dorama

【私たちはどうかしている】犯人や正体ネタバレ。メール、多喜川薫と椿、樹と女将・・・謎だらけの真相は?

スポンサードリンク

 
 
2020夏の新作ドラマ【私たちはどうかしている】のあらすじネタバレは読むと長いですから、犯人や正体ネタバレ解説に絞って紹介します。

【私たちはどうかしている】は謎がいっぱいあります。七桜の店に届く謎のメール、七桜を助けてくれる謎の男・多喜川薫、そして15年前に樹を殺した犯人は誰なのか・・・などなど。

犯人や正体ネタバレを解説していくと、多喜川薫と椿の関係、樹と女将の関係もわかってきます。

不倫、妊娠出産、裏切り、死、復讐・・・どうかしてる人ばかり登場します。

【私たちはどうかしている】犯人や正体ネタバレ解説 メールの犯人

View this post on Instagram

A post shared by 【公式】私たちはどうかしている 最終回9月30日夜9時🌟 (@watadou_ntv) on

七桜の働いていた店に毎日届いた『花岡七桜の母親は人殺しです』というメール。

メールを送った犯人は多喜川薫です。

View this post on Instagram

A post shared by 【公式】私たちはどうかしている 最終回9月30日夜9時🌟 (@watadou_ntv) on

【私たちはどうかしている】犯人や正体ネタバレ解説 多喜川薫の正体と目的

多喜川薫(山崎育三郎)は、七桜の前に突然現れた謎の男。洒落た着物を着こなす伊達男で、いつも飄々としておりミステリアスだが、七桜のピンチを救うキャラクター。

多喜川は七桜の母親のファンを名乗って、彼女が遺した手紙を渡して七桜に近づき何かと助ける味方になります。

七桜は多喜川のおかげで東京での修行を経て金沢に『花がすみ』をオープンさせます。

でもそれは復讐目的のために七桜を利用した演技でした。

目的は母親を死に追いやった光月庵の女将への復讐です。

多喜川薫の父親は光月庵の女将と不倫。母親は裏切られたショックでこの部屋に引きこもり、一日中人形に話しかけ、「全部光月庵のせい、あの女将さえいなければ」と恨みながら絶望のなか死にました。

勝ち誇ったように光月庵の女将として華やかな生活をしていた不倫相手を、多喜川は引きずり下ろすことばかり考えてました。

そんななか樹と百合子の子供かもしれない七桜に目をつけ、メールを送って店から追い出し、光月庵を奪わせるためサポートして女将を追い出すのに利用しました。
 
 

・スポンサードリンク

 
 

【私たちはどうかしている】犯人や正体ネタバレ解説 多喜川薫と椿の関係

多喜川と椿は異母兄弟です。多喜川が兄で、椿は弟。

多喜川薫は、多喜川家の正当な子供。

View this post on Instagram

A post shared by 【公式】私たちはどうかしている 最終回9月30日夜9時🌟 (@watadou_ntv) on

椿は、多喜川薫の父親が、光月庵の女将と不倫してできた子供。

View this post on Instagram

A post shared by 【公式】私たちはどうかしている 最終回9月30日夜9時🌟 (@watadou_ntv) on

多喜川薫がこの事実を知るのは原作漫画12巻なのでだいぶあとのことです。七桜は13巻で知ります。

【私たちはどうかしている】犯人や正体ネタバレ解説 七桜への嫌がらせの犯人

七桜への嫌がらせの犯人は、女将です。

View this post on Instagram

A post shared by 【公式】私たちはどうかしている 最終回9月30日夜9時🌟 (@watadou_ntv) on

動機は、女将は息子の椿を光月庵の後継者にしたいから、七桜を追い出したくて。

実は樹と百合子の関係にその本当の理由がありました。後述します。

【私たちはどうかしている】犯人や正体ネタバレ解説 女将の不倫

殺された樹の嫁である女将の今日子は、当時、不倫してました。

大旦那は椿が本当の孫ではなく、女将が不倫してできた子供だと思ってるので、女将のことも椿のことも憎たらしく思ってます。

女将の不倫相手は、多喜川薫の父親です。

大旦那様は15年前の事件の日、茶会の帰りに女将の不倫現場を目撃しています。

多喜川薫の母親は夫の裏切りに絶望して部屋に1人引きこもり、女将への恨みをぶつぶつ言う毎日のすえ死にました。だから多喜川は女将を恨んでます。

【私たちはどうかしている】犯人や正体ネタバレ解説 樹と百合子の関係

女将は不倫してましたが、樹も不倫してました。

樹の不倫相手は、七桜の母親・百合子です。

View this post on Instagram

A post shared by 【公式】私たちはどうかしている 最終回9月30日夜9時🌟 (@watadou_ntv) on

つまり七桜の実の父親は、樹でした。

【私たちはどうかしている】犯人や正体ネタバレ解説 樹を殺した犯人は?

View this post on Instagram

A post shared by 【公式】私たちはどうかしている 最終回9月30日夜9時🌟 (@watadou_ntv) on

原作漫画7巻【第1部クライマックス】で、七桜は15年前に現場で女将を見たことを思い出し、問い詰め、女将は否定するが、七桜は女将が母親を殺した犯人だと確信します。

ところが原作漫画13巻では椿曰く、女将は夜に椿の部屋に来て朝までずっと寝ていたアリバイがあったと証言していて、犯人はまたわからなくなりました。

犯人は原作漫画とドラマ、どちらの方が早く明かされるのか?注目です。

まとめ

【私たちはどうかしている】の犯人や正体ネタバレ解説しました!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
 


関連記事

  1. 【おかえりモネ】のモデル気象予報士は実在する?あらすじネタバレと…
  2. 陰陽師ドラマスペシャルの原作(瀧夜叉姫)ネタバレで黒幕の正体判明…
  3. 【美食探偵 明智五郎のロケ地】キッチンカーや青森のっけ丼、大学も…
  4. おちょやん継母・竹井栗子(宮澤エマ)のモデルをネタバレ!舞台女優…
  5. ダイバー(ドラマ)原作の詐欺ネタバレ「Aチームと黒幕」あらすじ最…
  6. 【キワドい2人】原作ネタバレ最終回は犯人と娘が「神崎の父親と黒木…
  7. サーティーン(13)ドラマ原作ネタバレ「誘拐事件を時系列で解説」…
  8. 【探偵・由利麟太郎】原作ネタバレ「殺しのピンヒール」あらすじと犯…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP