dorama

恐怖新聞の漫画最終回ネタバレが救われない結末…ポルターガイストが怖い

スポンサードリンク

 
 
オカルト漫画の金字塔「恐怖新聞」が実写ドラマ化されるので、キャストと、原作の最終回がどんな結末なのか気になります。

「恐怖新聞」原作は週刊少年チャンピオンで連載されたつのだじろうさんのホラー漫画で、8月29日放送開始オトナの土ドラでは、しっかり作り込んであるっぽいし、恐怖新聞が届く時間帯の放送だから、夜寝れなくなる?

ポルターガイストがとっても怖い!

原作漫画の最終回は救われない衝撃ラストですが、ドラマも原作通りなのか?それとも別なシナリオなのか?どっちにしても漫画最終回を知っておくと良さそう。

【恐怖新聞】とは?

【恐怖新聞】とは、読むごとに100日ずつ寿命が縮まる新聞。4日で400日(約1年)寿命が縮むわけです。受け取り拒否しようとしても窓を突き破って飛んできます。

記事にある怪事件が実際に起きて人が死んだりします。

霊能力の無い人間には何の変哲もない普通の新聞にしか見えません。

正体は悪霊の呪い。悪霊と因縁のある霊魂(ポルターガイスト)が配達人となり、生きてる人間を「恐怖新聞」で殺すことで成仏します。

オトナの土ドラ【恐怖新聞】原作漫画の登場人物

● 主人公:鬼形礼(きがた れい)
中学生。霊否定派だったが「恐怖新聞」が届いて怪奇現象を目撃し始め、除霊を試みるが…。

● 恐怖新聞の配達人:ポルターガイスト

● 先生:東尾奈々子(ひがしおななこ)
最初の犠牲者。
● 協力者:中神緑子(なかがみ みどりこ)
「恐怖新聞」の予言通り転校してきた女子生徒。「恐怖新聞」を読むことできるが…。
● 協力者:中神洋介(なかがみ ようすけ)
緑子の兄で新聞記者。
● 霊能力者:小泉霊媒(こいずみれいばい)
除霊はできないがアドバイスしてくれる。
● 霊能力者:小泉香具耶(こいずみ かぐや)
小泉霊媒の親戚で、鬼形礼と同い年。テレポーテーションの使い手。
● 謎の少女:エリナ松岡
宇宙人の共同体「宇宙連合」との交信係。金髪にミニスカート。

原作漫画【恐怖新聞】はこれまで、1980年にラジオドラマ化、1991年にアニメ化、1996年と2011年に実写映画化されてきました。実写ドラマ化は初めて!

オトナの土ドラ【恐怖新聞】ドラマのキャスト

原作漫画の主人公は男子中学生ですが、ドラマは京都の女子大生が主人公になります。

主人公・小野田詩弦を演じるのは女優の白石聖さん。以前、オトナの土ドラ「絶対正義」で主人公の高校生時代と娘役の二役を怖さを感じるサイコパスな演技で話題になりました。今回ついに連続ドラマ初主演!

● 小野田詩弦(女優の白石聖)
京都の女子大生。一人暮らしを始めた矢先、読んだら寿命が縮まる「恐怖新聞」が届き強制契約・・・新聞に書かれた通りの事件が相次いで起きる。底知れぬ謎と災厄に襲われ、楽しみだった大学生活が一変していく。

● 詩弦の母親:歌子(黒木瞳)
独自の思惑で動き出す。

『リング』などのJホラーの鬼才・中田秀夫さんが演出を務めるので原作とは違う新しい「恐怖新聞」に仕上がってるそうです。契約者の寿命を縮める悪魔的な世界観を、70年代オカルト映画「オーメン」を参照して現代版ミステリーホラーとして描くとか。

オトナの土ドラ【恐怖新新聞】ドラマのロケ地は京都

ロケは7月15日に京都でクランクインしてます。ホラーなサスペンス、カンテレの「探偵・由利麟太郎」のロケ地も京都でしたね。

日本の古き良き建物の外観や風景がホラーとめちゃくちゃ相性良さそう。
 
 

・スポンサードリンク

 
 

オトナの土ドラ【恐怖新聞】原作漫画のあらすじ

原作漫画は9巻あり、最終回までに色々なエピソードが描かれます。

■1巻エピソード
「真夜中に奇怪な新聞が来た」
「誰かが噛む」
「空に光る謎」

鬼形礼のもとに恐怖新聞が届きます。

■2巻エピソード
「空に光る謎(続き)」
「自分と自分」
「真説四谷怪談」
「山小屋の怪」
「ファラオの呪い」

UFOに乗った謎の少女・松岡エリナが登場します。

■3巻エピソード
「百物語」
「北極点の謎」
「うらみの火が燃える」
「黄金百枚」

クラスメイトが企画した「怪談百物語」に参加した生徒たちが死霊に祟られる事件発生。鬼形は「怪談百物語」を阻止に奔走するが・・・。

■4巻エピソード
「不幸の手紙」
「生きていたモナリザ」
「笑う骸骨」
「悪魔のカード」

「不幸の手紙」がクラスメイトに続々届いたのを見た男子の中岡が、「小指を切りつけて血を垂らした手紙を48時間以内に送らなければ不幸なことが起こる」というオリジナルの「不幸の手紙」を送るイタズラを始め面白がるが・・・。

■5巻エピソード
「悪魔のカード(続き)」
「名投手怪死」
「ピアノ」

恐怖新聞にプロ野球の原田投手が怪死する記事が掲載されたが・・・。

■6巻エピソード
「ピアノ(続き)」
「除霊」
「奇妙な妹」
「背中がこわい」

霊能者を紹介され、恐怖新聞の配達人であるポルターガイストの除霊を試みるが・・・。

■7巻エピソード
「背中がこわい(続き)」
「円盤着陸」
「ドラフトの星」
「ふとん」
「風呂」

UFOで飛来した宇宙人に誘拐され殺される夢を見たあと、UFOで宇宙人が飛来するという記事の恐怖新聞が届き愕然とする。鬼形は宇宙人に殺されるのか?

■8巻エピソード
「自転車」
「交霊会」
「竹之市再生」
「交霊会(続き)」
「他人の顔」

霊能者が霊を呼び寄せ物理現象を起こす実験を行う秘密の会「交霊会」に参加した鬼形は、配達人のポルターガイストの霊が呼び出されるのを見て愕然とする。

■9巻エピソード(最終回の結末)
「他人の顔(続き)」
「恐怖新聞心霊辞典」
「地獄村」

超能力者の小島香具耶(かぐや)にポルターガイストを除霊をしてもらうが、いきなり悪霊に反撃され大岩の下敷きになり仮死状態に。魂だけ生かされた鬼形は悪霊たちと取引するが・・・。

どんな最終回の結末になったのか?ネタバレします。
 
 

・スポンサードリンク・

 
 

大人の土ドラ【恐怖新聞】原作漫画の最終回結末ネタバレ

紫光山での除霊は失敗して逆に悪霊に地震を起こされ、小島香具耶(かぐや)は全治一か月の重傷を負うが、守護霊が強いから怪我してもすぐ治る。だが鬼形の姿がなかった。

■最終回1日目 鬼形が行方不明

鬼形は小島香具耶(かぐや)に除霊してもらいに行ったきり行方不明で母親が捜索願いを出す。そんななか小島香具耶(かぐや)の証言で紫光山を捜索するが鬼形は見つからない。

学校でも話題になり、音楽部の女子・浜田は下校途中に鬼形を目撃するが次の瞬間消えた。

その夜、浜田に「鬼形礼惨死!!除霊に失敗・紫光山地震」という恐怖新聞が届き、今度は自分が殺されると怯える。配達人ポルターガイストは鬼形が死んだので、最後の配達が終わって喜んで成仏した。

■最終回2日目 悪霊との取引

ニュースで行方不明と報道されてる鬼形が無傷で登校して教室はざわつく。先生は無事を喜ぶが浜田は不審に思う。浜田が尾行すると鬼形は曲がり角を曲がった瞬間に消えた。

実は鬼形は地震で死んだ霊だった。

ポルターガイストから引き継いだ死神が死体を紫光山の滝壺に運んだ。死んだら霊界に運ぶのがセオリーだが、悪霊たちと無理やり取引させられる。

悪霊たちは「クラス全員を殺しせば生き返らせてやる」と条件を出す。学校に行かせたのは殺して手下にする霊の下見だった。約束を破ったら永遠に地獄の苦しみを味わうことになる。

また、恐怖新聞で寿命が縮むというのはポルターガイストと低級霊がグルで騙した嘘だとも判明します。

■最終回3日目 5人殺される

生き返った鬼形は悪霊が監視されながら、学校で浜田を呼び出してハンマーで殴り殺そうとするがやっぱり出来ない。鬼形を不審に思ったクラスメイトは調査隊を結成する。

よる10時。鬼形は墓場で悪霊に「殺したくない」と言うが「証拠は消してやるから、学校の旅行でバスを谷底に落とせて全員殺せ」と言われる。

その一部始終を見ていた浜田たち5人の調査隊を、悪霊は鬼形のエクトプラズムを使って墓石を凶器にして殺した。

■最終回4日目 体が腐り始める

5人を殺した犯人は鬼形だと学校で噂になり警察から事情聴取を受け、正直に話そうとするが、悪霊が違うことを話す。

「霊魂の研究をしてるので霊を見るため墓に行った」「友達が悪い噂して困っていた」1人で墓を行き来する目撃証言もあって容疑は晴れて釈放された。

一方、鬼形の肉体は腐り始め、胸の傷が紫に変色してウミも出て、髪も抜けて頭部も腐り始めた。助かるには遠足でバスを転落させ全員殺すしかない。

■最終回5日目 バス転落作戦

学校の旅行。悪霊の作戦はこうだ。

1 バスは野鳥公園までの九十九坂を登る。
2 悪霊が鬼形の体から腐臭を出してバスから全員をいったん降ろす。
3 その隙に鬼形は崖の路肩に隠れ、バスが来たら飛び出して運転手が急ハンドルを切って転落して大惨事。
※先日の豪雨で崖の路肩がゆるんだ場所にバスを誘導すれば転落する。

だが鬼形はギリギリでバスを止め、鬼形だけ崖が崩れて転落。

「鬼形は霊感で崖崩れを予知し、自分を犠牲にして全員を救った」と美談ニュースのヒーローになった。だが一方で救助隊は死体を発見できなかった。

■その後、最終回の結末

悪霊との約束を破った鬼形は死神に地獄へ落されるが、自分を犠牲にしてクラスメイトを救ったのを評価され、守護神の金色の光に包まれ幽界に戻された。

その日、紫光山で鬼形の腐乱死体が発見された。葬儀でクラスメイトは鬼形に感謝するとともに気味悪がったことを謝罪した。

こうして恐怖新聞は予言通り鬼形の命を奪い、怪事件はパッタリなくなった。

同じ頃、隣町・石堂町の坂元町中学校2年C組の高見光子のもとに恐怖新聞が届いた。浜田が死んだから高見が選ばれたのだ。

高見が目撃した配達人はなんと鬼形。現世に未練があったのか?幽界から現世に戻り地縛霊になったようだ。恐怖新聞を受け取った誰かが死ねば成仏できる。

★終わり★

まとめ

大人の土ドラ【恐怖新聞】の原作漫画の最終回結末ネタバレを紹介しました!

ポルターガイストは解放されたのに、鬼形は配達人になったしまった・・・

ドラマの最終回も原作と同じ、救われないバッドエンドになるか注目です!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
 

 


関連記事

  1. 美食探偵 7話ネタバレ【爆音エンジェルズ】女優3人は誰?高校大学…
  2. 野ブタをプロデュースの真犯人ネタバレが怖い…黒幕の正体イジメの理…
  3. 【やまとなでしこ解説】押尾学の役柄は何役?カットされず出た!三角…
  4. 半沢直樹2【ロスジェネの逆襲】モデル企業と事件は?ライブドア堀江…
  5. 【爆音エンジェルズのメンバー】ひな・みわ・ココの女優の名前とプロ…
  6. エール第2週 涙のあらすじネタバレ!「鉄男の才能と友情」「音が歌…
  7. エール音の子役・清水香帆のwiki!特撮ドラマ出ててCMは?ゴッ…
  8. 【私の家政夫ナギサさん】感動ネタバレを原作最終回の結末まで「メイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP