Entertainment

【僕はどこからネタバレ】漫画2巻あらすじ!ドラマ原作は「犯人は玲?IR利権と会長、山田と宝田清掃、それぞれの思惑が」

・スポンサードリンク・

 
 
2020年1月期でテレ東の水曜深夜枠で実写ドラマ化される【僕はどこから】の原作漫画2巻のあらすじネタバレ紹介します。

【僕はどこから】の原作は、ヤングマガジンで連載された市川マサさんの漫画。

『文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできる』特殊能力をもつ小説家志望の竹内薫(中島裕翔)と、元同級生で20才の組長というエリートヤ〇ザの藤原智美(間宮祥太朗)の苦悩や友情を描いた青春異能クライムサスペンス。

前回1巻では、智美から頼まれた引き受けた井上玲の『替え玉受験』試験中に殺意を感じた薫が、試験終了後に井上家に行くと母親の死体があり、駆け付けた警察に連行された。という結末でした。

原作漫画2巻のあらすじネタバレ紹介するので、ドラマ化に際して【僕はどこから】を知っておきたい人は参考になれば幸いです。

●テレ東水曜ドラマ【僕はどこから】キャスト

【僕はどこから】のメインキャストは、小説家志望の竹内薫を演じる主演のHey!Say!JUMP中島裕翔さんと、コンビの相方となるエリートヤ〇ザ藤原智美を演じる俳優の間宮祥太朗さん。

2人は5年ぶり4度目の共演で、楽しそうなイケメンコンビ復活です。

● 小説家志望の竹内薫(中島裕翔)
認知症の母親を介護するためコンビニでバイトしながら原稿を書いて小説家を目指してる。

しかし『文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできる』特殊能力が災いして、「自分独自の小説」を書くことができず「僕ってモンは、いったいどこから来るのでしょうか」と悩む。

● 藤原智美(間宮祥太朗)
『講談会系東宮寺組』に最年少20歳で組長を襲名したエリートヤ〇ザ。中学校からの付き合いの元同級生で薫の能力を深く信じてる。

● 会長
● 智美の部下・権堂
● 情報屋の山田

● 刑事:桐原
● 女刑事:黒井
● 刑事:高橋
情報屋の山田を使ってる

 
 

・スポンサードリンク

 
 

●テレ東水曜ドラマ【僕はどこから】原作2巻あらすじネタバレ(前半)

智美から頼まれた引き受けた井上玲の『替え玉受験』は成功したが、試験中に殺意を感じた薫が、試験終了後に井上家に行くと母親の死体があり、駆け付けた警察に任意同行を求められた。

■1 薫が逮捕される■

薫は警察で黙秘を続ける。事情を説明したら智美を裏切ることになってしまうため何も話せない。

認知症の母親が心配なので、逮捕ではなく任意同行だし殺人の証拠もないから、自分の意志で帰れるはずと主張。理由次第で帰れると言われたので母親は認知症で徘徊の症状があるから車にひかれる心配があると土下座して頼むと、名前と住所書けば許すと言われ書いた。

ところが実は被害者・井上涼子を殴り殺した壺から薫の指紋がベットリ検出され証拠となり、逮捕・拘留されてしまう。

警察は薫の中学の集合写真を1枚入手。そこには浦上ファンドの株価操作疑惑の黒幕として捜査対象だったが証拠をつかめずにいた智美も映ってた。さらに数週間前から薫の自宅に智美らしき人物の出入り目撃情報もあった。

事件当日、井上家の定期預金4000万円が解約され被害者によって引き出された。それを狙って薫が犯行に及んだというのが警察の見立て。しかし一般人の薫が事情を知っていたのは不自然なため、智美と関係があるはずだ。

警察は智美の車を止め、薫の逮捕を伝えるが、智美は薫のことを知らないと答える。

■2 『IR利権』■

智美は会長に呼び出され「先生は待てない。時間がねぇぞ」と警告される。

先生とは、政治家の弱みも握ってる経済産業省の大物高級官僚のことで、『替え玉受験』が成功したら、実現したら数兆円の経済効果が見込まれてるカジノ計画『IR事業』に講談会の企業舎弟をネジ込む『IR利権』の取り決めが交わされていた。

しかし薫と智美の関係が警察にバレたためこのままだと会長の先生の関係に捜査の手が伸びるかもしれないので、先生はイラついてる。

情報屋の山田は、薫が『替え玉受験』を自白する前に、警察に嘘の証言をして薫を売るよう進言する。智美と薫が何かの用事で井上家を訪ね、資産家であることを目を付けた薫が強盗殺人を企んだストーリーを組み立てる。

そこで智美は自ら警察へ向かい事情聴取を受ける。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

■3 智美と薫の供述■

智美は事件当日のアリバイを供述した。

・13~15時、智美は薫と会って、読書会をして本の感想を語り合ったりしていた。
・車で薫を知らないと答えた理由は、組長が中学の同級生のオタクな薫と読書会をしていたと知られたら組長の威厳を保てないから。本当は芥川賞や直木賞をとった作家の本を読みたい。
・読書会は朝から14時で終わり。
・智美は薫から借りたゲーテの『ファウスト』を持参
・飲み物は、智美はドクターペッパー、薫はお茶を薄い緑色のグラスで飲んだ
・帰り際に川上弘美の『蛇を踏む』を借りようとしたら、薫は本仲間の井上玲に貸し出し中だったため、薫は本を返してもらうため15時頃に井上家に行き母親の死体に出くわした。
 
智美の供述のあと警察は薫を、智美が薫の単独犯だと供述したという嘘で揺さぶり、罪を認めれば悪いようにはしないと殺人を認める調書にサインを求める。
 
ところが薫をペンを持つとサインせずに調書を書き写すと調書を飲み込んだ。刑事の思考をコピーしたおかげで智美が隣の部屋にいること、智美が薫のアリバイについて何らかの供述をし、警察は嘘だと疑ってるとわかった。

薫はアドリブで智美の供述と一致させていき160個すべて一致。ただの口裏合わせでこんなことはありえないため事実だと嘘はついてない真実の供述だと認められ薫は釈放された。

■4 供述を一致させたトリック■

まず薫が名前と住所を書いたのは計算で、釈放されるためには智美に捜査の手が伸びる必要があった。

口裏合わせなしでアリバイを一致させた方法は、2人だけの共通体験をさも昨日のように覚えてる体験として語ることだった。中学時代、智美が薫の川上弘美の『蛇を踏む』を読んで面白いと感想を伝えたのがきっかけで、薫の部屋で読書会をした。そのとき智美はゲーテの『ファウスト』を読んだ。

井上家に偶然、川上弘美の『蛇を踏む』があったから、薫は智美が中学時代の記憶につなげて話すと予想した。

■5 出版社とバイトから干される■

拘留で1週間原稿を書いてなかった薫は必死に小説を書き、金田編集者に何度連絡してもつながらないため、直接会いにに行くと、反社会勢力(智美の講談会)と関係がある人物の原稿を受け取れないと拒否された。さらにコンビニのバイトのシフトにも入れてもらえなくなった。

智美は薫の小説のことを心配するが、薫は本当のことを言えず「大丈夫です」とウソついた。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

●テレ東水曜ドラマ【僕はどこから】原作2巻あらすじネタバレ(後半)

■6 玲の居場所は?■

母親殺しの真犯人は状況からして井上玲で間違いない。

事件前、母親から渡されて薫が壺を持ったのを玲は見ていた。『替え玉受験』によって玲のアリバイは完璧な一方、薫はアリバイがないことを玲は知ってる。報酬4000万円の件で母親と連絡がとれない智美と薫が家に行って死体の第一発見者になる可能性は高い。

入れ替わりのとき玲が言った「ありがとう」の意味は、薫に罪をかぶせる計画のことだろう。

玲は行方不明になって1週間経った。警察が先に見つけたら玲は、薫が母親を殺すのを目撃して監禁されていた証言するかもしれない。だとしたら薫と智美は再度容疑者にされ、今度こそ薫は殺人罪が確定する。なので智美は玲を捕らえて自首させるため、情報屋の山田に玲の足取りを追わせている。
 
そんななか薫と智美の前に会長があらわれ車に乗せられ、会長が智美に『薫を犯人にしろ』と命じていた事実を知る。

先生は玲が大学入学できて講談会との繋がりがバレなければ『IR利権』はそのままだと約束しているため、会長は薫に自首を勧め、薫は自首を決心するが、智美が止めて「俺が先生を別の方法で納得させてみます」「できなかったら1兆円くらい上納します」と会長から3日間の猶予をもらう。
 
その後、会長は、失敗したら智美を殺せと権堂に命じた。

その頃、山田の自宅には4000万円の札束で遊ぶ玲がいた

■7 山田兄弟■

北九州市小倉の清掃会社『宝土(ほうど)清掃』の社長・宝土駿は2mを超える巨漢で、実は情報屋の山田の弟。ここに山田は玲を連れてきていた。

玲が母親を殺した現場にたまたま遭遇した山田は、『替え玉受験』『IRの利権』『玲の母親殺し』すべてが1つにつながった計画を立てた。玲の父親・井上武昌に誓約書を書かせ、玲を無事帰せば講談会に渡るはずだった『IR利権』を山田兄弟に流す約束を取り付けた。
 
山田は智美に、小倉で玲に似た人物を見たというニセ目撃情報を送っておびき寄せる。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

■8 山田の罠■

智美は玲を捕まえて自首させる計画だが、手がかりは山田から得た目撃情報だけ。

玲が自首したら『IR事業への参入・利権』は立ち消えになってしまい会長の怒りの矛先を心配する薫に、智美は「俺たち側の藩士だ。ヤ〇ザにはヤ〇ザなりのやり方がある」と安心させ、薫を自宅待機させる。

一方、警察も捜査に行き詰まる。玲が事件の真相のカギに思われるが居場所がつかめずにいた。そこで高橋刑事は情報屋の山田に電話するが、山田はまだ情報をつかめないとウソをつく。

山田兄弟は、真犯人を用意する計画だ。邪魔するやつは駆除する。

■9 銃■

山田は自宅待機中の薫を訪ね、智美が玲を自首させようとしてることは知っていて会長に内緒で情報送ってると、智美とのlineを見せた。ただ玲の正確な居場所はまだ伝えてない。玲は北九州の地元ヤクザに匿われており、情報が遅かったせいで智美は武器を持たず行ってしまったから。

『宝土清掃』は警察に素性がバレてないマフィア化したヤ〇ザ組織。このままだと丸腰の智美は殺されるため、銃を届けてほしいと薫に頼んだ。

山田の企みは、薫が北九州で智美に銃を渡し、2人が玲を連れて行こうとするところを警察に見つけさせ、口封じのため玲を殺そうとするように誤解させ逮捕させること。

しかし薫はlineを書き写して山田の思考をコピーし、山田が玲の居場所をずっと前から知っていたと嘘を見抜いた。

薫の能力を認識した山田は100%の事実として玲の居場所を紙に書いて薫に渡す。薫は書き写して事実だと安心した。

さらに山田は、山田は玲の居場所を隠していた理由は、会長と智美の間で揺れた自分の弱さが原因と釈明し、薫に助けを求めた。

「この銃は智美の命と、私の情報屋としての良心を救います」と薫は引き受けた。

★終わり

 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. 【いつまでも白い羽根】最終回までネタバレ。キャスト相関図の結末は…
  2. 【ツバキ文具店】ドラマキャストと結末ネタバレ。あらすじ最終回は「…
  3. 廣瀬智紀と渡辺麻友の疑惑とは?結婚&妊娠に「デキ婚で干される」「…
  4. 宮迫博之と田村亮「闇営業忘年会」くず動画!入江を生贄が解雇されな…
  5. 【フライデー第2弾】桂文枝と紫艶のLINE画像・キス画像・誓約書…
  6. 【小倉優子の旦那】菊地勲のプロフィールに氷室京介あっても不倫はダ…
  7. 【ファイナルカット】ドラマ最終回ネタバレ。結末は「真犯人怪しい男…
  8. 【ポケモンGO】事前登録は方法なし「それなら値段や課金システムが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 天皇即位パレードの交通規制は?コース(ルート)と時間!場所オススメはココ(祝賀御列の儀)
  2. スタバ【クリスマス2019グッズ画像】第1弾タンブラー・マグ・カードが可愛いすぎ「ハリネズミと犬神家登場」
  3. 渋谷ハロウィン2019の着替え場所一覧!トイレや混雑状態についても
  4. 【スタバ2019ハロウィンフラペチーノとモカ】カロリーと美味な感想。カスタマイズでダイエットできる?
  5. 【オールスター感謝祭2019秋】赤坂マラソン結果順位と観覧時間!コースの声援がアツイ
  6. スタバ【アップルフラペチーノ】カロリーと味の感想「期間いつまで?秋の新作は青赤りんご!」
  7. スタバ【キャラメルスモアフラペチーノ】期間いつまで?カロリーとカスタマイズ知っておくと便利
  8. 【それぞれの断崖】最終回ネタバレ。原作結末ひどい?「犯人の母親との関係がヤバイ」
  9. スタバ【レモンヨーグルトフラペチーノ】カロリー低め?カスタマイズと味は?いつまでなんだろ
  10. 【テレ東音楽祭(6)2019】観覧募集と出演者タイムテーブル知りたい。放送地域もCheckしとこう

PickUp_

PAGE TOP