Gourmet

【ボジョレーヌーボー】2016年の解禁日はいつなの「オススメ銘柄4選も紹介」

季節を感じる秋の風物詩「ボジョレーヌーボー」が2016年もやってきます。
1年に一度毎年盛り上がりますが、2016年の解禁日はいつなのでしょうか

そして「ボジョレーヌーボー」とはそもそもどんなワインなのか?
2016年のボジョレーヌーボーのオススメの銘柄もあわせて紹介します。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

● ボジョレーヌーボー2016 解禁日


2016年の解禁日:11月17日(木)

ボジョレーヌーボーの解禁日は、毎年11月の第三木曜日と決まっています。
今年は11月17日(木)ですね。
実は日本は、世界中でもっとも早く解禁日が訪れる国です。

■解禁日の秘密

1967年。ボジョレー地方の地酒「ヌーボー」に解禁日が設けられました。
なぜかというと
生産者たちによる早出し競争によって、粗悪品が出回ってしまったからです。
それを防ぐために、フランス政府が解禁日を設定したのです。

解禁日は最初、11月15日でしたが、土日になった場合は運送業者が休みで販売に影響が出ました。
そこで1985年、現在の「11月の第三木曜日」に改定されました。

● そもそもボジョレーヌーボーとは?


毎年話題になり、テレビのニュースでも取り上げられるボジョレーヌーボー。
その名を知らない人はいないと思います。
しかし、そもそもボジョレーヌーボーとは、どんなワインのことなのでしょうか。

■ボジョレーヌーボーとは

ボジョレーヌーボーとは、
フランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区で作られる
ワインの新酒のことです。

ボジョレーはワインの意味。
ヌーボーは収穫から40~50日で作った新酒という意味。
つまり、ボジョレー地区の地酒です。

■ぶどうはガメイ種を使う

ボジョレーヌーボーの原料はガメイ種というぶどうです。
ガメイとはブルゴーニュ地方の近くにある村の名前。
・粒は赤、果汁は白
・味は酸味がありフルーティー
世界の60%のガメイ種は、ボジョレー地方で栽培されているんだとか。
ガメイ種のワインは、品種的に熟成に耐えられないので若いうちに飲むのも特徴です。

■製法に特徴がある

ボジョレーヌーボーは「マセラシオン・カルボニック(炭酸ガス浸潤法)」という醸造方法で作られています。
通常のワインはぶどうを破砕して発酵させますが、ボジョレーヌーボーは違います。

ボジョレーヌーボーはぶどうを破砕しないで、重みでつぶして自然発酵させます。
・タンニン(渋み)が少ない一方で色が濃く
・通常のワインよりも渋みや苦味が少ない
・リンゴ酸も分解され、まろやかな味わい
・炭酸ガスが酸化防止をしてフレッシュに
・独特な香り。甘いラズベリーや野イチゴ。バナナのようとも
という仕上がりになります。

■条件を満たさないと認定されない

ボジョレーヌーボーは、ボジョレー地方で作ったからボジョレーヌーボーというわけではなく、「AOC(原産地呼称統制)」の基準をクリアしないと認定されません。

その基準とは
・産地がブルゴーニュ地方ボジョレー地区
・その年に収穫したガメイ種のぶどうを使用
・マセラシオン・カルボニック(炭酸ガス浸潤法)醸造方法
・アルコール度数が9度以上
です。
粗悪品が出回ることを抑制する効果もあるのでしょうね。
厳しい品質基準があって安心です。
 
 

・スポンサードリンク

 
 

● ボジョレーヌーボー おすすめの銘柄


ボジョレーヌーボーの銘柄は、=生産者の名前です。
オススメの銘柄を紹介します。

■1.定番にして帝王「ジョルジュ・デュブッフ」

>>(楽天)【予約】【新酒】ジョルジュ デュブッフ 航空便 赤ワイン 辛口 750ml【ボジョレー ヌーボー 2016】【先着でボジョレーワイングラス付き】

ジョルジュ・デュブッフ氏はボジョレーヌーボーの定番にして帝王。
初めての人にオススメで、どこでも売っているのも特徴です。
日本にボジョレーヌーボーを知らしめた一番有名な銘柄ともいわれています。
ボジョレーを世界的有名ワインにした立役者!

■2.自然派「フィリップ・パカレ」

>>(楽天)フィリップ・パカレ ボジョレー・ヴァン・ド・プリムール[2016](赤ワイン)

自然派ワインとして毎年人気。
フィリップ・パカレ氏は、自然派ワインの申し子といわれるほど。
自然派ワインの大御所マルセル・ラピエール氏の甥で、かつ、自然派ワインの元祖ジュール・ショヴェ氏の最期のお弟子さんなんです。

■3.プレミアムな逸品「ルロワ」

>>(楽天)ルロワ ボジョレー・ヴィラージュ・プリムール[2016](赤ワイン)

完璧主義者ルロワ女史。
繊細で奥深いワインを作る、鋭い舌の持ち主として有名です。
味も値段もワンランク上!

■4.世界で1つだけ!シリアルナンバーつき「モメサン」

>>★超限定!シリアルNo.付ボジョレー・ヌーヴォー・ヴァンダンジュ[2016]モメサン(赤ワイン)

凝縮された、複雑で力強い味わいが楽しめる1本。
シリアルナンバーつきなので、世界にたった1本の想い出のヌーボーになります。

● ボジョレーヌーボーは「ワインの赤ちゃん」?


ワインは本来熟成させて美味しくなります。
一方ボジョレーヌーボーは出来立てのワイン「ワインの赤ちゃん」のようなもの。
普通のワイン感覚で、値段相応と思って比べて飲んだりすると、がっかりするしれません。

ヌーボーは美味しいかどうかというより、その年のぶどうの出来を占うという意味合いも。
初めての人は「ボジョレーヌーボーというイベント」を楽しむつもりで飲んでみたらいかがでしょうか
 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. スタバ【キャラメルスモアフラペチーノ】期間いつまで?カロリーとカ…
  2. 【マックハッピーセット】次回2018年2月16日おもちゃはスヌー…
  3. 【マクドナルド総選挙の結果】公約一覧がやばい「投票日程と順位決定…
  4. 帰れま10【びっくりドンキー2018】結果ランキング順位がコレ。…
  5. 帰れま10宅配ピザ【ピザーラ】結果ランキング順位がコレ。ダントツ…
  6. 【春スタバ】サンシャインマンダリンマンゴーはティーとフラペチーノ…
  7. 【スタバ】ベイクドチーズケーキフラペチーノのカロリーヤバッ。期間…
  8. 【肉フェス2019大阪ライブ出演者タイムテーブル】バンド・アイド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. スタバ【キャラメルスモアフラペチーノ】期間いつまで?カロリーとカスタマイズ知っておくと便利
  2. 【それぞれの断崖】最終回ネタバレ。原作結末ひどい?「犯人の母親との関係がヤバイ」
  3. スタバ【レモンヨーグルトフラペチーノ】カロリー低め?カスタマイズと味は?いつまでなんだろ
  4. 【テレ東音楽祭(6)2019】観覧募集と出演者タイムテーブル知りたい。放送地域もCheckしとこう
  5. 【大量発生ピカチュウ2019】場所と時間は?整理券配布やタイムスケジュールも。可愛くてヤバイ
  6. 【スタアバックス珈琲】レトロ看板の店舗はどこ?期間いつからいつまで?メニューがヤバイ
  7. スタバ【アフォガードフラペチーノ2019】カロリーとカスタマイズ「シロップ抜くと甘さ控えめ」
  8. スタバ【いちごフラペチーノ2019】期間いつまで?カロリーやばいけどアポロカスタムは人気
  9. 【しぶんぎ座流星群2019】方角と見頃時間で感動チャンス「関西や東京でも三大流星群」
  10. スタバ【ゴマゴマゴマフランペチーノ】美味なカロリーはいつまで?カスタマイズと値段も「黒と白のマーブルかっこいい」

PickUp_

PAGE TOP