Event

【ふたご座流星群2018観測場所は?】東京や大阪などオススメ一覧「時間と方角も知っておこう」

平成最後の「ふたご座流星群」が2018年12月に夜空を彩ります。観測するにあたり、ピークと見頃時間、方角、肉眼観測方法のコツ、オススメ観測場所を知っておくと便利です。

「ふたご座流星群」は三大流星群のひとつで、年間の流星の数が一番多い!これは見逃せません。流星を見たことある人は、訳もなく涙が出たとか。

2018年12月「ふたご座流星群」は場所によって天気が微妙ですが、北海道・関東・愛知名古屋・兵庫・大阪・広島・福岡・沖縄・熊本といった全国のオススメ観測場所もあわせて紹介します。寒い夜ですが。

クリスマスも近いしロマンチック。映画や歌詞のような「星降る夜」になったらいですね。「ふたご座流星群2018」で星に願いを。
 
 

・スポンサードリンク・

  
 

●「ふたご座流星群」とは?


ふたご座は占いでは5/21~6/21生まれの星座ですが、冬を代表する星座。母天体は小惑星ファエトン。

星座の由来は、ギリシア神話のスパルタ王妃の双子(スパルタ王の息子カストル、神ゼウスの息子で不死身のポルクッス)がモデル。兄カストルが戦争で悲しんだ弟ボルボックスの願いをゼウスが叶え、2人とも天にあがり双子座となりました。

ふたご座流星群は、α星カストル付近を放射点とする流星群で、毎年12月中旬頃に極大ピークを迎えます。

1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と共に「3大流星群」の1つで流星数は年間最大トップ!だから安定してたくさん流星を観測できます。

夜の早い時間に放射点が昇るので、一晩中流星を観測できるのも嬉しい。

■流星群とは?

宇宙を漂う小さなちりが、地球の大気に飛び込んで光るのが流星です。夜空を横切る一筋の光!

流星群とは、彗星が放出したたくさんのちりが地球が横切るとき、まとまって出現する現象。毎年決まった時期に観測できます。

●【ふたご座流星群2018年12月】時間と方角・方向


■名前:ふたご座流星群
■出現期間:12月4日~12月17日

■出現ピーク:12月14日(金)よる9時頃
■見ごろ時間:14日(日)よる11時~明け方にかけて
■方角:どこでも
■数 :1時間に30~50個程度

■観測条件:晴れなら最良

■観測条件は?

2018年のふたご座流星群の観測条件は、天気がよくなる太平洋側が良好です。

逆に北日本や日本海側は、低気圧の通過や冬型の気圧配置の影響で、雨や雪が降りやすい天気となってしまい観測条件は悪いです。


 
 

・スポンサードリンク

 
 

■見ごろ日程と時間は?

ふたご座の極大ピークは、12月14日(金)よる9時頃。
見頃は14日(金)よる11時以降がオススメ。上弦前の月が沈んでから明け方まで、ほぼ一晩中、流星が出現します。

前日13日(木)夜も多く見えます。

15日(土)も見えますが、流星の数は減っちゃいます。

■流星の数は?

流星の数は、条件のよい場所なら1時間あたり30~50個と大量!(天の川が見えるような、街明かりがなく空が開けて暗い場所の場合です)

流星出現のペースも90秒に1つというくらい速いから、待ち時間が少なくてありがたい。

流星の速度も中程度なので、見やすいです。

■方角・方向は?

方角はどこでも大丈夫!

東の空の放射点を中心に、四方八方あちこちに流れるので、どの方角を見ても観測できます。

月が出ている時間に見るなら、月と反対側を見るのがポイント!

■観測のコツは広い場所と肉眼!

晴れて街明かりが少なく、できるだけ夜空が広く見渡せる場所で、ぼんやり全体を眺めるのがコツです。

望遠鏡や双眼鏡を使うと視野が狭くなるから逆に不要で、肉眼がオススメ。

ポイントは3つ!
● 月が視界に入らないように、又は月が沈んでから
● 夜空の広い範囲を見渡す
● 15分以上見ること(目が慣れるまで時間がかかるから)
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

●【ふたご座流星群2018年12月】観測場所はどこがよい?


どうせ見るなら良く見える観測場所に行ってみたい人も多いと思います。

地域別の流星群の観測場所を調べてみました。

■北海道
・もいわ山山頂展望台
・旭山記念公園
・幌見峠展望駐車場
・マイルドセブンの丘
・満点の星の丘
・初山別(しょうさんべつ)天文台
・摩周湖
・美幌峠
・銀河の森天文台
・知床峠展望台
・多和平和キャンプ場
■関東
・栃木県:戦場ヶ原
・栃木県:八方ヶ原
・栃木県:湯西川温泉の道の駅
・神奈川県:湘南国際村
・神奈川県:ヤビツ峠
・埼玉県:堂平山天文台
・千葉県:東浪見(とらみ)海岸
■愛知・名古屋
・平和公園
・稲永公園
・段戸湖
・三ヶ根山スカイライン
・香嵐渓(こうらんけい)周辺
・茶臼山高原
・旭高原元気村
・スターフォレスト御園
・伊良湖恋路ヶ浜
■兵庫
・県立大学西はりま天文台
・竹田城跡
■大阪
・長居公園
・ちはや園地
・箕面公園
・和泉葛城山
・みさき公園
■広島
・星降る展望台
・呉市かまがり天体観測館
・三ッ城古墳
・星居山森林公園キャンプ場
・道の駅 豊平どんぐり村
■福岡
・星の文化館
・米の山展望台
・皿倉山
・油山・片江展望台
・和布刈(めかり)公園
・伊都乃国白糸ファミリーキャンプ場
■熊本
・梅の木轟公園
・上天草市ミューイ天文台
・大観峰展望所
・南阿蘇ルナ天文台
・清和高原天文台
・五木村子守唄公園
■沖縄
・古宇利島(こうりじま)オーシャンタワー
・万座毛
・辺戸岬(へどみさき)周辺
・茅打ち(かやうち)バンタ
・国頭村森林公園
・浜比嘉島
・石垣島天文台
 
 

・スポンサードリンク・

 
 
<4>●【しし座流星群2018年12月】観測にあたり注意事項


流星群の観察には防寒対策が必須!

良く晴れる場所は特に、夜明け前は放射冷却によってびっくりするほど気温が下がるため、暖かい服装や、場所によっては寝袋など防寒対策をしっかりして観測に臨みましょう。

魔法瓶に温かい飲み物を入れて用意しておいたりするのもオススメです。

神秘的な光景を観ることができたら嬉しいですね。流れ星の数だけ願い事もできます。

■天文現象一覧

1月 ▶しぶんぎ座流星群 ※三大流星群
4月 ▶こと座流星群
5月 ▶みずがめ座η(エータ)流星群
6月 ▶ストロベリームーン
7月 七夕
7月 ▶みずがめ座δ(デルタ)流星群
7月 やぎ座流星群
8月 はくちょう座流星群
8月 ▶ペルセウス座流星群※三大流星群
8月 下旬に金星と木星が大接近
9月 十五夜・中秋の名月
10月 りゅう座流星群
10月 おうし座流星群
10月 ▶オリオン座流星群
11月 ▶しし座流星群
12月 ▶ふたご座流星群 ※三大流星群
12月 こぐま座流星群

 
 



関連記事

  1. 映画「ピクセル」吹き替え声優とあらすじネタバレ!子供も喜ぶゲーム…
  2. ヘルズ(地獄図)のメンバーがMステで大暴れ!清野菜名の邪子メイク…
  3. 【UTAGE!夏の祭典】出演者が豪華。タイムテーブルと曲名は「昭…
  4. 【FNS歌謡祭うたの夏まつり2018】最新タイムテーブル発表!出…
  5. 【お台場夢大陸(ワンガン夏祭り2018)】日程とチケット・アクセ…
  6. 【27時間テレビ】ナオトインティライミの観覧情報「ゲストも来るか…
  7. 【TBS 音楽の日2016とCDTV】 出演者とタイムテーブル。…
  8. 【Mステウルトラフェス2018】タイムテーブル(出演者と曲目)紹…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 【しぶんぎ座流星群2019】方角と見頃時間で感動チャンス「関西や東京でも三大流星群」
  2. スタバ【ゴマゴマゴマフランペチーノ】美味なカロリーはいつまで?カスタマイズと値段も「黒と白のマーブルかっこいい」
  3. 【ふたご座流星群2018観測場所は?】東京や大阪などオススメ一覧「時間と方角も知っておこう」
  4. 【スタバ福袋2019】予約方法と中身ネタバレ画像「内容1万円以上でお買い得だぁ」
  5. 【スタバクリスマス2018】第2弾グッズの画像と値段「ジャーナルブックや年賀状まで揃ってる」
  6. スタバ【クリスマス2018グッズ】タンブラーやカードにほっこり!ホリデーバンドのプレゼントもあるし色々欲しくなる
  7. 【オリオン座流星群2018】見ごろ時間と方角で星に願いを。関東や大阪などオススメ観測場所も紹介
  8. 帰れま10にToshi【サーティワンアイス2018】結果ランキング順位がコレ。人気メニューベスト10の1位はやっぱりアレ?
  9. マック【月見バーガー2018】カロリーは?期間はいつまでかな「値段はクーポンでお得に!」
  10. 【激辛グルメ祭り2018】チケットと出店舗メニューがコレ「混雑する時間帯知ってくと便利」

PickUp_

PAGE TOP