇妙な物語2019雨『しらず森』原作の結末ネタバレは?


『しらず森』の原作、乾緑郎さんによる小説『思い出は満たされないまま』収録の『しらず森』を読んだので、結末まであらすじネタバレします。
 
 

■遥子は旦那と別居中

遥子と旦那で大手ゼネコンに勤める昭彦は、息子の尚之が生まれてからずっとレス状態で寝室も別々。

尚之がインフルエンザで40度の高熱のときも、昭彦は仕事で帰ってこなかいなど家庭を顧みないので、遥子は多摩地区のマンモス団地にある実家に尚之を連れて別居中。

離婚したらしばらく実家で暮らすつもりだ。

■小学校の同窓会とタイムカプセル

遥子は小学校の同窓会に参加し、小学6年生のとき埋めたタイムカプセルを掘り起こした。

その同窓会で遥子は、昔よく遊んでいた団地のすぐ近くの古い神社にある、古い石玉垣で囲われた立入禁止の小高い丘『ひょうたん島』を思い出し、尚之を連れて行ってみた。

■『ひょうたん島』で尚之が行方不明

『ひょうたん島』には、『頂上の銀杏の木で首吊り自殺した人がいる』『誘拐された子供の死体が置き去りにされた』といった怖い噂があったが、遥子は気にせず尚之と一緒にカブトムシを探して遊ぶことにした。

ところが遥子が先に頂上につくと、尚之の姿が消えていた・・・!

尚之が行方不明になって10時間過ぎて深夜12時になっても、必死に探して警察に捜索届出も出すが見つからない。

父の武広は「あそこは『不知森(しらずもり)』だからな。神隠しがあるから、神社が祀って人が入らないようにしてる」と言ったが、遥子は悪い冗談だと思った。

そんななか旦那の昭彦が仕事を中断して車を飛ばして駆けつけてきた。遥子が目を離した隙に尚之が行方不明になったのに、昭彦を遥子を責めないし、明日からしばらく休みを取った。

■尚之と謎の少女

実は尚之は本当に神隠しにあっていた。

尚之は頂上で遥子を待っていたが来ないので、元きた道を引き返して団地へ向かい、祖父母の部屋のドアをノックしたが返事ないので、ベランダから覗き込んだら見知らない少女がテーブルで何か書いていた。

少女は迷子になった尚之に気づき、家探しを手伝ってくれた。

少女の名前は遥子で、宿題で『未来の自分に宛てた手紙』を書いていた。来春に卒業でタイムカプセルに手紙を入れて埋める予定だと聞き、尚之は少女が子供時代の母親だと気づいた。

それと同時に、やっぱりあの部屋は尚之が探していた祖父母の部屋で、尚之はもう戻れないと不安になるが、少女は何とかすると励ました。『ひょうたん島』は神隠しが起きる場所だから、帰れる方法を神社で聞いてみようと。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

■未来の自分に宛てた手紙

尚之は2日たっても見つからず、遥子と昭彦はもう一度『ひょうたん島』に行って尚之を探す。

2人で息子を探しながら、昭彦は尚之がインフルエンザの時、取引先との接待で席をはずせなかったが、もし何かあったら一生後悔していたし、遥子に甘えていた、それから反省したと告白した。

結局、尚之は見つからず、帰宅すると同窓会の幹事からタイムカプセルの中身が届いていた。

中身はバッジと手紙で、バッジは尚之が身に着けていたバッジだったが錆びついて年数が経過していた。

手紙は小学6年の遥子が未来の自分に宛てた手紙で内容がこうだった。

未来の私へ
尚之くんが迷子になってます
バッジが証拠です
『ひょうたん島』は本当『しらず森』といい、神隠しがあった時は、消えた場所で「もういいかい、もういいかい」と返事があるまで呼びかけなけれないけないので、すぐやってください。
それから尚之くんは両親の不仲を悲しんでるから、もっと仲良くしてください。

イタズラかと思ったが、昭彦に促されて遥子はやってみることにした。

■結末ネタバレ

尚之は『しらず森』で少女と手を握って「もういいかい」を待ってる。

子供はその声に耳を澄ませて、相手が気づくまで「まあだだよ、まあだだよ」と答え続けなければいけない。「もういいよ」と答えると2度と帰ることができないから要注意だ。

すると両親の声が聞こえ、「まあだだよ、まあだだよ」と答え続ける。

「尚之!」と聞こえたとき、少女の手の感触が消えて、両親が現れた。

遥子が家に帰ろうと言ったので、どっちの家?と聞くと昭彦が「もちろんお父さんとお母さんと尚之の3人の家だ」と言って、遥子がうなずいていた。

■感想

★以上『しらず森』の原作読んで結末まであらすじネタバレでした。

尚之は神隠しにあって、遥子が小学6年生の時代にタイムスリップしていたんですね。

息子の行方不明がきっかけで両親が仲直りしてよかったです。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

●『しらず森』は実在する?


『しらず森』は千葉県市川市八幡に実在する、森の通称です。

神隠しの場所として有名な「禁足地」(入ってはならない場所)で、現在は不知森神社(しらずもりじんじゃ)の一角のみ立ち入りが可能です。

気になる人は一度行ってみてはどうでしょう?でも本当に神隠しにあったら怖い・・・
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. 【モヤモヤ】三度目の殺人をネタバレ解説する!犯人は誰で器とは?意…
  2. 【今夜、ロマンス劇場で】あらすじ結末までネタバレ「美雪の色、健司…
  3. 【宮本から君へ】最終回ネタバレ。あらすじ結末は「美沙子と結婚・妊…
  4. 【石田さんチの大家族】2018.5月ネタバレと感想がコレ「有志と…
  5. 星野敬太郎の嫁は浮気が酷い…親友の飯田覚士と!離婚後は子供にも会…
  6. 【西郷どん】キャスト表と坂本龍馬役の予想!斉藤由貴は不倫で降板で…
  7. 「素敵な選タクシー・スペシャル」のネタバレ公開、結末はキャストの…
  8. ドラマ【リピート】解説含むネタバレ!乾くるみの原作の最終回結末は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP