Entertainment

監察医朝顔の最終回ネタバレは漫画とドラマ違いすぎ?結末は「結婚と子供妊娠で家族の再生物語かな」

スポンサードリンク

 
 
2019夏の月9ドラマ「監察医 朝顔」の最終回あらすじネタバレが漫画とドラマで違いすぎるようです。

「監察医 朝顔」の原作は30巻完結した人気医療漫画ですが、最終回ネタバレはかなり悲惨だったりします。

しかしドラマは原作漫画の刑事と犯人の復讐劇ではなく、母親を震災で亡くした朝顔(上野樹里)と万木平(時任三郎)の父娘の日々を描くあらすじがメイン。そうなると最終回ネタバレが漫画とドラマで違いすぎと予想されます。

原作漫画とドラマの違い、原作漫画の最終回ネタバレを踏まえたうえで、ドラマの最終回はどうなるか予想してみました。悲しみを乗り越えて、結婚と子供妊娠で家族の再生物語となるのでしょうか?

●月9ドラマ「監察医 朝顔」キャスト

■興雲大学法医学教室

● 新人法医学者:万木朝顔(上野樹里)
愛情深く優しい性格。東日本大震災で母が不詳の死を遂げたため、遺体の死因究明に熱心に取り組む。
● 法医学者:藤堂雅史(板尾創路)
法歯学者・絵美の旦那。仕事は丁寧。
● 法医学者:夏目茶子(山口智子)
主任教授。年齢不詳で謎が多い。朝顔が尊敬する理解者。
● 法歯学者:藤堂絵美(平岩紙)
遺体の歯形や治療痕から身元特定する。
 
● 検査技師:高橋涼介(中尾明慶)
豊かな知見を持つ縁の下の力持ち。
● 医学部生:安岡光子(志田未来)
時給目当てのバイトで空気が読めない。

■野毛山署強行犯係

● 刑事・朝顔の父:万木平(時任三郎)
真面目なベテラン刑事、足が棒になっても聞き込みを諦めない。
● 刑事・朝顔の彼氏:桑原真也(風間俊介)
長い交番勤務を経た正義感が強い新人刑事。朝顔の父・万木とバディを組むので胃が痛い。
● 刑事:森本琢磨(SixTONES森本慎太郎)
桑原の年下だが同期。スタイリッシュ。
● 係長:山倉伸彦(戸次重幸)
成果主義の敏腕刑事。
● 刑事:愛川江梨花(坂ノ上茜)
男性に物おじしない女性刑事。
 
● 検視官:伊東純(三宅弘城)
人情味あふれる性格。
● 検視官:渡辺英子(宮本茉由)
● 検視官:沖田宗徳(藤原季節)

■朝顔の祖父母

● 嶋田浩之(柄本明)
東日本大震災で里子を失って以来、ふさぎこんだ様子。
● 万木里子(石田ひかり)
東日本大震災で行方不明になったまま遺体が見つからない。

■オリジナルキャラクター

● 小野佳代(喜多乃愛)

  
 

・スポンサードリンク

 
 

●月9ドラマ「監察医 朝顔」あらすじ・予告動画

万木朝顔は、神奈川県にある興雲(こううん)大学の法医学教室に勤める新米法医学者です。法医学者とは、事件性の疑いの有無にかかわらず、死因不明の遺体の死因を究明することを職務としている医師。

法医学の世界では人間の死因は
<1・病死及び自然死>
<2・交通事故死>
<3・転落死>
<4・溺死>
<5・焼死>
<6・窒息死>
<7・中毒死>
<8・熱中症や凍死など不慮の死>
<9・自殺>
<10・他殺>
<11・刑の執行、戦争行為などによる不慮か否か分からない外因死>
<12・死因が分からない不詳の死>

の12個しかなく、法医学者は最終的に死体検案書に、この12個のいずれかの死因を書き込むこととなります。

朝顔は新米とはいえ、もちろん医師免許も持ち、周囲から一目置かれるほどに優秀な技量と豊富な知識を併せ持つ法医学者。人柄は実直で、自分よりもつい相手のことが気になってしまう、愛情深く心優しい女性です。ただ朝顔は、母を失ったのみならず、遺体すら見つからないという癒しようのない悲しみを抱えており、その悲しみゆえに朝顔には、法医学者として揺るぎのない信念があります。

それは、遺体を決して12番目の死因、つまり“どうして亡くなってしまったのか分からない不詳の死”にはさせない、というもの。

死因を明らかにすることは、その人がどんな性格で、どのような暮らしをし、どのように人生の幕を閉じたのか、そういった“生きた証”を見つけることにつながります。

法医学者が見つけられなければ、その人の“生きた証”は世界から永遠に消えてしまう――そうした思いを胸に朝顔は、遺体に「教えてください。お願いします」とささやきながら解剖をおこない、必要とあれば法医学者の範疇を超えて遺体の発見現場まで行ってしまうなど、誰よりも懸命に、そして真摯に遺体に向き合っていきます。そうして見つけられた“生きた証”は、時に犯罪を看破し、時に遺族の悲しみを癒やし、何より遺体が最後に伝えたかった想いを朝顔に語りかけます。

引用:月9ドラマ「監察医 朝顔」
予告動画:

 
 

・スポンサードリンク・

 
 

●月9ドラマ「監察医 朝顔」原作との違いは?

ドラマ【監察医朝顔】の原作漫画は、2006年から『週刊漫画サンデー』で連載スタートしてコミック30巻で完結した人気医療漫画です。

原作漫画との違いはキャストとあらすじ、それぞれ違いがあります。

■原作漫画との違い 登場人物

ドラマの桑原刑事は独身で朝顔の彼氏ですが、原作漫画の桑原刑事は結婚して嫁・君子と2人暮らし(子供はいない)で、嫁が殺されたあと、朝顔と結ばれます。

ドラマだと朝顔の母親は2011東日本大震災で行方不明になっていますが、原作漫画だと1995阪神淡路大震災で亡くなってます。

★原作漫画の主な登場人物★
● 監察医:山田朝顔(上野樹里)
● 桑原刑事(風間俊介)
● 桑原の嫁・君子
● 朝顔の父・万平(時任三郎)
● 朝顔の上司・茶子(山口智子)
● 暴力団員の犬井

■原作漫画との違い あらすじ

ドラマで描かれるのは、母親を震災で亡くした朝顔と父親という、父娘の日々と変化があらすじとなってます。

本作では各話でさまざまな事件を扱いながら、全話を通して、朝顔が務める法医学教室が管轄する警察署に平が異動になった日から、時を重ねる父娘を追います。

ぽっかりと空いた母の穴を少しでも埋めようとするかのように肩を寄せ合い、笑顔と涙を繰り返しながら、少しずつ前へ進んでいく父娘のかけがえのない日々と変化を描いていきます。

引用:月9ドラマ「監察医 朝顔」

しかし原作漫画のメインのあらすじは、桑原刑事が犬井を追う事件、朝顔の恋愛、この二つが通しでずっと描かれながら、いろいろな単発エピソードが描かれます。母親の死については30巻完結のうち1巻でのみ触れられた程度です。
  
 

・スポンサードリンク・

 
 

●月9ドラマ「監察医 朝顔」原作の最終回あらすじネタバレ

原作の最終回あらすじネタバレを紹介します。

■チョコレートスキップの夢

「チョコレートスキップ」と唱えて眠ると、夢に出てくる男性は結婚相手だいうおまじない。朝顔の嫁に出てきたのは、白い新郎姿の桑原刑事と、黒いタキシード姿の幼馴染・浅井三郎だった。「嘘でしょ?」と動揺する朝顔だった。

■桑原刑事と犬井

桑原刑事は、暴力団を取り締まる相対四課のエースだ。現在追ってる暴力団員の犬井は、麻薬ルートをつぶしたときに情報提供した組員を殺した犯人だ。

内縁の妻の居場所をつきとめたが、四課はみんな顔を知られてるし、高跳びしたといわれ取り合ってくれないので、桑原刑事は独自の判断で、万平に女の様子を見てくれと頼む。そのとき女と犬井を発見。しかし桑原刑事の足に女が飛びつき、犬井は逃げた。

一方その後、朝顔親子の自宅に桑原夫婦がきて、朝顔は桑原の嫁・君子と一緒に料理して仲良くなり、年末には餅つきの約束した。

約束通り年末の餅つきするが、桑原刑事は忙しくて来なかった。その頃、桑原刑事は犬井の女をまるで容疑者のように尋問する。わざと犬井を怒らせておびき出す作戦なのだ。

お正月。朝顔親子に挨拶を済ませると早々に、桑原刑事は仕事を理由に帰り、嫁の君子もついて帰る。

桑原が犬井の女を尾行すると、3時間もデタラメに歩く不審な動き。すると女が桑原に近づいてきて電話を代わった。

川の向こう岸に犬井がいて

「あんたの奥さん美人だね。着物も素敵だった。でも着物血だらけになっちゃったよ」

追いかけるが犬井は女の車で逃げた。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

■君子が殺された 犯人は?

桑原刑事の嫁・君子が殺された。銃で8発も撃たれて殺された。至近距離で1発で即死するのに、体を傷つけるためわざと8発撃ってる。犬井の動機は、単独行動した桑原刑事に対する見せしめと思われる。犯人は犬井が間違いない。

マスコミは、君子の死は桑原のせいだと報じる。君子の父親も「君子を返せ」と泣いて桑原を責めた。

朝顔は平常心を失ったが、一晩かけて思い直した。今まで遺体を家族や友達のように思って解剖することで一生懸命仕事できると信じてきた。なのに本当の友人が殺されたら解剖しないなんてダメだ、同じように解剖しないと。

しかしいざ解剖しようとすると手が震えて出来ず、君子の遺体は茶子が解剖した。その後、みんなのおかげで、立ち直ることができた。

■朝顔が桑原に告白した結果

幼なじみの三郎が、友人の香織と結婚することになり、「チョコレートスキップ」の夢で三郎を見た朝顔は祝福しながらも気持ちが揺れ動く。

その後、朝顔は桑原刑事に「私はあなたが好きです」と告白した。不倫ではないが、亡くなった君子は友人だから朝顔は後ろめたい複雑な気持ち。

しかし桑原刑事は動揺してうまく返事ができず、朝顔はフラれたと思い込む。

桑原刑事は朝顔を自宅に呼んで「嬉しいがもっとふさわしい人がいると思う」と告白を断った。そのとき地震で君子の遺影が倒れ、ふらついた朝顔を支えた桑原刑事はキスして、その夜2人は結ばれた。

桑原刑事は朝顔の父・万平に、結婚を前提にした交際の許しを請うと「すぐ結婚しちゃえ」と言われた。

■朝顔が結婚!

朝顔と桑原刑事は結婚した。毎日手作りのお弁当を作って新婚気分を楽しむ朝顔。

ただ新居ではなく桑原刑事の自宅で新婚生活を始めた。理由は、亡くなった前妻で友人の君子を意識するため。新居で暮らしたら、君子が死んだから私の幸福があると意識しすぎてしまうから。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

■結末ネタバレ 君子を殺した犯人・犬井が現れた

桑原刑事の前妻・君子が殺されて2年が過ぎた。犯人の犬井はいまだ逮捕されていない。

ある日、公園で謎の男が朝顔に近づいてきて、2人で世間話をした。

同じころ桑原刑事は、犬井がフィリピンにいると掴んだ情報を同僚から得る。しかし心配な桑原刑事は朝顔に用心してドアチェーンをするよう言うのだった。

後日、また公園で謎の男が朝顔に話しかけてきたとき、雨が降ってきて、家まで送ってくれるというので朝顔は男の車に乗った。

すると謎の男が銃を片手に正体を現した。

「旦那に電話しろ 今どこにいるか聞け」
「お前の旦那のカミさんを殺した犬井だよ」

桑原刑事に電話で居場所を聞いたあと犬井が変わり、1人で来ないと、君子の時と同じように朝顔を殺すと脅した。動機は「退屈だから遊んでるだけ」

2人の自宅に到着し、朝顔を人質にとって桑原刑事をまつ犬井。

すると大声を出した朝顔に犬井に気が向いてる隙に、桑原刑事が犬井の右腕に包丁を刺して銃を取り上げ、朝顔を逃がした。実は朝顔は公園で桑原刑事に電話して通話中にして会話を聞かせていて、怪しく思った桑原刑事が急いで帰宅して先回りしていたのだ。

しかし犬井は銃をもう一丁持っていた!

もうすぐ警察がくるのを朝顔が伝えに戻ったとき銃声が聞こえた。

朝顔が部屋に入ると、相打ちだった。2人とも額を撃たれて死んでいた・・・

朝顔は自分を責めた。犬井と出会ったとき警察に通報しないで桑原にだけ電話したから「私が死なせた」と泣いて後悔した。

また、桑原刑事は迷わず犬井のこめかみを撃っていたので、君子を殺された復讐だ警察上層部は考えた。つまり警察官としては許されない行為だから、葬儀は警察葬ではなく、一般の葬儀となった。

■エピローグ 子供を出産

朝顔は桑原刑事の葬儀のあと、子供を妊娠してることが発覚した。

父・万平から「冷静になって考えろ」と諭され落ち込むが、出産することを決意する。

みんなの優しさに包まれて、やがて無事、娘つぐみを出産した。どれだけ仕事で疲れていても、つぐみの笑顔があれば元気100%になる。

月日は流れ、娘つぐみは幼稚園へ通う年齢になった。朝顔は充実した日々を送ってる。

そんななか、父・万平が突然「手がきかない・・・」と体調不良を訴え救急車で病院へ緊急搬送された。脳卒中の可能性が高いと診断された。

入院中、みんなが朝顔を支えてくれた。その後、万平が無事退院。

退院祝いで川でみんなでバーベキューし、人との出会いや優しさ暖かさを実感した朝顔だった。

★終わり
 
 

 
 

●月9ドラマ「監察医 朝顔」ドラマ最終回はどんな結末?

原作漫画では途中で桑原の嫁が犬井に殺されるという悲劇があり、その復讐に燃える桑原が最後には相打ちで2人とも死んでしまい、結局朝顔は友人も恋人も失ってしまいました。

しかし桑原の死後、妊娠が発覚して、子供をもつ幸せは得た結末でした。

ドラマでは桑原は最初から彼氏ですが、犬井が途中から登場して桑原が負傷したり、殺されてしまう展開はもしかしたら、あるかもしれません。

原作漫画の朝顔はつらいことあってもけっこう明るいのですが、ドラマは予告動画を見ると暗いです。

桑原がいなくなったらさらに暗くなってしまうので、そんな悲劇は起こらず、最終回には朝顔と桑原は結婚して、子供を授かり、父親も笑顔を取り戻すという、再生を描いた結末になると予想します。

最終回ネタバレは、原作漫画とドラマでは違いすぎる結末になりそう。
 
 

関連記事

  1. 中谷美紀は外国人彼氏ティロ・フェヒナーと結婚するかな「画像やプロ…
  2. アバンティーズそらちぃの彼女は志田愛佳か。いつから彼氏に?【文春…
  3. 【喧嘩】高橋みなみ行列のMは「峯岸みなみシカト事件」板野友美とは…
  4. 【遠山の金さん2018】松岡昌宏版キャストとあらすじ「感想評判が…
  5. 馬場雄大と森矢カンナが彼氏彼女だとフライデー!バスケと女優の馴れ…
  6. 【僕はどこからネタバレ】漫画1巻あらすじ!ドラマ原作は『替え玉受…
  7. 源藤アンリをwikiると学歴(大学)と経歴詐称で嘘つき。回し蹴り…
  8. 【恋はつづくよどこまでも】最終回完結ネタバレ。元カノ若林みのりの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP