Entertainment

丘みつ子が旦那と住む小田原の家がボロボロ!現在リフォームでギャラリー付きに改造!

女優の丘みつ子さんは現在、小田原の家に旦那と住んでいます。子供はいるのでしょうか

若い頃は美人女優としてデビュー(画像あり)するも、丘みつ子さんは仕事のプレッシャーから病気になり、しかしそのおかげで現在のスローライフにたどり着いたようです。

パイロットの旦那との馴れ初めは、マスコミのある行動がきっかけでした。

病気の治療のため箱根に移住して自給自足の生活を送り、趣味の陶芸にも没頭。現在は2017年に買った小田原の古民家を夫婦でリフォームして、陶芸のギャラリー付き古民家にしたとか。

陶芸のセンスもすごいんです(画像あり)
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

●丘みつ子 プロフィール(現在の画像と若い頃の画像)


■丘みつ子プロフィール(現在の画像)


名前:丘 みつ子(おか みつこ)
出身地:東京都北区王子
生年月日:1948年1月19日
年齢:現在71才
高校:北豊島高校
職業:女優・陶芸家
所属事務所:ホリプロ

■若い頃は美人女優として(画像)

丘みつ子さんは若い頃、三浦海岸の海水浴場で開催した「ミス人魚コンテスト」優勝を経てまずはモデルデビュー。

1968年東映の新人オーディションにトップ合格して、20才の頃に日活入りし女優デビューすると、すぐに人気女優に。

当時は俳優や監督の引き抜きを禁じる、映画会社同士の『五社協定』があり、丘みつ子さんは日活の専属女優として安定した仕事が守られた立場でした。

↓若い頃の画像が可愛い丘みつ子さん。

しかしその後、五社協定が崩壊し、丘みつ子さんは世間に放り出されました。が、幸運にも主演作が続き、多忙を極めます。

■病気「拒食症」

まだまだ若い頃の20代半ば、覚えなければいけない台本が多すぎたり、体型を維持しなければいけないなど、プレッシャーから心の病気「拒食症」に陥ってしまいます。

さらに拒食症のストレスを解消するため、酒を飲み歩いて不摂生な生活へと変わっていきました。、

■女優の転機

病気の一方で30代からはお母さん役が定着していき、「日本のお母さん」と呼ばれるほどの女優になりました。

●丘みつ子の旦那はパイロットだった


1981年33才のとき丘みつ子さんは結婚しました。旦那は元ジェット機のパイロットで保育園も経営していた森田演(もりた ひろし)さん。女優とパイロットなんて映画みたいですね。

■馴れ初め

当時は芸能ゴシップが重大ニュースな時代でした。そんななか丘みつ子さんの彼氏が森田演さんだとスクープした記者が、250万円払えば数日猶予すると条件を出してきました。

ゴシップ記事になって仕事を干されるなら、結婚するのが一番の解決方法だと判断し結婚したのでした。「お互い特に必要を感じていなかった」という2人は、こんなことがなければ実は結婚する気もなかったんです。

■結婚してもバラバラの生活

女優とパイロットの夫婦は生活がまる違いました

旦那は留学から帰ると、実家の保育園で労働争議が勃発していて、4~5年間その収拾に奔走しました。その後は、昔の飛行機仲間からアメリカでチャーター会社をやろうと誘われます。

嫁の丘みつ子さんは驚きつつも女優業が忙しかったから、「いってらっしゃい」と旦那を送り出しました。

旦那はアメリカで、ABCのニュースキャスター、大手石油会社の役員クラスなどを乗せて飛行。いつどこで飛行機を飛ばすかわからないので、スーツケースは夏物と冬物を常に用意している生活でした。

その頃、嫁の丘みつ子さんは日本で女優業をしながら、趣味のマラソンやトライアスロンに打ち込んでました。周囲からは『日焼けすると仕事なくなる』と言われても、やりだしたら極めたくなるタイプだから、仕事とトレーニングの毎日でした。
 
 

・スポンサードリンク

 
 

●丘みつ子 子供はいる?


子供はいるかどうかは明らかにされていません。

いたとしても、実家で同居ではなく東京に住んでると思います。

●丘みつ子の 箱根の家から小田原の家へ


丘みつ子さんは30年ほど前、病気「拒食症」の治療法として自給自足の暮らしをするため、箱根の山奥に家を建てて移住しました。

野菜を栽培、ミツバチを飼い、朝5時に起きて夜は8時に寝るという、ストレスのない自給自足の健康的な生活を始めました。

食事は1日2食半。豆腐やヨーグルト、ハチミツ、胚芽枚 良質なタンパク質が中心です。食べ物だけでなくなんと化粧品も手作り。

趣味の陶芸をすることも箱根移住の目的で、シンプルな生活を大事にしました。

■箱根の家がスゴイ

箱根の家は山奥ですが、そのスペックがすごい。

・敷地面積905坪!
・裏側の斜面からは、芦ノ湖が一望できる
・趣味の陶芸用にアトリエ・焼き場・ギャラリーを併設

2015年、800年ぶりに箱根が噴火したときは、規制区域から1kmと近く火山灰も降ってきました。でもそれでも立ち退きはしなかったので、それほど箱根での暮らしが気にっていたようです。

■2017年、小田原の家を買った

しかし今後の老後を考えたとき、905坪もある箱根の家はあまりに広すぎたため、丘みつ子さんは自分が忙しくなると旦那は1人で生活できないと考え、箱根から20分の小田原に新しく古民家を購入しました。

スペックは
・小田原駅から車で10分
・築80年の古民家
・58坪 3LDK
・2階建ての蔵付き
・値段3000万円

相場をみてみると
最安値は、小田原駅から車で20分、築29年25坪4DKでリフォーム必要あり、480万円。
最高値は、小田原駅から車7分、吹き抜けエントランスあり113坪5LDKで、高台で景色が一望できる、82500万円。

外観は
・かなり年季の入った
・トタン屋根は斜め
・かなりボロボロ
ですが中は意外とキレイ。

購入の決め手は、重厚な扉の蔵でした。分厚い土壁のお陰で温度が年中一定、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。時代劇に出てくる和室のような雰囲気があります。

城下町の小田原には蔵付きの一軒家は多いですが、人気なので売りに出される物件は少ないから、丘みつ子さんは貴重なチャンスをものにしました。

小田原は明治時代の名士たちの別荘が立ち並び、丘の上からは、相模湾や真鶴半島を望める「理想の別荘地」とも呼ばれます。

■現在、小田原の家をリフォーム中

丘みつ子さんは小田原の家を、『趣味の陶芸品を飾るギャラリー付き古民家』にしようと、旦那と一緒にリフォーム!屋根のペイントも夫婦で!

2019年2月22日の爆報フライデーでは、リフォーム完成までの650日に完全密着します。どんな映像が飛び出すか楽しみ。

●丘みつ子 陶芸がすごい


丘みつ子さんは10代後半の若い頃から、お茶や生け花など様々なお稽古事をしてきました。

しかし女優業が多忙で趣味をしなくなり、27才の頃、不安に襲われます。

『この先、何か自分の中に揺るがないものを持っていないと、中身のない女優になってしまう。それどころか、女優を続けられなくなってしまうかもしれない』

そこで趣味を再開。

懐石料理からマラソンまで、色々な趣味を始めました。

そして32才のとき出会ったのが陶芸。陶芸好きの隣人に誘われて始めたらハマりました。陶芸は、表現力が重要で、努力に比例し、人に見られるところなど、女優業と共通する部分も多かったです。

普通、陶芸というと、茶碗や壺をイメージします。元総理大臣の細川護熙さんも伊豆で陶芸をしていて、やっぱりいかにも陶芸作品というもの。

しかし丘みつ子さんの陶芸作品は違います(画像)

爬虫類です。完全に自分の世界観がある作品です。アートです。

個人の趣味の範囲を超えて、個展も開いてるそう。

「もし趣味がなかったら、私は50歳を過ぎても回し車の中を走り続け、感情も感動もないおばさんになっていたかもしれません。あの日危惧したとおり、女優業を続けられていたかも、わかりませんね。読者の皆様は、家庭をしっかり守ってこられた方が多いのでしょう。だとしたら、きっと何をやってもモノにしてしまえるだけの力を持っているはず。みずみずしい感性を失わないためにも、ぜひ、何か打ち込めるものを見つけていただきたいですね」

 
 
 



関連記事

  1. 【ベストヒット歌謡祭2017】出演者・曲・タイムテーブル時間最新…
  2. 華原朋美が涙?馬術の全国大会2017の結果、順位はコレ!ドイツ留…
  3. 【箸の持ち方がヤバい本田翼】現在の彼氏は三浦翔平じゃなく菅田将暉…
  4. 【ハロウィン音楽祭2017】出演者タイムテーブルと曲の最新版はコ…
  5. 清水富美加の元交際相手はどのロックバンドの誰なの「カナブーンor…
  6. 【坂道のアポロン】映画ネタバレを結末(最終話)まで。番外編で明か…
  7. 【不倫から結婚へ】岡田准一と宮崎あおいは母親がカギみたい「伊勢神…
  8. 【さくらの親子丼】キャストと最終回ネタバレ。結末は「あざみが母親…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP