dorama

【危険なビーナスの原作】楓の正体ネタバレ(吉高由里子)明人の嫁がまさかで伯郎「えー!」

スポンサードリンク

 
 
TBSドラマ【危険なビーナス】の原作を読んだので、謎の女・楓の正体をネタバレします。

吉高由里子さん演じる楓は、ある日突然、伯郎(妻夫木聡)の前に現れ、9才年下の異父弟・明人の嫁だといいます。

伯郎は明人と疎遠だし結婚したこと知らなったのでびっくりですが、明人が失踪したので探してくれと頼まれ、正体が怪しい謎の女だけどミニスカートと肉感がタイプだから手伝います。

楓は伯郎好みの服装とボティで惹きつけ、明るい言動で振りますのですが、それには目的がありました!

ネタバレされたとき伯郎が思わず「えー!」とリアクションした楓の正体とは?

【危険なビーナス】謎の女・楓(吉高由里子)とはどんな人?

View this post on Instagram

A post shared by yuri.fun (@yo.shi.yuriko) on

名前:矢神 楓
年齢:30歳
職業:元CA
演じる女優:吉高由里子

■明人との結婚馴れ初め

CA(キャビンアテンダント)として海外にいたとき、同僚と一緒に行った飲食店で明人から声をかけられ、交際に発展して結婚。シアトルの町の小さな教会で2人だけで結婚式あげました。ただ日本で婚姻届けを提出してないのでまだ入籍してません。

結婚後は、最先端IT関連の仕事をしてる明人を手伝ってました。都内にある明人の自宅は家賃120万円の高級マンションで、伯郎の部屋の3倍の広さがあります。

■性格

明るい性格で、伯郎に対して「お義兄さーん、こんばんわー」「だいじょーぶでーす」など語尾を伸ばす口調でフランクに接しますが、どこかミステリアスな雰囲気を放っています。

■服装

茶色のカーリーヘア、レザージャケットにミニスカート、体型がくっきりするニットワンピースなど、肉感たっぷりで伯郎のタイプ。

【危険なビーナス】伯朗(妻夫木聡)は楓を好きになる

View this post on Instagram

A post shared by 吉高由里子 𝐅𝐚𝐧 𝐩𝐚𝐠𝐞 (@yoshitaka__yuriko) on

失踪した明人を一緒に探してほしいと楓から頼まれて伯郎は行動をともにしますが、伯郎は弟の嫁である楓をどんどん好きになっていく様子がラブコメです。

伯郎はもともとすぐ女性を好きになるタイプ。顔や態度に出るから周囲にも相手にもバレバレですが伯郎本人はバレてないと思ってます。

とにかく伯郎は会った女性の体型やスカートの長さをチェックします。患者の女性は既婚者もしくは金持ちの愛人なので手が出せないので、一番身近にいる助手の蔭山元美を好きでした。でも蔭山元美はセクハラが原因で転職したので訴えられるので怖くて手を出せませんでした。

そんななか現れた肉感たっぷりな楓と出会い、最初は体ばかり見てましたがすぐ好きになります。楓の結婚指輪はスネイクリングですが、蛇の交尾は何日も絡み合うので変な想像します。

最終回近くには伯郎は楓にもうゾッコンで『頼られたい』『必要とされたい』『常に主導権を握っていたい』と思います。

そんな楓の正体は・・・
 
 

・スポンサードリンク

 
 

【危険なビーナス】楓の正体ネタバレに伯郎「えーー!」

楓の正体は最終回の結末でネタバレされます。

正体はなんと警察官でした!明人と結婚なんかしてません。

制服姿の楓を見た伯郎は「えーー!」(個人的には芸人のようなリアクションを想像します。)

ある日、警視庁サイバー犯罪対策課が、ネットで『コーディネーター』を名乗る犯人が『矢神明人を拉致・監禁する実行犯』を成果報酬100万円で募集してるのを発見。イタズラにしては手が込んでるため、警察が実行犯に応募して犯人を特定する潜入捜査することにしました。

父・康治の危篤の知らせをうけシアトルから緊急帰国した明人を空港で待ち伏せして事情を話して協力を求め、拉致・監禁を自作自演しました。

明人は犯人の心当たりは、父の危篤と帰国を知ってる矢神家の人間、かつ母・禎子の死とも関係がある人間だったので、楓は明人の嫁になりきって犯人を探っていたのでした。

つまり楓の正体ネタバレは、明人を拉致・監禁しようとした犯人を特定するための潜入捜査官でした!

楓は捜査を進めるため
● 禎子の実家が残ってること
● 義父・矢神康治がサヴァン症候群の研究をしていたこと
● 実父・手島一清は後天性サヴァン症候群だったこと
など伯郎が気付くように導いていたのでした。

最終回の結末では犯人特定に成功し、見事犯人を逮捕してます。

正体をネタバレするまで伯郎とどう行動を共にしたのか?ネタバレします。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

【危険なビーナス】楓と伯郎の行動ネタバレ 最終回結末まで

■1回目 出会い

楓はいきなり伯郎が務める池田動物病院に電話して、「はじめましてお兄様」の挨拶とともに昨年末に結婚したことを伝えたあと伯郎に会いに行きます。

矢神家から父・康治の危篤の連絡を受けて、結婚の報告も兼ねてシアトルから夫婦であわてて帰国するも、3日目、見舞いに行く日に明人が『ちょっとミッションがあるので出かけます。心配しなくて大丈夫。しばらく戻らない場合には父の見舞いは1人で行って欲しい』とメモを残して失踪したことを伝え、一緒に捜して欲しいと頼みます。

■2回目 ミニスカート

ミニスカートで伯郎に会い、矢神家は結婚したこと知らないから矢神康治の見舞いに一緒に行ってほしいと伯郎に頼みます。

■3回目 矢神康治のお見舞い

矢神総合病院の院長の矢神康治は肝臓ガンの末期で、伯郎が声をかけると弱弱しい声で答えました。

「明人に、背負わなくていい・・・」伯郎は意味がわかりません。

その後、楓は矢神家が明人の失踪に関わってると疑ってることを伯郎に打ち明け、明人の高級マンションに伯郎を招き、潜入捜査に誘導します。

● 伯郎に、母・禎子の実家の写真を見せてウラに隠してあったカギを見つけさせる。禎子は16年前に風呂場で事故死、実家は矢神康治が取り壊して更地の写真を送ってきてたので、伯郎は興味を持つ。

● 矢神康治の患者が作ったシンセサイザーの不思議な曲をわざと伯郎に聴かせ、知的障害がある代わりに天才的な才能を発揮する『サヴァン症候群』を、矢神康治が研究していたこと知らせる。

■4回目 叔母夫婦に会う

楓は「順子叔母さんに会いたい」と駄々をこねて伯郎に連れていってもらいます。

伯郎は、実父・手島一清が脳腫瘍がかなり進行後に描いていた『寛恕の綱』と題した絵が幾何学模様だったのでサヴァン症候群かも思ったが、叔母順子は絵を知りませんでした。

楓が叔母順子に「7日(失踪した日)に明人が叔母宅に電話かけたそうです」とかまをかけてアリバイ確認したので、伯郎が怒ると、楓はぷんぷん膨れます。

■5回目 矢神家の遺産相続

楓は矢神家に「明人は多忙でシアトルから帰国できない」と嘘ついてるので、『矢神康之介の遺産相続を話し合う親族会』に明人の代理人として呼ばれました。楓は伯郎についてきてと頼み、伯郎は矢神家と疎遠でしたが禎子の遺品もあるので行きます。

20年前、祖父の矢神康之介が亡くなり、遺言状の内容は『矢神康之介の個人資産はすべて矢神明人に譲る』でした。

ただ遺産の半分は法律通り、遺留分として法定相続人である子供6人が6等分しました。残り半分は不動産でですが当時明人は小学生だったのでまだ相続してないでので、矢神康治が死ぬ前に遺産を整理して現金化できるものはすることにしました。

親戚一同で倉庫をあさってると、矢神康治の所有物の中に『サヴァン症候群の絵』を見つけ伯郎はスマホでで撮影。一方で禎子の遺品が少なすぎる謎と、実の父・一清の最後の絵画『寛恕の綱』も見当たらない謎が・・。

さらに矢神康之介の愛人の佐代が伯郎に「気をつけたほうがいいですよ。禎子さんの遺品がそれで全てとは限らない」と耳打ちして謎が深まります。

そんななか楓は明人の意向として『20年前の遺産相続に不正があったか確認したい。不正分は直ちに返還を要求する』という爆弾発言をして親戚中の怒りを買ります。ところがコレは楓の嘘で、明人が失踪中だと知ってるヤツをあぶりだす罠でした。

■6回目 勇麿が犯人?

すると勇麿が楓を口説いてディナーに誘いました。楓は、勇麿を篭絡すれば内情を知るチャンスだと考えますが伯郎は激しく嫉妬!

結果、勇麿は明人が『禎子から高価なものを譲り受けた』と疑ってるだけで、失踪の日は出張のアリバイがあって犯人ではなかったです。

嫉妬に狂った伯郎は楓に「明人は死んでるかもしれない」と言ってしまい、ビンタされるオチでした。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

■7回目 母・禎子の実家

『禎子の実家が禎子名義なら伯郎にも相続権があるから、現在どうなったのか確認した方がいい」と伯郎が叔母順子から言われたので、楓と2人で確かめに行きます。

そしたら更地じゃなく家がまだ建っててビックリ。しかも手入れされてて電気もつきます。近所のイモトさんが矢神康治から依頼されて管理人を務めていたのでした。明人も何度も来てるそうです。

禎子の遺品が少なった謎の真相は、実家が処分されず全て保管されてたからでした。となると矢神康治がなぜ更地にした写真を偽造してまで嘘ついたか理由が謎です。

16年前の母・禎子の事故死を、明人は殺人事件だと疑ってるようでした。事件の証拠として家を残したのでしょうか?

楓と伯郎は矢神総合病院に行き、なぜ実家を取り壊した嘘ついたか康治に尋ねると「明人、恨むな・・・」という返事で意味不明。禎子を殺した犯人を恨むなってこと?

■楓が親戚から怪しまれる

その一方、矢神家の親戚たちは楓の正体を怪しみます。

● 佐代・・・楓は本当に元CAなのか?いろいろな人間を見てきたから只者じゃないとわかる。

● 百合華・・・明人から何も聞いてない。金目当てに決まってる。明人の友人たちも結婚や楓を知らない。明人に毎日電話してるけど繋がらない。本当に伯郎は連絡とってるのか?

■8回目 後天性サヴァン症候群

楓の誘導のおかげで伯郎は自ら謎解き行動にでます。矢神の屋敷で警告してきた佐代の銀座のクラブ『CURIOUS』に行って新事実を知ります。

● 新事実1・・・佐代と禎子は高校の同級生だった。(アルバムに映ってた)

● 新事実2・・・伯郎が聞いてた馴れ初めは嘘。手島一清の病気を知った佐代がキューピッドになり、脳と精神の研究をしてる康治を紹介して2人は出会った。

● 新事実3・・・手島一清は、脳に電気を流す特殊な実験治療を受けて改善し錯乱しなくなった。と同時に、今までと明らかに違う絵を描くようになった。その後、快方にむかっていたのに急に悪化して死んだ。康治は責任感じて実験しなくなった。

新事実がわかった一方で楓は、一清と同じような絵を描くサヴァン症候群患者の遺族のブログ見つけ、伯郎は診療を蔭山元美に任せて楓と2人でその遺族に会いに行きます。

30年前その患者は、交通事故をきっかけにと幾何学模様が頭に浮かんで描くようになり、病院に相談したのを聞きつけた矢神康治から『フラクタル図形』を描く『サヴァン症候群』だと知り、特殊治療を受けましたが4年後に死去し、絵は矢神康治が引き取ったといいます。

脳腫瘍による錯乱を防止するためにやった電機刺激治療が『後天性サヴァン症候群』という思わぬ副作用を産んでいたのです。人為的に天才脳を作り出すことができるとしたら画期的な発見ですが、死なせた罪の意識で実験をやめ発表もしてません。

もし研究記録が残ってたら大きな価値があります。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

■9回目 勇麿が仲間に加わる。研究資料はどこ?

「明人はシアトルの仕事が多忙で帰国できない」というのが楓と伯郎の嘘だと怪しんだ勇麿は、情報網を駆使して嘘の証拠をつかんで楓に突きつけました。

楓はお手上げですべてを告白し、勇麿が仲間に加わりますが、伯郎にとって勇麿は恋のライバルだから大反対!でも仕方ないです。ちなみに勇麿の目的は『後天性サヴァン症候群の研究資料』を手に入れてビジネスで儲けること。

※伯郎には内緒で、楓は勇麿に潜入捜査官である正体ネタバレ。

3人はさっそく、矢神康治の共同研究者だった変人牧雄のアパートを訪ねます。

変人牧雄によると、一清が死んだあと動物実験に切り替えたが、動物は絵を描いたり楽器も演奏しないから天才脳を確認できず、康治は同様の症例がないか全国を探し回ったものの、仮説が証明できそうな時点で研究をやめたそうです。理由はわかりません。

変人牧雄も研究資料を探してるが見つけられないままでした。

3人は、研究資料は禎子の実家に隠してるあると予想していったん解散。

伯郎は1人で叔母順子に会います。叔父兼三が寝てるなか、アルバム見せながら、実家に秘密の隠し場所があるか知らないか聞きますが、順子は知りませんでした。

■10回目 最終回の結末!犯人判明

3人で車2台(伯郎と楓、勇麿)に別れて禎子の実家に行きます。車中、伯郎が告白みたいなこと言うと楓は「その続きを聴くのは今ではないと思いますので」と意味深に答えました。

※伯郎には内緒で、勇麿のベンツには明人が乗ってます。

2日ぶりに禎子の実家につき、勇麿2階・楓1階・伯郎が庭で手分けして探した結果、早朝4時に『後天性サヴァン症候群の研究』と書かれた資料を勇麿が天井裏で発見しました。しかし天井裏は2日前に伯郎が探して何もなかったので謎が残ります。

勇麿が帰ったあと、伯郎はハッと思いつき楓と一緒に再び禎子の実家に行くと、なんと電気がついてました。

家に入ると叔父兼三がいて、犯人だと自供します。

30年以上前昔、一清が電気治療を受けて発作が治まった代わりに、頭に変な図形が浮かび、それは、数学の『ウラムの螺旋』と呼ばれる、無限にある素数を螺旋状に並べる分布図と同じでした。作品名『寛恕の綱』は人間業とは思えない恐ろしいほどに精緻な図形で、一清は人間が立ち入ってはいけない領域に足を踏み入れてると不安でした。

『寛恕の綱』は素数とは何かという数学界最大の謎を解き明かす心理が描かれており、数学界最大の難問リーマン予想も決着がつくかもしれない物凄い価値があります。

しかし一清が死んだあと絵も消え、一清が処分したと思って諦めました。

それから数年後、明人が禎子のアルバムから剥がした『寛恕の綱』の写真の日付が死去よりずっとあとだったので、絵が実家に隠してあると確信し、こっそり実家に何度か忍び込んで絵を探しました。

16年前のある日、不審に思った禎子にバレました。

一清から絵の処分を任された禎子は処分できず家に隠していたんです。禎子が通報しようとしたので揉み合いになり、禎子は頭を打って気絶。意識ないうちにお風呂で溺死させ事故死を偽装しました。

矢神家に疑いがかかること期待して、研究資料を盗みました。

そして現在、さっき伯郎と順子の会話を盗み聞きして実家が残ってると知り、家捜しされたら困るから先回りして到着して、見つかりやすい場所に研究資料を置き、物陰に隠れてました。

矢神康治が病床で言った「明人に、背負わなくていい・・・」の意味は、『寛恕の綱』(人間が描いてはいけない『ウラムの螺旋』)のことでした。「明人、恨むな・・・」は「明人、ウラムの螺旋を背負わなくていい」と言いたかったんですね。

叔父兼三は自白したあと放火して家ととも死のうとしますが、伯郎と楓が救い出して逮捕。

伯郎は仏間の襖から『寛恕の綱』を見つけますが間に合わず燃えてしまいます。火事に巻まれそうになった伯郎を助けたのは、なんと明人でした。※勇麿のベンツに乗ってたから。

このあと伯郎は明人から、楓の正体が潜入捜査官だとネタバレくらうのでした。

【危険なビーナス】楓と伯郎の恋の結末は?

事件解決後、楓はミニブタを買って、かかりつけの獣医を見つけておこうという口実で伯郎の動物病院を訪れます。

過去最高に短いミニスカートで伯郎をドキっとさせたうえで

「こらから長ーい付き合いになると思います。よろしくね、伯ちゃん」

原作はここで終わりです。

恋の結末はドラマではどう描かれるか楽しみです!キスするかも?

まとめ

ドラマ【危険なビーナス】の原作読んで、謎の女・楓の正体ネタバレしました!

伏線なく最終回の結末で突然、正体が潜入捜査官だとわかるので唐突すぎました!

最後まで読んでいただきありがとうございました。



関連記事

  1. 東京セントラル証券のモデル企業は実在する?建物(ロケ地)は部長と…
  2. 【白日の鴉2 原作ネタバレ】犯人黒幕のあらすじ結末は「オレオレ詐…
  3. 【私たちはどうかしている】ロケ地と光月庵のモデルは?金沢の茶屋街…
  4. 【銀翼のイカロス】倍返しネタバレ。あらすじを最終回結末まで「帝国…
  5. 【キワドい2人】原作ネタバレ1話2話3話の犯人は「猿・柔道・幽霊…
  6. 【白日の鴉2のネタバレ】キャスト解説と原作あらすじ!黒幕の正体を…
  7. 【危険なビーナスの原作】あらすじと謎ネタバレ解説。犯人・真相・隠…
  8. 東京タラレバ娘2020の原作ネタバレだとKEY(坂口健太郎)と倫…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP