Event

【しぶんぎ座流星群2019】方角と見頃時間で感動チャンス「関西や東京でも三大流星群」

2019年最初の天体ショー「しぶんぎ座流星群」が1月4日に極大ピークを迎えるので、ピークと見頃時間、方角、肉眼観測方法のコツ、オススメ観測場所を知っておくと便利です。

「しぶんぎ座流星群」は三大流星群のひとつで、1時間に何十個も流れる流れ星は感動的ですから絶対見たい人には貴重なチャンスです。

「しぶんぎ座流星群2019」は場所によって天気の影響を受けますが、北海道・東京など関東・愛知名古屋・兵庫・大阪など関西・広島・福岡・沖縄・熊本といった全国のオススメ観測場所もあわせて紹介します。

事情があって観測に行けない人はYoutubeで生放送もあるのでありがたい。
  
 

スポンサードリンク

 
 

●「しぶんぎ座流星群」とは?


しぶんぎ座流星群とは、8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群と並ぶ三大流星群のひとつです。

★三大流星群★
1月のしぶんぎ座流星群
(1年で最初の天体ショー)
8月のペルセウス座流星群
(お盆休みで観測しやすい)
12月のふたご座流星群
(流星数が年間最大30~50個/1h)

しぶんぎ座流星群の特徴は、活発な活動期間がたった数時間しかなく、流星の出現数も20~40、多い時は60個と、毎年変わることです。短時間になる理由はしぶんぎ座流星群が地球の公転面と直角に近い角度で交差するから。そして時間が昼と夜どちらになるかで観測条件に当たりはずれがあります。

聞き慣れない名前の「しぶんぎ座」ですがそんな星座は実は存在しません。18世紀頃フランスの天文学者がうしかい座とりゅう座の境界付近を「へきめんしぶんぎ(壁面四分儀)座」と名付けたのですが、あまりにも増えすぎた星座名を1930年に88個に整理して余計な星座名が消滅。

その結果「りゅう座ι(イオタ)流星群」と名付けられましたが、以前からの呼び名のほうが定着して「しぶんぎ座流星群」が正式名称になりました。

■流星群は宇宙のチリ

宇宙を漂う小さなチリが、地球の大気に飛び込んで光るのが流星です。夜空を横切る一筋の光!

流星群とは、彗星が放出したたくさんのちりが地球が横切るとき、まとまって出現する現象。毎年決まった時期に観測できます。

放射点と呼ばれる一点を中心に夜空の四方八方あちこちに出現し、放射点の近くにある星座にちなんで〇〇座流星群と名付けられています。

●【しぶんぎ座流星群2019年1月】時間と方角・方向


■名前:しぶんぎ座流星群
■出現期間:12月28日(金)~1月12日(土)

■出現ピーク:1月4日(金)午前11時頃
■見ごろ時間:1月4日(金)夜明け前2~3時間
■方角:どこでも
■数 :1時間に30~50個程度

■観測条件:比較的良好

■観測条件は?

月明かりの影響がないので比較的良好です。

天気は冬型の気圧配置なので、日本海側は曇って難しそうですが、関東・関西など太平洋側や福岡など九州は晴れて観測できそう。


 
 

・スポンサードリンク

 
 

■極大ピークと見ごろ時間は?

極大ピークは1月4日(金)午前11時ごろ、昼間ですね。見頃時間はその前の深夜の時間帯、1月4日(金)夜明け前の2~3時間がオススメ。

★夜明けと日の出
北海道 6:34➝7:05
関東 6:23➝6:50
関西 6:38➝7:00
福岡 6:56➝7:22

関東だったら夜明けが6:23だから、午前3時頃から5時半頃までが目安です。

■流星の数は?

流星の数は、条件のよい場所なら1時間あたり20~30個程度!(天の川が見えるような、街明かりがなく空が開けて暗い場所の場合です)

観測時間帯が極大ピーク時間とズレてるから流星数は20~30個程度ですが、月明かりのない好条件が救い。

■方角・方向は?

方角はどこでも大丈夫!

しぶんぎ座流星群は、北東にある放射点(うしかい座とりゅう座の間)を中心に四方八方あちこちに出現するからどの方角を見ても観測できます。

できるだけ広く見渡すように観察するのがポイント

■観測のコツは広い場所と肉眼!

晴れて街明かりが少なく、できるだけ夜空が広く見渡せる場所で、空全体ぼんやり広く見渡すように眺めるのがコツです。

望遠鏡や双眼鏡を使うと視野が狭くなるから逆に不要で、肉眼がオススメ。

★流星観測のポイントは3つ!★
● 月が視界に入らないように、又は月が沈んでから
● 夜空の広い範囲を見渡す
● 15分以上見ること(目が慣れるまで時間がかかるから)

 

●【しぶんぎ座流星群2019年1月】観測場所はどこがよい?


どうせ見るなら良く見える観測場所に行ってみたい人も多いと思います。

地域別の流星群の観測場所を調べてみました。

■北海道
・もいわ山山頂展望台
・旭山記念公園
・幌見峠展望駐車場
・マイルドセブンの丘
・満点の星の丘
・初山別(しょうさんべつ)天文台
・摩周湖
・美幌峠
・銀河の森天文台
・知床峠展望台
・多和平和キャンプ場
■関東
・栃木県:戦場ヶ原
・栃木県:八方ヶ原
・栃木県:湯西川温泉の道の駅
・神奈川県:湘南国際村
・神奈川県:ヤビツ峠
・埼玉県:堂平山天文台
・千葉県:東浪見(とらみ)海岸
■愛知・名古屋
・平和公園
・稲永公園
・段戸湖
・三ヶ根山スカイライン
・香嵐渓(こうらんけい)周辺
・茶臼山高原
・旭高原元気村
・スターフォレスト御園
・伊良湖恋路ヶ浜
■兵庫
・県立大学西はりま天文台
・竹田城跡
 
 

・スポンサードリンク・

 
 
■大阪
・長居公園
・ちはや園地
・箕面公園
・和泉葛城山
・みさき公園
■広島
・星降る展望台
・呉市かまがり天体観測館
・三ッ城古墳
・星居山森林公園キャンプ場
・道の駅 豊平どんぐり村
■福岡
・星の文化館
・米の山展望台
・皿倉山
・油山・片江展望台
・和布刈(めかり)公園
・伊都乃国白糸ファミリーキャンプ場
■熊本
・梅の木轟公園
・上天草市ミューイ天文台
・大観峰展望所
・南阿蘇ルナ天文台
・清和高原天文台
・五木村子守唄公園
■沖縄
・古宇利島(こうりじま)オーシャンタワー
・万座毛
・辺戸岬(へどみさき)周辺
・茅打ち(かやうち)バンタ
・国頭村森林公園
・浜比嘉島
・石垣島天文台


   

●【しぶんぎ座流星群2019年1月】観測にあたり注意事項


流星群の観察には防寒対策が必須!

良く晴れる場所は特に、夜明け前は放射冷却によってびっくりするほど気温が下がるため、暖かい服装や、場所によっては寝袋など防寒対策をしっかりして観測に臨みましょう。

魔法瓶に温かい飲み物を入れて用意しておいたりするのもオススメです。

神秘的な光景を観ることができたら嬉しいですね。流れ星の数だけ願い事もできます。

●【しぶんぎ座流星群2019年1月】動画配信あり


観測が難しい地域に住んでいたり、見に行くほどじゃないけど流星は見てみたいという人はネット動画がオススメ。

ウェザーニュースでは、生中継がYouTubeで実施されます。全国3カ所から流星群の様子を同時生中継!バーチャルお天気キャスター「ウェザーロイドAiri」でMCを務め解説してくれます。
 ・ニコニコ生放送
 ・LINE LIVE
 ・Periscope
 ・FRESH!
などで色々なサイトで動画配信されるのでありがたい。

■天文現象一覧

1月 ▶しぶんぎ座流星群 ※三大流星群
4月 ▶こと座流星群
5月 ▶みずがめ座η(エータ)流星群
6月 ▶ストロベリームーン
7月 七夕
7月 ▶みずがめ座δ(デルタ)流星群
7月 やぎ座流星群
8月 はくちょう座流星群
8月 ▶ペルセウス座流星群※三大流星群
8月 下旬に金星と木星が大接近
9月 十五夜・中秋の名月
10月 りゅう座流星群
10月 おうし座流星群
10月 ▶オリオン座流星群
11月 ▶しし座流星群
12月 ▶ふたご座流星群 ※三大流星群
12月 こぐま座流星群

 
 



関連記事

  1. 【ベストアーティスト2017】タイムテーブル最新版!出演者・曲順…
  2. 画像キレイ【ストロベリームーンの時間帯】2017年オススメはいつ…
  3. 【ふたご座流星群2018観測場所は?】東京や大阪などオススメ一覧…
  4. 【人生逆転バトル リアルカイジ】出演者画像と結果・賞金!経歴と借…
  5. 【スタバ福袋2018】中身ネタバレ画像と抽選予約方法。当たったら…
  6. 【FNS歌謡祭2016冬】日程2夜の出演者と観覧申し込み 情報「…
  7. 映画【青空エール】原作漫画読んてネタバレ。結末は「大介は甲子園出…
  8. 【27時間テレビ2017】タイムテーブルと出演者「生放送じゃない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP