Entertainment

アルキメデスの大戦は実話と実在モデルがミックスしたフィクションだった

スポンサードリンク

 
 
映画「アルキメデスの大戦」は、戦艦「大和」建造を巡る戦争映画ですが、原作漫画も映画もとってもリアルなので、実話や実在人物をモデルしてる印象があります。

調べていくと「アルキメデスの大戦」は実話と実在モデルがミックスしたフィクションでした。

戦艦「大和」が建造され沈没したのは実話ですし、山本五十六も有名な実在の人物ですが、菅田将暉さん演じる櫂直(かいただし)は初めて聞く名前ですが、実在した天才数学者なのでしょうか?

●映画「アルキメデスの大戦」の原作は漫画

「アルキメデスの大戦」の原作は、「ドラゴン桜」や投資がテーマの「インベスターZ」の原作者・三田紀房さんによる漫画で、現在も週刊ヤングマガジンで連載中です。

キャストは主人公の天才数学者・櫂直(かい ただし)を菅田将暉さんが演じ、「永遠のゼロ」の山崎貴監督がメガホンをとるという、原作・主演俳優・監督すべて最強の布陣!

●映画「アルキメデスの大戦」のストーリーあらすじ

ストーリーあらすじ

1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。

海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。だが、省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。

「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六(舘ひろし)は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。

しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…。山本が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直(カイ タダシ)(菅田将暉)。

ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。

「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」…この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。

天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。同調圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。その艦の名前は、【大和】…。

引用:映画「アルキメデスの大戦」公式サイト

海軍が巨大戦艦「大和」を建造しようとしたとき、海軍少将・山本五十六は予算の無駄遣いを理由に反対。軍に関係ない天才数学者・櫂直(カイ タダシ)に協力を頼み、海軍という巨大権力相手に頭脳戦を挑む物語です。
 
 

・スポンサードリンク

 
 

●映画「アルキメデスの大戦」は実話?

「大和」は実話の戦艦ですが、「アルキメデスの大戦」のストーリー自体は実話ではないフィクションです。

実話ではないですが、実話をモデルにした部分があったり、実在モデルにしたキャストが登場したり、実話ミックスのストーリーとなってます。

■対立はフィクション

原作者の三田紀房さんは、2020東京五輪の新国立競技場建設計画を巡り、1300億円だった予算が倍以上の3000億円超えになったことに疑問を抱くうちに、戦艦「大和」が思い浮かんだそう。

戦艦「大和」も当時の国家予算の4%にあたる建造費1億4503万円をかけて建造されたから、現代の新国立競技場と同じように賛成派と反対派で対立するストーリーを描いたのでした。

当時の実話としても、巨大戦艦を作ろうとする派と、空母と戦闘機中心の戦いにすべき派で、意見の対立はあり、そういった実話をモデルに三田紀房さんなりの見解でストーリーを作っていったようです。

■戦艦「大和」は実話

1933年(昭和8年)当時、日本海軍は8隻を擁するアメリカに対抗して新造戦艦が必要でした。

そこで、日本まで攻めてきたアメリカ軍の戦艦をけちらすことができる史上最強最大の戦艦「大和」を建造しました。

攻撃力も防御力もケタ違い、アメリカ戦艦を一発で沈められる主砲も装備した「大和」でしたが、出撃機会に恵まれずほとんど活躍の場がなく戦果はゼロのまま、約3000人の乗組員を道ずれに撃沈した伝説の戦艦となりました。

■実話モデル「友鶴事件」

「アルキメデスの大戦」の原作漫画には、随所に実話が盛り込まれ、物語のカギとなっています。

例えば「峰鶴事件」の実話モデルは1934年の「友鶴事件」です。

船の設計に関わった2人がいました。
藤岡喜男の実話モデル・藤本喜久雄少将と、平山忠道(田中泯)のモデル=平賀譲中将です。

藤本喜久雄少将の上司だった平賀譲中将は、保守的な技術にこだわりすぎて閑職に追いやられました。そのあとを継いだのが藤本喜久雄少将でしたが、最新技術にこだわって、駆逐艦に匹敵する装備を新型水雷艇に搭載した結果、重すぎて転覆したのでした。

その後も転覆事件が続き、船体に様々な問題が発覚したため、平賀譲中将を呼び戻して見直しを指導させました。

発言力を高めた平賀譲中将は戦艦「大和」計画に乗り出しますが、大艦巨砲主義はすでに古い時代だったので、空母と戦闘機が大事だと唱える派と意見対立したのでした。

映画「アルキメデスの大戦」ではそんな平賀譲中将をモデルにした平山忠道(田中泯)が、櫂直(菅田将暉)の最大のライバルとして描かれます。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

●映画「アルキメデスの大戦」キャストは実在モデルあり?

映画「アルキメデスの大戦」キャストは、架空の人物、実在の人物、実在モデルがあるキャラクター、いろいろ混ざってます。

■櫂直(カイ タダシ)(菅田将暉)

主人公の櫂直(カイ タダシ)は、モデルもナシの完全に架空の人物。

100年に1人の天才数学者と呼ばれる22才。東京帝国大学数学科の生徒でしたが、家庭教師をしていた尾崎財閥の令嬢とのスキャンダル疑惑で退学に追い込まれるイケメンでもあります。

日本に嫌気が差してアメリカ留学しようとしたとき、山本五十六から日本海軍にスカウトされ、平山忠道が進める戦艦「大和」の建造費の問題点を数学で突き止めていきます。

■田中正二郎(柄本佑)

架空の人物。櫂直の年上の部下だが、信頼のおけるパートナー。

■大里清(笑福亭鶴瓶)

大阪鶴辺造船会社の社長。櫂直の要請で、平山忠道の見積もりの不正を暴く計画に協力します。

笑福亭鶴瓶さんをモデルに創造された架空のキャラクターです。

■尾崎鏡子(浜辺美波)

櫂が家庭教師をしていた尾崎財閥の令嬢。櫂に想いを寄せる。

 
 

・スポンサードリンク・

 
 

■山本五十六(舘ひろし)

実在した人物。第26・27代連合艦隊司令長官であり、元帥海軍大将まで出世した伝説の海軍少将。

時代に見合った航空母艦の必要性を感じ取り、戦艦「大和」計画を阻止するため櫂を海軍にスカウトしました。

■永野修身(國村隼)

実在した人物。横須賀鎮守府司令官。

藤岡案(航空母艦)を支持しますが、浅慮で信用ならない人間。

■大角岑生(小林克也)

実在した人物。海軍大臣。

中立ですが、面倒に巻き込まれるのを嫌うタイプ。

■嶋田繁太郎(橋爪功)

実在した人物。海軍軍令部第一部長。

平山案(戦艦大和)を支持。平山忠道の後ろ盾。出世欲が強く自己中で言動でトラブルメーカー。

■宇野積蔵(小日向文世)

実在した人物。第15第戦艦「長門」艦長。

■平山忠道(田中泯)

平賀譲中将を実在モデルにした架空の人物。

造船中将。巨大戦艦「大和」の設計者。会議で計画の欠陥を認めていったん計画を取り下げるが、諦めてはおらず・・・

■藤岡喜男

藤本喜久雄少将を実在モデルにした架空の人物。

造船少将。山本五十六と櫂が推す航空母艦の設計者。

 

●まとめ

映画「アルキメデスの大戦」の原作は、三田紀房さんの漫画です。

1930年代の戦時中の日本が舞台で、ところどころ実話も紛れていたり、実話をモデルに創作した部分があったりしますが、基本的にはフィクションです。

登場人物キャストも、架空の人物、実在人物、実在モデルありのキャラクターなどいます。主人公の櫂直(かいただし)は架空の人物ですが、山本五十六などは実在人物です。

 
 

関連記事

  1. MISIAは本名に由来?結婚して子供はいるのかな「実家は両親が医…
  2. 森秋彩(クライミング)の実力や筋肉!中学高校は?父親の影響がデカ…
  3. 【画像】女子プロレス加藤悠とコウメ太夫が変。彼氏は認め彼女は否定…
  4. 【徳山大五郎を誰が殺したか?】放送地域と最終回ネタバレ予想。結末…
  5. バトントワラー渡辺翔史は浅田舞の彼氏でプロフィールが凄い「彼女は…
  6. 【祝】玉木宏の結婚相手は木南晴夏!子供二人かな?馴れ初めは「女の…
  7. 武尊の彼女はマギーで足利美弥じゃない(フライデー画像)横山健との…
  8. キンタローが社交ダンス世界選手権へ!ドイツの結果、ロペスとは「呼…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP