Entertainment

【僕はどこからネタバレ】漫画4巻で打ち切り最終回あらすじ!玲の動機と薫の罪が明らかに!

・スポンサードリンク・

 
 
2020年1月期でテレ東の水曜深夜枠で実写ドラマ化される【僕はどこから】の原作漫画4巻のあらすじネタバレ紹介します。ここで最終回を迎えるわけですが、打ち切りによる最終回なんですね。

【僕はどこから】の原作は、ヤングマガジンで連載された市川マサさんの漫画。

『文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできる』特殊能力をもつ小説家志望の竹内薫(中島裕翔)と、元同級生で20才の組長というエリートヤ〇ザの藤原智美(間宮祥太朗)の苦悩や友情を描いた青春異能クライムサスペンス。

前回3巻では、智美の依頼で井上玲の『替え玉受験』をした薫が、玲によって母親殺しの容疑者にされるも能力を活かしてアイバイを立証して警察から釈放されました。しかし今度は『IR利権』を講談会から横取りしようとする情報屋の山田が黒幕となり、再び薫を犯人に仕立てあげようとしますが、裏をかいて逆に山田を逮捕させ、山田の弟分・駿が待ち構えるアジト『宝土清掃』に智美が乗り込み駿を撃った結末でした。

原作漫画打ち切り4巻最終回のあらすじネタバレ紹介するので、ドラマ化に際して【僕はどこから】を知っておきたい人は参考になれば幸いです。

●テレ東水曜ドラマ【僕はどこから】キャスト

【僕はどこから】のメインキャストは、小説家志望の竹内薫を演じる主演のHey!Say!JUMP中島裕翔さんと、コンビの相方となるエリートヤ〇ザ藤原智美を演じる俳優の間宮祥太朗さん。

2人は5年ぶり4度目の共演で、楽しそうなイケメンコンビ復活です。

● 小説家志望の竹内薫(中島裕翔)
認知症の母親を介護するためコンビニでバイトしながら原稿を書いて小説家を目指してる。

しかし『文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできる』特殊能力が災いして、「自分独自の小説」を書くことができず「僕ってモンは、いったいどこから来るのでしょうか」と悩む。

● 藤原智美(間宮祥太朗)
『講談会系東宮寺組』に最年少20歳で組長を襲名したエリートヤ〇ザ。中学校からの付き合いの元同級生で薫の能力を深く信じてる。

● 会長
● 智美の部下・権堂
● 情報屋の山田龍一

● 刑事:桐原
● 女刑事:黒井
● 刑事:高橋
情報屋の山田を使ってる

■宝土(ほうど)清掃
● 情報屋の山田の弟:宝土駿輝

 
 

・スポンサードリンク

 
 

●テレ東水曜ドラマ【僕はどこから】原作漫画4巻打ち切り最終回あらすじネタバレ

薫は山田兄弟と園長の写真の裏に書いてる文章を書き写し、わかったのは園長の1つの感情「あなたをあなたとして」。

駿は希望園での園長を思い出した。絵が下手な駿は山田が代わりに描いてくれたキレイな絵を提出したが、園長は駿を抱きしめて「私は君の絵が見たいんだ」「上手な絵はどこにでもあるけど、駿の絵はまだ世界のどこにもない」「私はそれが見たいんだよ」と言ってくれた。

「僕のために頑張ってくれてありがとう兄ちゃん」と言い残して死んでいく駿に「死ぬんじゃねー!」と山田は泣きながら駆け寄った。

■玲の本心■

智美は離れの小屋にいた玲を発見。部屋の壁中に「死ね」と書いてあり、玲は敷地内の全員死ぬ威力の『リチウムイオン電池爆弾』を「全部僕が作ったんだ」と自慢する。

疲れたと言って座り脇腹の傷を手当する智美は玲に「死ぬなよ」「警察に突き出すつもりはない」「母親殺しの犯人も別人をあてがう」「言うことを聞けば自由にしていい」と説得を試みる。

玲は智美に親がいるか尋ねた。智美は11才のとき父親を殺し、ヤ〇ザになり今日も人を殺した。

玲「全てアンタが選んだことだよね?選択ってなんだろう。小さな選択を積み重ねた先に、一択しか残されていなかったとしても選んだことになる?僕の罪は僕も罪?」

智美「友達いるか?そういう話は友達とするもんだ」「死ぬのは友達作ってからでも遅くない」「東京へ戻ろうぜ」

玲「ヤダ」

智美の説得もむなしく玲は爆弾を起動し、電解液が沸騰して数分後には爆発することになる。

「僕は死にたい。あのババアが止めるから殺してやった」という玲に対して、智美は薫に壁面の「死ね」の文字を書き写して玲の本心を読み取るよう指示し、玲は必死にやめさせようとする。

玲の本心は『お母さん大好き』だった。かつて自殺しようとしたとき母親が「大事な玲ちゃん死なないで」と必死で止めた。

玲は激怒して『リチウムイオン電池爆弾』を投げてしまい、ケーブルが外れたため爆発しなかった。

玲が母親を殺した動機は、玲曰く薫のせいだった。

■母親殺しの動機■

当時、玲は苦手な小論文の試験勉強を頑張っていたが、母親が「もう大丈夫だから」と『替え玉受験』する智美と薫を連れてきた。さらに薫は小学校の卒業文集から「僕を否定しないで」という玲の本心を読み解いた。

母親はいつも玲を否定していた
「お父さんは勉強を頑張ったから偉くなれた。玲ちゃんももっと頑張りましょう」
「山川くんは玲ちゃんの友達っぽくないわよね、距離を置いたら?」
「外で買い食いは絶対ダメ。栄養が偏る」
「なんでもっと発言しない?泉ちゃんはしっかりしてた」
「まだ汚れてる。もう一度手洗って」:
「工作遊びしてる間みんな勉強してるの。負けちゃうわよ」
そして自殺も止められて死ぬことすら否定された。

玲は旺慶大学に進学して、卒業後は一流企業か官庁に就職し、親孝行する、母親の理想の子供になろうと努力していた。なのに『替え玉受験』によってその努力すら否定された。

生きる意味や自分に価値がないと思いながら『替え玉受験』から帰宅すると「帰ってきちゃダメじゃない。あなたはここにいないことになってるのよ」と、また否定されたから母親を殺した。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

■薫の能力の罪■

何の権利もなく無断で心を読み解いた薫を、玲は許さない。

自分のせいで玲が母親を殺したと知った薫は謝罪するが、智美は「薫はオレの依頼にこたえただけ」と庇う。

玲は智美の銃を拾い、自分が死んだら薫が母親殺しの犯人になるという制裁を加えるため自殺しようと脅す。

薫は止めようとするが智美は止めない。結果、玲は恐怖で自殺できなかった。しかし智美は「おれはお前を否定しねーぜ。今までよく頑張ってきたんじゃねーの?」と玲のこれまでの努力を認め、東京へ連れ帰る。

こうして会長は先生に玲が犯人だと伝えたうえで、身代わりで山田を出頭させ、講談会は『IR利権』を手に入れることができた。

一方、自分が心を読んだせいで玲が母親を殺してしまった薫は、自分を責めて苦しみ涙を流す。

玲に謝りたくて、玲の考えを知るために玲の書いた小論文を書き写そうとすると

<僕というものはいったいどこから来たのだろうか>という始まりの文章を手が勝手に書き始めた。

■僕の言葉■

薫は執筆に没頭するあまりポストに郵便物がたまり、智美からの電話にも気づかなかった。

そんななか智美が約束の2000万円を現金でもってきた。薫は受け取れないと断るが智美は渡す。

薫が書いた原稿用紙300枚分の物語を智美は読んだ。

あらすじは、『悪魔』に取りつかれた人間は言葉を常に否定的にとらえてしまい、そのせいで人間関係がどんどん変わっていくというストーリー。

智美に言われて書き写しを行うと薫は読み取る能力を失っていた。玲のことを知りたいと本気で思ったら、とうとう自分の小説を書けた。借り物でない自分の言葉を見つけた。

薫が『替え玉受験』を引き受けた理由は、智美に嫌われたくなかったから。中学時代、屋上で1人で弁当食べてるとき智美が来て、どこうとしたら「なんで?いればいいじゃん」と言ってくれて「この人と友達になりたい」と思った。

智美はこの小説の投稿をすすめ、それを最後に智美は薫の前から姿を消した。

小説はのちに文芸雑誌の新人賞を受賞し『太宰の再来』と話題になった。

■最終話 僕はここから■

10年後、薫は金田の下でアイドルにインタビュー取材の仕事をしてる。小説はあれ以来、何を書いていいかわからないから書いてない。

薫が井上家の墓参りへ行くと、10年ぶりに智美が玲とともに目の前に現れた。

「どうして急にいなくなっちゃったんですか?智美くん、僕は何でも語り合える友達がいないことほど僕にとって・・・」と薫が言い出すと、智美は薫の口を手でふさいで「喋るな もったいねーから喋るな 言いたいことがあるなら書け!!」とだけ言って去っていった。

薫は泣いて思った

<僕の生きる力はどこから来たのだろう たぶん今ここから>

 
★最新刊4巻・最終話あらすじネタバレ終わり

最終話はいきなり10年後に話が飛んで唐突に終わってるので、打ち切りのさみしさを感じます。

「僕はどこから」の意味は、「僕の生きる力はどこから来た」という意味で、智美という生涯の親友の存在だったんですね。
 
 

・スポンサードリンク・

 

関連記事

  1. 【芸能人格付けチェック2016秋】10月18日の結果、一流は誰な…
  2. もみ消して冬2019夏キャストと、見たネタバレ。また逮捕?AIさ…
  3. 【24時間テレビ2017】Tシャツの色と値段知りたい「イオンで買…
  4. 前澤友作と秘書志望人妻は誰?LINE全文・トラブル内容がヤバい!…
  5. 【不倫】安田美沙子の旦那は下鳥直之でブランド「VICTIM」デザ…
  6. 【原田龍二の不倫報道】相手画像とインスタDM・LINE内容!公園…
  7. アニマルライツセンター漫画家は「牛乳は癌の元」特定で批判殺到!ヴ…
  8. 矢方美紀の乳がんの現在は?ステージ2Bの手術後も治療中「ウィッグ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP