Entertainment

宇多田ヒカル「桜流し」歌詞の意味って何「震災や藤圭子の悲しみを表現しているみたい」

宇多田ヒカルさんが9/19(月)のMステウルトラフェス10時間SPで、エヴァンゲリオン新劇場版Qの主題歌になった「桜流し」を披露します。

そこで「桜流し」歌詞とその意味について調べてみました。
すると、震災や母・藤圭子さんのことを歌っているようだとわかりました。
悲しみから、力強く前に進む姿を、宇多田ヒカルさんが美しい楽曲で表現しています。
 
 

スポンサードリンク

 
 

● 宇多田ヒカル「桜流し」歌詞の意味は?


タイトルの「桜流し」の意味は辞書では
「散った桜が、春の雨に水に流れるさま」のような意味となっています。

■「桜流し」歌詞の意味は震災?

エヴァンゲリオン新劇場版Qの映画の内容ともリンクしているようですが、「桜流し」の歌詞の意味は、東日本大震災のことを歌っているのではといわれています。
歌詞を見てもそう解釈できますし、映画のブックレットに記載された宇多田ヒカルさんがでコメントが意味深です。

歌詞を見ていくと
「アナタ」は桜の散ったあとに亡くなったと解釈できます。
震災は3.11。桜が津波に流されたと想像できます。
亡くなったあと、街が復興していく様子を「アナタ」は喜ぶだろうとも。
「アナタ」とは、震災で亡くなられた人たちのことを歌っているのだとおもいます。

英語のフレーズ(最後には、誰もが愛を見つける)も、心に響くものがあります。

歌詞の後半
は、悲しみを意味していると思います。

悲しくても怖くても現実から目をそらないで、前を向いていく姿が感じられます。

■「桜流し」歌詞の意味は母親?

もうひとつの意味として、宇多田ヒカルさんの母親のことを歌っているとも解釈できます。
宇多田ヒカルさんの母・藤圭子さんは、2013年8月22日に亡くなりました。
長い間、現実と妄想の区別がつかなくなるほどの精神病に悩まされ、最後には自殺しました。
そのときの心境を宇多田ヒカルさんは

「母が長年の苦しみから解放されたことを願う反面、彼女の最後の行為は、あまりに悲しく、後悔の念が募るばかり」

と語っています。

ニューアルバム「Fantome」は母へ捧げたアルバム。
4月に配信限定リリースされた収録曲「花束を君に」「真夏の通り雨」は、母のことを歌っているとリスナーも気付いて反響があったそうです。
「桜流し」が「Fantome」のラスト曲になっていることからも、母のことを歌ったと思われます。

● ネットの反応



 
 

・スポンサードリンク・

関連記事

  1. 【共演カップル】豊原功補と小泉今日子のデート画像!嫁と息子がいた…
  2. 【笑点】後任6代目司会の発表結果。予想通り円楽かな、タモリは変化…
  3. ドラマ【約束のステージ】ロケ地も昭和レトロだ!撮影場所は前橋&つ…
  4. 【監獄のお姫さま】最終回ネタバレ。結末は「復讐に成功しそれぞれ自…
  5. 池谷直樹がフライデーで嫁に不倫バレ…浮気相手画像は誰って谷口加奈…
  6. 【ドラマ復讐捜査】警察犬バブの犬種や生い立ち「飼い主の不幸から名…
  7. SKE48古畑奈和「彼氏とディズニーデート動画&画像」総選挙の投…
  8. 【文春2ショット画像】AKB48宮崎美穂のスキャンダル「イケメン…

コメント

    • 皿がないカッパ
    • 2016年 11月 06日

    桜流しの発表時期は藤圭子さんが亡くなられる前だからこの歌詞関しては母のことを歌っているとは思えない。母の残像を表すアルバムといえば納得するがあくまで母のことを歌った曲(=桜流し)というのは安直であり、歌詞しか見ていないことがわかる。
    歌詞を解釈するのは多方面からあり聞き手によって変わってくるのはわかるが安易に思い込みで都合よく勘違いされるのも困りものである。

    • よし
    • 2017年 1月 18日

    どのように受け止めても良し。困る必要なし。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP