dorama

【ディアペイシェント】原作読んでネタバレ。最終回は座間に黒幕がいた!理由が介護のリアルを描いてヤバい

スポンサードリンク

 
 
NHKドラマ10の2020年夏の新作【ディアペイシェント】について、最終回あらすじネタバレを原作から紹介します。クレーマー座間に黒幕がいて、理由が介護のリアルを描いてました。

【ディアペイシェント】の原作は、南杏子さんの小説。病院の医者と患者のリアルな関係を、モンスター患者化したクレーマーを通して描いています。

キャストには主演の貫地谷しほりさん、脇を固めるのは内田有紀さんや石黒賢さんなど実力派。原作もキャストも素晴らしいからかなり面白いドラマになりそう。

最終回あらすじネタバレを原作から紹介するので、【ディアペイシェント】に興味ある人は参考になれば幸いです。

NHKドラマ10【ディア・ペイシェント】キャスト

■佐々井記念病院

民間の中規模総合病院『医療法人社団医向会・佐々井記念病院』内情は評判とは少し違って、医師やスタッフは「患者様第一主義」「患者獲得競争」に振り回されて『3分診療』を強要され、外来・病棟・夜勤の連続で寝る暇もないブラックな日々を送る。

● 内科医:真野千晶(貫地谷しほり)
半年前に大学病院から転職した。モンスター患者の座間に苦しめられる。

● 内科医:浜口陽子(内田有紀)
明るくサバサバした性格でスタッフや患者から慕われてる。医大の同期生であるあ旦那は細胞免疫学教室の研究員でアメリカで海外研修中。
5年前、青森の病院で患者が死亡する医療事故を起こし遺族から訴えられてる。

● 内科医カネゴン:金田直樹(浅香航大)
病院の方針に平然と反論する一方、口が災いして患者の恨みを買い3人から訴えられる。モテることが思わぬ事件に発展する。

● 三代目医院長:佐々井宗一郎(石黒賢)
脳神経外科医の権威。高峰のやり方に疑問があるが、父親の方針を尊重して経営を任せてるので反対できない。

● 事務長:高峰修治(升毅)
元メガバンク銀行員。先代院長からヘッドハンティングされ事務長になり経営の実権を握ってる。
「患者様第一主義」をスローガンに掲げ医師やスタッフに厳しくし、揉めると「患者様プライオリティー委員会」という名の院内裁判を開いて糾弾する。

● 事務局主任:沼田晋也(浜野謙太)
1年前にライバルの大原中央病院の経営方針に嫌気がさして転職した。

● 警備員:蓮見勇夫(平田満)
元神奈川県警マル暴の刑事。警察ともパイプがある。院長とは旧知の間柄。

■モンスター患者

● モンスター患者:座間敦司(田中哲司)
糖尿病・腰痛・狭心症を治療中。脳梗塞の後遺症で寝たきりの母を介護してる。
千晶への要求をエスカレートさせ恐怖のどん底に陥れる。千晶のプライベート情報を知っている。

● 常連のモンスター患者:浅沼知恵子(鷲尾真知子)
千晶に認知症を指摘されて激高して否定する。家業を継いだ歯科医の息子が自慢。

● 入院中のモンスター患者:西園寺光隆(竜雷太)
白金台の豪邸に暮らす資産家。認知症。冷えきった家族関係の寂しさが原因でモンスター患者化した。

■千晶の山梨の実家

● 妹:真野万里(高梨臨)
両親と同居して父の診療所で医療事務を手伝ってる。母の認知症が悪化して施設に入ることになり父も引退を間だえたので千晶に診療所を継ぐよう伝える。

● 母:真野佑子(朝加真由美)
数年前から若年性認知症を患い最近悪化して徘徊を始めた。

● 父:真野徹(伊武雅刀)
東京でエリートコースを歩んでいたが治療方法のない病気の論文を書くことに疲れ、山梨で「真野診療所」を開業した。

■千晶が通うロシアの格闘技「システマ」

● 講師:吉良大輔(永井大)
訓練を通して千晶を支える。

NHKドラマ10【ディア・ペイシェント】ドラマあらすじ

病院を「サービス業」と捉え、「患者様プライオリティー」を唱える佐々井記念病院の医師たちは、さまざまな問題を抱えていた。

1人は、執ように嫌がらせを繰り返す“モンスター・ペイシェント”に付きまとわれる若き女性医師。

1人は、明るい性格で患者からも好かれているが、大きな医療訴訟を抱え悩む先輩女医。

1人は、患者とは一定の距離を取りうまく立ち振る舞っていたかに見えたが、刺傷沙汰に巻き込まれてしまう男性医師。果たして、彼女らは、希望を見いだせるのか?

引用:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/dearpatient/html_dp_midokoro.html

 
 

・スポンサードリンク

 
 

NHKドラマ10【ディア・ペイシェント】原作最終回あらすじ結末ネタバレ

■最終回ネタバレ1. 連続した事件で病院危機

・座間のブログによる執拗な攻撃
・医療訴訟で勝てる見込みなく陽子が自殺
・金田が刺された事件

などが連続した病院が機能してないと風評被害が広がり、週刊誌は「女医は自殺、モテ医は刺傷、クレーム集中病院に何が?」とゴシップ記事を出し、病院名は伏せてあったがすぐ特定された。

千晶は母が亡くなり、葬儀の忌引き休暇で5日間休んでる間に、佐々井記念病院の患者は大幅に減少した。

■最終回ネタバレ2. 西園寺の結末

千晶の休暇中、週2で来院していた座間はなぜか来院してなかった。

入院中のモンスター患者・西園寺が待合室のベンチに座ってる。過去に何度も「タクシーで帰る」を連発して介護職人の瀬戸と大きなトラブルを起こした患者だ。

千晶が夕食の時間だと伝えても西園寺は正面玄関のほうを見て、病院を辞めた瀬戸を息子だと勘違いして「帰ってこない」「アイツがいなければここにいる意味がない」とわめき、会いたがって泣いていた。千晶は優しく背中をさすった。

■最終回ネタバレ3. 浅沼千恵子の結末

座間が来院したので、問題行動を起こす理由を知りたい千晶が聞くと座間はなにも答えず、いきなり坂本九の「上を向いて歩こう」を大声で歌い始め、他の患者やスタッフは凍り付く。

歌い終えると「やっと終わる」とつぶやいた。

そのとき地震のような衝撃と轟音が鳴り響く。頑なに認知症の検査を拒否していた浅沼千恵子(68才)が車のアクセルとブレーキを踏み間違えて病院の待合室に突っ込み、患者3人が死亡、11人が重軽傷の大事故となり、ニュースでも大きく報道された。

事故調査の流れで警察は、座間の問題行動を刑事課が捜査した。

■最終回ネタバレ4. 座間について警察が捜査

警察は座間を、住居侵入罪・暴行罪・偽計業務妨害罪・強姦罪・侮辱罪・ストーカー規制法のつきまとい行為など容疑を視野にしてる。

座間の経歴は高校を中退後、川崎市内の工場に就職して母子仲良くでアパートで暮らしていた。ところが母の介護で生活は一変。

座間は仕事を辞めて介護を1人でやると定期収入がなくなり生活は困窮。夜間の徘徊もありイライラが募った。その一方で座間は生活保護を頑なに拒否し、母親もヘルパーを拒否。

現在の部屋は糞尿の匂いが漂い、洗濯も滞り、浴槽は何年も使った形跡なし。携帯電話も固定電話もなし、テレビはアナログ式、なのになぜか新品のPCとデジカメがあった。千晶が処方を強要された睡眠薬は大量にあったが心配していた転売はなかった。

皮肉にも浅沼千恵子の車が突っ込んだ事故で座間が重傷で入院したことで、母親は施設で充分な介護を受けられるようになった。

座間が問題行動を起こしたのは母親の介護疲れが原因なのか?ただ佐々井記念病院だけで、よその病院でインスリン注射を受けていたがそこでは問題行動なかった謎が残る。

■最終回ネタバレ5. 座間の黒幕が判明

千晶が金田のお見舞いに行くと、話を聞いた金田は座間の分析を始める。

糖尿病のインスリン注射は月1万円かかるし、高血圧や狭心症も他の病院で受診していたので自己負担2~3万円になる。さらに高級ブランドのリュックを購入していたり、座間はどこからその金を?

また、最初に声をかけてきた時に千晶の名前を知っていたし、忌引き休暇を知っていたのはなぜ?

これは佐々井記念病院の内部に協力者がいる可能性がある。そして糖尿病といえば診療報酬の水増し請求がバレて窮地に立たされている大原中央病院だ。事務局主任の沼田が大原中央病院から転職しているので怪しい。

座間のブログ『正しい医療を行う』に載ってる千晶の写真は病院の廊下の写真とは違う別カットだ。アプリで写真の撮影データを解析すると撮影日時は4月6日、千晶が入職した日だった。千晶が入職したとき若手職員が何枚も撮影し、沼田が画像データの管理をしていた。

ブログのヘッダーの手術室画像を解析すると、こちらは大原中央病院だった。

つまり座間は、佐々井記念病院と大原中央病院の内部関係者から写真を提供され、両方にアクセスできるのは沼田主任だけ!こいつが黒幕だった。

その後、黒幕の沼田主任は偽計業務妨害で逮捕された。一方、座間は事故後35日経っても意識不明のまま。

院長は謝罪の貼り紙ととも『患者様へのお願い』ポスターも貼った。

ポスターの内容はこうだ。
・治療費を払いましょう
・暴言暴力はやめてください
・医師への執拗な面会請求は慎みましょう
・コンビニ受診は迷惑なのでやめましょう

座間は沼田の指示でモンスター患者になってクレーム行為していた。一番若い女医をターゲットにして圧力をかけて病院の診療環境を悪化させ、長期的に病院経営を揺るがすのが沼田の目的だった。

沼田はPCとデジカメを与えたが座間は使えなかったので、座間からの報告をネットに書き込んでネット上で病院を攻撃していた。

沼田はほとぼりが冷めた頃に大原中央病院に戻れば上位ポストと収入を幹部に約束されていたと証言するが、大原中央病院が認めず立証できなかった。

■最終回ネタバレ5. 座間のクレームの理由が判明

座間の報酬は、自分の治療代と、母親の医療と介護費用を無料にすることだった。困窮していた座間は沼田に従うしかなかった。

座間の一連の行動は予測不能で千晶はとても怖かったが、元刑事の蓮見がパターンを分析して謎を解いた。

沼田から具体的な指示までされなかった座間は『患者様対応マニュアル』の項目1~9を順番にやってただけだった。

車が突っ込んできた事故の日、座間が「やっと終わる」と言った意味はこれだった。最後9番目の『院内の風紀・秩序を乱す行為』は漠然としてるから実例にある『大声喧噪・放歌』をやっていたのだ。

結局、座間は千晶を憎んではいなかった。

命じられた役割をこなしただけで敵意は偽りだった。

蓮見は、徳島に住む92才の母の面倒を見るため病院を辞めた。

■最終回ネタバレ6. 千晶の結末

千晶は母の四十九日の法要のため休暇を取って帰省。

悲しくて遺品整理に反対する万理をよそに千晶はどんどん捨てる。その中にあった空の箱も潰そうとすると、母がもったいない精神で残したではなく、千晶に食べ物を送るためのものだった。

母が元気な頃、食べ物をしょっちゅう送ってきて医者になりたての千晶は迷惑だと断って母を傷つけたことを思い出す。謝るタイミングないまま母は認知症になってしまった・・・。

冷蔵庫には「桜餅用に」とサクラの葉があり、いつも「しっかり食べなさい」と言ってくれた母の桜餅の味を思い出して千晶は「ごめんなさい」と謝った。

千晶と万理はお互いの本音を言い合う。万理は、母はいつも千晶を褒めていたから、母に好かれたくて面倒を見た。千晶は、父はいつも万理を褒めていたから、父に認められたくても医者になった。

父が山梨で「真野診療所」を開業したときの母は今の千晶と同じ年齢。千晶は実家を継ぐ意志表示をするが、父は「もっと勉強してきなさい」「未熟な医者に来てもらっても役に立たない」と断った。

万理は来年から看護大学に行き、もっと父の助けにになる。それに医者と結婚してもいいと言う「パート医師の男と?」と父は慌てた。

千晶は東京に戻り、佐々井記念病院で医師を続けた。

★終わり★

まとめ

NHKドラマ10【ディア・ペイシェント】のキャストと、原作の最終回あらすじ結末ネタバレを紹介しました。

座間に黒幕がいたのは以外でした!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. 私の家政夫ナギサさんの手帳と過去の秘密、その意味は「ソルマーレ製…
  2. 【ギルティ~この恋は罪ですか?~】第1話ロケ地はどこ?居酒屋で新…
  3. 銀翼のイカロス 白井亜希子大臣のモデルが3人も。蓮舫に辻本に前原…
  4. 【探偵・由利麟太郎】原作ネタバレ「殺しのピンヒール」あらすじと犯…
  5. 私の家政夫ナギサさんは衣装が変?メイ(多部未華子)が「独特」「こ…
  6. 【逃げ恥の続編】漫画ネタバレ!最終回48~54話あらすじはリアリ…
  7. 【やまとなでしこ】最終回セリフまでネタバレを1話から。桜子の結婚…
  8. 【君の膵臓をたべたい】桜良の病名はガンなのか考察!注射器がヒント…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 【スタバさくら2020ドリンク】フラペチーノ&ラテのカロリーと値段は?期間いつまで?美味しそう!
  2. ロンハー女性タレントオーディションの結果は?出演者一覧(画像・プロフィール)がコレ
  3. 【中華メイクの特徴とやり方】アイシャドウが大事!一重に優しいチャイナビュ-ティー
  4. 【ふたご座流星群】2019年の時間と方角!見え方や観測スポットでクリスマス前に星に願いを
  5. 【カウコン】ジャニーズカウントダウン2019-2020解説。申し込み方法と倍率・当落は?年越し一大イベント
  6. 天皇即位パレードの交通規制は?コース(ルート)と時間!場所オススメはココ(祝賀御列の儀)
  7. スタバ【クリスマス2019グッズ画像】第1弾タンブラー・マグ・カードが可愛いすぎ「ハリネズミと犬神家登場」
  8. 渋谷ハロウィン2019の着替え場所一覧!トイレや混雑状態についても
  9. 【スタバ2019ハロウィンフラペチーノとモカ】カロリーと美味な感想。カスタマイズでダイエットできる?
  10. 【オールスター感謝祭2019秋】赤坂マラソン結果順位と観覧時間!コースの声援がアツイ

PickUp_

PAGE TOP